相続人が借金を調査する方法?

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。

この記事では、相続財産の調査のうち、とくに借金の調査にスポットを当てて解説していきたいと思います。

 

 

相続人が亡くなった方の借金の有無を調査する方法

 

1.相続開始後、一段落したら相続財産の調査を開始しましょう

相続手続きを進めるため、まずは亡くなった方の相続財産を特定していく必要があります

 

この段階から司法書士に一部の財産調査をお任せいただく事も可能です。

具体的なプラス財産含む調査方法概略はこちらの記事に記載しています。

 

 

 

亡くなった親族と疎遠であり、どのような財産があるのか全く分からない場合

このような場合は急ぎでの対応が必要です

 

亡くなった親族の相続財産が全くわからない場合は、大急ぎで借金の有無を調査する必要があります。

例えば、プラスの財産よりも借金等の支払いのほうが多いといった、いわゆる債務超過の場合には、相続開始を知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄申立てを行う必要があるからです。

 

ケースにもよりますが、亡くなった方の部屋が荒れているときや、生活保護を受給されていたという事情が既に判明しているような場合には、

調査を省略し、速やかに家庭裁判所に相続放棄申述申立てを行うという事もあります。

 

注意点 

法律では相続放棄の熟慮期間は、「相続開始を知ってから3ヶ月以内」とされていますが、相続開始を知った日付を疎明する資料がないという事が実際にはよくあります。

このような場合は、「死亡日から3ヶ月以内」に申立てをしておくというのが最も無難です。

とくに親子間などは相続開始を知った日は当日なのではないかと推認するのが一般的な感覚であり、疎明資料がないのに説明さえできれば受理されるという事になれば、

実質いつでも相続放棄できることとなってしまい制度の趣旨に反してしまう事が考えられるからです。

 

 

 

 

2.多額の借金や支払いがあることが判明した場合

相続開始から3ヶ月以内に相続放棄の申立てをしましょう

 

詳しくはこちらの記事(ランディングページ)の上部をご覧ください。

具体的には必要な戸籍類を収集し、管轄の家庭裁判所に申立書を提出後、その内容が認められれば受理されるという取り扱いとなります。

 

借金の調査が3ヶ月の期間に間に合わない場合

管轄の家庭裁判所に期間延長申立てをすることができます

 

借金がないのなら相続したいと考えているが、借金調査が間に合わないという場合、3ヶ月の期間を延長してもらって引き続き調査するという方法もあります。

調査の動き出しが期限ギリギリのときなどに利用することが考えられますね。

 

 

 

 

3.具体的な借金の調査方法

【KSC・JICC・CIC】に開示請求 及び 故人が残した資料を確認しましょう

 

いきなり横文字でよくわからないのですけど… 

 

大丈夫です。表にしましたので、次のように理解してください。

信用情報の保管機関の名称
KSC 銀行・信用金庫等に対する借入調査先
JICC 消費者金融に対する借入調査先
CIC クレジットカードや消費者金融に対する借入調査先

 

「信用情報」は金融機関がお金を貸すかどうか審査する際に、その判断基準として利用する情報ですが、その信用情報を保管しているのが上記の3機関だとお考えいただければ結構です。

よって、この3つの機関に相続人から開示請求を行えば、金融機関などに対する借金の存在を確認する事ができるという事ですね。

 

ただし、これだけでは個人間の借金の存在や、契約上の保証人としての地位などが確認できるわけではありませんから、亡くなった方の手元にある通帳・契約書・請求書などの資料から、網羅的に債務の確認を行っていく必要があります。

 

 

4.具体的なKSC・JICC・CICへの開示請求のやり方

 

事前に資料をある程度、準備しておきましょう

まとめて次の資料を揃えてしまいましょう。

開示請求に必要とされる書類

✅ 死亡日記載の戸籍謄本(発行後3ヶ月以内) 3部以上 

✅ 亡くなった方と請求者の親族関係がわかる戸籍謄本(発行後3ヶ月以内) 3部以上 

※戸籍は相続手続でも使うので多めに取得しましょう。法定相続情報一覧図でも代替可能です。

✅ 請求者の運転免許証の両面コピー    3部

✅ 請求者の健康保険証の両面コピー    3部 ※住所記入も必要です

✅ 小為替1000円(発行後6ヶ月以内) 3部 ※郵便局で平日午後4時まで販売。  

✅ その他必要に応じて … 相続関係説明図(相続人が直系尊属又は兄弟の場合)・速達、本人限定受取郵便希望の場合の小為替・前順位者の相続放棄申述受理証明書

戸籍収集・法定相続情報一覧図・相続関係説明図の作成、相続人や相続財産の調査は司法書士にまとめてお任せいただけます。

 

 

各機関に請求をかけていきます

 

基本的に上記書類を送付すれば完了です。

内容に問題がなければ、それぞれ約2週間後に回答書がご自宅に到達します。

戸籍や法定相続情報一覧図は複数部取っておかないと、コピーで足るところもありますが、同時に進められなくなる可能性があるため注意しましょう。

 

KSC

KSCの郵送請求はこちらから

 

JICC

JICCの郵送又はオンライン請求、請求書のダウンロードはこちらから

 

CIC

CICの郵送又はオンライン請求、請求書のダウンロードはこちらから

 

故人の自宅を調査しましょう

 

個人的な借金や契約上の地位などは、実際に亡くなった方の自宅を調査し、手紙や契約書、請求用紙などで判明しますので、

相続放棄の熟慮期間が許す限り、地道に調べましょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

どんな財産を相続したのか全く分からない場合は、

大急ぎで借金を調査し、借金がない可能性が納得いくレベルまで高まったのなら、あとはゆっくりプラスの財産を調査しつつ手続きを進めていきましょう。

 

ただし、調査をしても見つけにくい債務というのは存在しますから相応の覚悟は必要です。どうしても怖い場合は期間内に相続放棄してしまうというのも一つの方法だと思います。

 

以上、お悩みの方の参考になれば幸いです。

 

 

関連ページ

遺産相続手続きの全体スケジュール オリジナル版

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 遺産の相続手続きは法的知識が必要なうえ、不慣れな手続きを大量に処理する必要があるため、ご不安な方も多いのではないでしょうか。 この記事では、相続手続きの全体像を解説しています。   目次1 相続手続きの流れ、全体像1.1 1.役所の届出、光熱費、契約先の名義変更などを行う1.2 2.借金を調査する1.3 3.だいたいの財産総額を確認する1.4 4.相続人か否かの簡易確認1.4.1 亡くなった方に配偶者と子供がいる場合の相続人1.4.2 亡くな ...

ReadMore

相続人申告登記・相続登記の期限

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事は、令和6年から相続登記が義務化されることにより設けられる期限の考え方を備忘録としてまとめたものです。ご自由にご覧下さい。   目次1 相続登記の義務化1.1 令和6年4月1日以前に開始した相続についても適用されるか?1.2 登記申請の期限1.2.1 施行日前に開始した相続1.2.2 施行日後に発生した相続1.3 相続人申告登記(相続人である旨の申出等)1.4 個別具体的なケースごとの判断1.4.1 1.遺言がある場合1.4 ...

ReadMore

準確定申告について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 聞かれることが多い質問なので、今回は相続開始時の準確定申告について記事にしてみました。 ここでは簡単な制度説明にとどめますので、具体的なアドバイスなどはお近くの税務署(国税庁電話相談センター)に直接電話で聞いてみてください。 目次0.1 準確定申告とは?0.2 確定申告の義務者とは?0.3 誰が申告するのか?0.4 申告時期はいつ?0.4.1 準確定申告0.4.2 確定損失申告0.4.3 還付等申告0.4.3.1 期限を過ぎてしまった場合のペ ...

ReadMore

相続登記のよくある10の質問にお答えします

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、役所の無料相談会などでよくある質問をまとめたもので、ご依頼をご検討中の方向けの記事です。(執筆 令和4年) 目次1 相続登記でよくある10の質問1.1 1.相続登記はしなければならないのでしょうか?1.2 2.司法書士に依頼せず自分でできないのしょうか?1.2.1 自分でやるのが難しいケース1.2.1.1 1.兄妹姉妹、甥姪が相続人の場合1.2.1.2 2.相続財産に私道が含まれる場合1.2.1.3 3.法務局が遠方にある場合1.2.1.4 ...

ReadMore

相続人が借金を調査する方法?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事では、相続財産の調査のうち、とくに借金の調査にスポットを当てて解説していきたいと思います。 目次1 相続人が亡くなった方の借金の有無を調査する方法1.1 1.相続開始後、一段落したら相続財産の調査を開始しましょう1.1.1 亡くなった親族と疎遠であり、どのような財産があるのか全く分からない場合1.2 2.多額の借金や支払いがあることが判明した場合1.2.1 借金の調査が3ヶ月の期間に間に合わない場合1.3 3.具体的な借金の調査方法1 ...

ReadMore

遺言書はどんなときに無効になるのか?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。   この記事では、なぜ、弁護士・司法書士等の専門家が遺言書の作成を推奨しつつも、必ずその内容については一度誰かに見てもらうようにとアドバイスしているのかについて、 その理由を詳しく記載してみたいと思います。   目次1 なぜ、遺言書起案については司法書士に任せるべきなのか?1.1 無効になるのを防ぐため1.2 後々予想されるトラブルを防ぐため1.3 相続人に負担をかけないため1.4 公正証書で作成する場合でも、一度、司法書 ...

ReadMore

相続税申告の準備物とは?事前に準備しておくとよいもの

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事では、相続税の申告が必要な場合にはどんな手続きが必要になり、どのような書類を集めておくと二度手間にならないのかといった点を詳しく解説してみたいと思います。     目次0.1 相続税申告までの流れ0.2 相続税の申告は必要?0.3 相続税の申告のために準備するもの?0.4 税理士に頼んだ場合の費用感0.4.0.1 ※nにあてはめる金額基準表0.5 税理士の選び方0.5.1 1.報酬基準を見る、事前見積を依頼する0. ...

ReadMore

不動産の記載漏れが多発している!?法律文書作成時の注意点

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 様々な手続きのために法律文書をご準備いただいた際、不動産の記載が抜けていたり誤っているケースが多発しております。 そこで、この記事では不動産が絡む法律文書を作成する場合の注意点について解説します。 目次1 法律文書への不動産の記載誤り・記載漏れが多発している!?1.1 不動産の記載ミスがあるとどうなるのか?1.1.1 1.調書等への不動産記載ミス1.1.2 2.遺言書への不動産記載ミス1.1.3 3.その他 契約書や協議書への不動産記載ミス1 ...

ReadMore

普通養子縁組とはなにか?結婚と似ている?どんな時に利用されるのか? 

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事では、普通養子縁組について解説していきます。   特別養子縁組とはまったく別物ですので、知識の混同にご注意ください。 名前は似ていますが、普通養子縁組と特別養子縁組は比較して考えるのではなく、別物だと考えて別々に理解を深めることをお勧めします。   目次1 普通養子縁組とは?1.1 普通養子縁組の主な特徴は?1.2 なぜ普通養子縁組を利用するのか?1.3 どれくらいの利用者がいるのか?2 どうやって縁組をするのか? ...

ReadMore

相続法改正後の遺留分について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 今更ながら、相続法改正後の遺留分制度について、備忘録としてあらためて知識を整理した記事です。 少しマニアックな知識なので、上級者向けの記事になります。   目次1 遺留分制度の改正1.1 遺留分制度の改正前と改正後の違い1.1.1 支払う資力がない時はどうする?1.2 改正法が適用されるタイミング1.3 遺留分侵害額の計算方法の復習1.3.1 A 遺留分の額1.3.2 a 財産の価額1.3.3 α 生前贈与についての整理2 相続・遺言のご相談 ...

ReadMore

協力的でない相続人がいる場合の相続手続きについて

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事では、遺産分割協議が難しい場合の対応方法について記載しておきます。相続手続きがストップしてしまって進め方についてお悩みの方向けの記事です。     目次0.1 相続人の一人が相続手続きに協力してくれない場合はどうすればよいか?0.2 重要なのは、相続人が協力しない理由0.3 そもそも、相続人全員の協力は必要か?1 まとめ2 相続・遺言のご相談2.1 知識ページ一覧     相続人の一人が相続手続きに協力し ...

ReadMore

兄弟姉妹の相続における必要な戸籍の範囲について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 兄弟姉妹が亡くなり、その兄弟姉妹に子はおらず、ご両親もすでに他界しているようなケースでは、戸籍の収集がたいへんだということをご存知の方も多いのではないでしょうか。 この記事ではこのような相続のケースでどういった戸籍を収集すればよいのかをわかりやすく解説します。   目次1 兄弟姉妹の相続における必要な戸籍の範囲1.1 事例をもとに検討してみましょう1.2 出生から死亡までの戸籍謄本の取得方法1.2.1 取得手順2 その他相続手続きで必要になる ...

ReadMore

年金の相続でやることについてわかりやすく解説

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。   年金を受給されている方などがお亡くなりになった場合に、 どのような手続きが必要なのかや、その流れについてまとめました。 この記事をご覧いただければ次に何をすればいいのかがわかります。     目次1 1.年金を受給している方が亡くなったときにまずはやること1.1 必要物1.1.1 死亡届の必要物1.1.1.1 提出期限1.1.2 未支給年金請求の届出の必要物1.1.2.1 提出期限1.2 未支給年金・過払い年金とは?1 ...

ReadMore

疎遠な相続人との連絡手段について 

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。   この記事では、連絡先のわからない相続人がいる場合や、疎遠な相続人とどのような方法で連絡を取り合い、 相続についての話し合いをすすめるのかという点について、わかりやすく解説します。 目次1 疎遠な相続人の対応について1.1 放っておくことはできるのか?1.2 なぜ疎遠な相続人が家族の問題に突然現れるのか?1.3 疎遠な相続人と連絡をとる方法1.3.1 請求できるのは誰か?1.4 手紙の出し方1.4.1 手紙の内容1.5 手紙をだしても連絡が ...

ReadMore

親の一方が死亡し、相続人が配偶者と子供である場合の相続手続の流れと注意点

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事では、突然親の一方が亡くなってしまうケースの相続手続きの流れと、相続における注意点を解説しています。 相続手続きを進めるうえでの注意点を知りたい方は、目次から「相続手続きで注意を要する点」に飛んでください。 目次1 相続手続きの流れ1.1 まず、相続人は誰なのか?を確認する1.1.1 法で定められた相続人と、その法定相続分は次のようになります。1.2 相続手続は何から手を付ければよく、その流れはどうなるのか?1.2.1 ① 相続するか、しないの ...

ReadMore

自動車の相続についてわかりやすく解説

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。    この記事は、相続財産に自動車が含まれる方向けの記事です。 相続財産に自動車が含まれる場合に、どうすればよいのか調べても、ごちゃごちゃしていて答えにたどりつかず、イライラされてませんか? この記事をご覧いただければ、あなたが次に何をすべきかがわかります。     目次1 車の相続手続きの流れとやることについて1.1 大まかな全体の流れ1.2 1.まずは所有者確認1.3 2.相続人のうち誰が名義人となるかを決める1.4 ...

ReadMore

司法書士の選び方とおすすめの選択方法

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です こちらの記事では、司法書士はどういった基準で選択したほうが良いのかを解説していきますので、 「名義変更を依頼したいけど、どこの司法書士に依頼しようかな?」とお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。 目次1 司法書士はどうやって選べばいいのか?1.1 司法書士を選ぶ基準1.1.0.1 おすすめできる判断基準1.1.0.2 おすすめできない判断基準1.1.0.3 皆はどういった基準で選んでいるのか?1.2 司法書士を選ぶ基準をおすすめ&おすすめしない理由解説 ...

ReadMore

戸籍の基本知識

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 戸籍収集のしかたがよくわからない方や、戸籍とはそもそも何かよくわからない方もいらっしゃると思いますので、わかりやすい解説ページを作成しました。 目次0.1 戸籍とは0.2 戸籍の種類0.2.0.1 1.現在戸籍0.2.0.2 2.除籍0.2.0.3 3.改製原戸籍0.2.1 相続で改正原戸籍の謄本を取得する理由0.3 謄本・抄本とは0.4 謄本と全部事項証明書の違い0.5 戸籍の保存期間0.6 戸籍の変遷0.6.0.1 明治5年式(壬申)戸籍・明治19 ...

ReadMore

遺産分割協議とはなにか?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 相続手続きで遺産分割協議書の提出を求められたが、そもそも遺産分割協議とはなにか知りたいという方向けの記事です。   目次0.1 遺産分割とは?0.2 遺産分割協議に参加できる人は誰でしょうか?0.2.1 原則0.2.2 例外0.3 遺産分割協議の相続人について問題がある場合0.3.0.1 相続人に成年被後見人がいる場合0.3.0.2 行方不明者がいる場合0.3.0.3 遺産分割協議の前に相続人のうち亡くなった方がいる場合0.3.0.4 遺産分 ...

ReadMore

手書きの遺言書を発見したら?遺言検認をおこないましょう

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 公正証書遺言を発見された場合には問題になりませんが、お亡くなりになった方が自筆証書遺言を残されている場合には、家庭裁判所において遺言検認という特殊な手続きが必要になります。 目次1 遺言書を発見したら?1.1 自筆証書遺言を見つけたら…1.2 遺言書を開封してしまったら?1.3 遺言書の内容に手を加えたり隠したりすると?1.4 遺言書を発見したらとるべき行動2 依頼はこちらから2.1 知識ページ一覧   遺言書を発見したら?   テ ...

ReadMore

 

 

相続・遺言のご相談

相続・相続放棄・生前対策の業務内容一覧

  ※業務の一例です。その他の手続にも対応しております。   相続発生時に行う手続き 相続手続おまかせプラン    不動産の名義変更・預金解約お任せプラン   ...

続きを見る

 

HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

司法書士・行政書士 廣澤真太郎

【あなたのご自宅で、事前に明瞭な見積りを致します】 「報酬基準がわかりづらい」「事務所訪問の敷居が高い」このような依頼者様の声にお応えし、当事務所では本職自ら出張事前見積もりを実施しております。ぜひ、お気軽に一度ご相談ください。

-相続・相続放棄, 記事一覧

Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2022 All Rights Reserved.