どのようなことでお悩みですか?

◆ わずらわしい法的な手続全体のサポートをしてほしい!

◆ 余計な時間、費用、労力をできる限りかけたくない!

◆ できれば費用をあまりかけずに、できるだけ早く手続を終わらせたい!

◆ 将来の事を考え、今できることはないか等も含めてまずは相談したい!

 

そのようなお悩みは当事務所におまかせください!

 

 

 

手続の事でお悩みの方へ

お問い合わせいただければご自宅に無料でかけつけ事前見積りで安心!

驚きのスピードリーズナブルに手続全体を安全に進めるサポートを致します。

電話でまずはご相談

 

 

 

将来の事でお悩みの方へ

事案に応じて利用できる制度、手続き、相談先などをご紹介いたします。

まずは事前メール無料相談をご利用ください。

メールで無料相談

 

 

 

サポート内容

※業務の一例です。その他の手続にも対応しております。

 

相続登記

報酬税抜5万5000円~

 

遺言起案、作成

報酬税抜6万円~

 

相続登記と遺言セット

酬税抜11万5000円~

 

相続手続を全部おまかせ 

報酬税抜25万円~

 

離婚に伴う財産分与

報酬税抜4万円~

 

会社設立・会社登記各種


 

 

 

 

 

 

そもそも、不動産登記、会社登記はしないといけない?


登記ってしないといけないのかな?

 

 

結論からお伝えしますと、登記は法律では原則として任意とされていますが、

登記をせず放置するメリットはありませんので、気づいたときに登記しておきましょう。

 

 

 

数万円の過料以外にも、権利関係の複雑化などデメリットをあげ始めるときりがありません。

行わないとどうなるかどうかというよりも放置するメリットがないとお考えいただくのが良いと思います。

 

 

 

とはいえ、それなりの費用が発生するので時期を選びますよね…。

ただし、すぐに費用負担をしたくないとお考えの場合でも、手続を先延ばしにしているだけであるというのが実際のところです。

不動産は長い目で見ると結果的には処分することになりますから、最終的にはご子息や親族のうち誰かが、結局まとめて登記手続の手間や費用を負担することになると考えられます。

 

 

 

そうならないために、お持ちの不動産の登記を余裕があるときにまとめてやっておいたり、遺言を上手に利用して将来の不動産のことを整理しておくなどをおすすめします。

不動産を貰ったときや住宅ローンを支払い終えた時、会社の登記事項を変更したときなどは登記を忘れずに行うようにしましょう。

 

 

 

 

☏050-5806-6934



最初から最後まで任せて安心

初回出張相談無料! 事前見積無料!

スピード対応! 書類作成からまとめてお任せ!

電話で事前相談・お見積はこちらをクリック
横浜市瀬谷区のオアシス司法書士事務所

 

 

 

 

 

 

 

 

自分でやる?それとも司法書士に依頼する?

 

法務局に聞いて書類をあつめていけば自分で登記できる気がする。

 

司法書士への報酬も高いし、自分でやったほうが損しなくてすむんじゃないかなぁ…

 

 

 

 

このようにお考えの方も少なくありません。なかには「士業なんて不必要な存在だと思ってる」とおっしゃる方もいます。

 

しかし、自分で手続きをはじめてみると意外と難しくて途中でやめたという方が多いのが現状です。

 

 

 

 

自分で登記申請を行うのが大変な3つの理由


めんどくさすぎる…なんでこんなに古い運用のままなんだろ…

 

1.法務局は事前審査してくれない

意外と知られていませんが、登記というのは早いもの勝ちの性質を持っていますので、窓口に添付書類や申請書を持って行ったからといってその内容を事前に精査してくれるわけではありません。

 

つまり、登記申請前に自分ですべて判断して完璧に書類をそろえて申請しなければ、後から何度も平日に法務局に呼ばれるという事になりかねません。これを補正(不動産登記事務取扱手続準則第36条)といいます。

 

法務局は、事前に申請方法以外何も教えてくれないわけです。このような専門的な手続だからこそ、司法書士が長年その申請業務を代理で行い、経済の流れを円滑にすることに寄与してきました。

 

法務局の案内予約をして、わざわざ平日に出向いたにもかかわらず「これは司法書士にご依頼ください」と冷たくあしらわれる事があるのはこの登記の性質が原因です。

 

 

 

 

2.登記制度が複雑 

 

住所変更登記ひとつとってみても、住民票のみで添付書類が足りるケースや戸籍の附票を要するケース、権利証及び上申書を要するケースなど実に様々です。

 

登記は不動産や会社の重要な記録なので、手続きが厳格なものとなっているのもやむを得ないと考えられます。

 

登記制度は不動産登記法、商業登記法、政令、省令、先例などで明確にその運用が定められています。

 

 

 

 

3.戸籍制度が複雑

 

相続登記に限った話ですが、亡くなった方の戸籍は出生まで遡る必要があり、まず別々の役所に郵送請求していかなければなりません。

 

さらに、戸籍が揃ったら次はその戸籍を読み解かなければなりません。なじみのない方が読み解くには戸籍の読み取り用の専門書を準備する必要があるでしょう。

 

読み解いたうえで遺産分割協議書を用意するという流れになりますが、一般の方がこれを作成するには、さらに遺産分割協議書作成用の専門書を準備する必要があります。

 

仕事の合間にこのような面倒なことに取り組みたいという方は、おそらく少数だと思います。

 

 

 

 

さらに、自分で登記を行う事をおすすめしない4つの理由


足を踏み込んで投げ出してしまう前に…

 

 

✅ 重要な判断を誤る可能性がある

 

登記申請をする前に、「本当にこの登記をしていいのか?」という判断が必要です。

 

ご自分で登記申請を行う場合にも、必ず無料相談でもいいので一度は司法書士にご相談ください。

 

登記は完了したけど、重要なことを見逃していたということになると、取り返しがつかなくなってしまいます。

 

支払う必要のなかった税金避けられたトラブルの発生、対立当事者がいれば損害賠償リスクもありますが、リスク管理は徹底されていますか?

 

 

 

 

 

✅ 大事な書類を貰い忘れる可能性がある

 

登記が完了すると重要な書類が交付されます。司法書士に依頼している場合は確実にそれらを受領するよう手配しているのですが、

 

ご自分で登記申請を行った場合には、申請人は当然そのことを理解しているものとして扱われますので、期間内に受領を忘れた場合は二度と発行されなくなります。 

 

その場合、次回の不動産売却時に多額の本人確認費用(相場だと10万円程)が発生しますので、余計な労力と時間をかけ、さらに費用まで損をしたことになりかねません。

 

 

 

 

相続登記のケースでいえば、戸籍について原本還付請求を忘れてしまうと、金融機関等の手続きで戸籍数十通をまた役所に行って集めなければならなくなるという事態も考えられます。

 

司法書士であれば当然そのことを知っていますが、登記手続きに慣れている方でないと忘れてしまうことは充分考えられますよね。

 

また、相続登記は共有者の一人からの単独申請が可能ですが、この場合、重要な書類がそもそも発行されないといったトラップのような取り扱いもあります。

 

登記手続きにおいてはこのような細かいミス全てが命取りになり、余計な労力、時間、費用を奪われてしまいます。

 

 

 

 

✅ 途中まで手続を進めて諦めた場合、専門家側の労力は変わらないので報酬費用も変わらない

 

足を踏みこんでしまったが最後、どうにもならなくなってからのご相談というのは、実際にはよくあるお話です。 

 

途中まで書類を揃えた(又は作成した)ので、司法書士への報酬は安くならないかな…?

 

このようにお考えの方はもちろんいらっしゃいますし、感覚としては合理的なようにも思えますが、

 

残念ながら、専門家側の労力は最初から丸投げしていただいた場合のほうが少なくてすむことが多いので、とくにこれといった減額はないのが通常です。 

 

 

 

 

 

✅ 大切なプライベートの時間、労力、費用が全てマイナスになる可能性がある

 

司法書士に対する報酬は、他士業等の報酬規程に比べると低額に設定されています。

 

これは、司法書士が法律事務をスムーズかつスピーディに数をこなすことが可能であるからであり、簡単だからというわけではありません。

 

難しい手続きであればあるほど、途中であきらめた場合の埋没費用はどんどん大きくなりますので、ご不安な場合はお早めに司法書士にご相談ください。

 

 

 

 

 

「こんなことなら、最初から頼んでおけばよかった…」

 

 

 

 

 

このような後悔を防止するためにも、無料相談でもよいのでまずは一度専門家に手続の進め方をご相談ください。

 

 

電話で事前見積り・ご相談はコチラ

 

 

 

 

 

当事務所に手続きをご依頼いただくことによるメリット


こんなメリットがあります。

 

司法書士が無料で出張対応致しますので、スムーズにご依頼が可能です

 

当事務所は横浜市瀬谷区、旭区を中心として、東京都・神奈川県内であればどこでも出張対応を行っています。

また、ご相談には事務員ではなく必ず司法書士が伺い、ご自分の居住地などでリラックスしてより便利にご相談いただけます。

ご予約いただければ、土日夜間のご相談にも対応しておりますので、仕事終わりや空いた時間に司法書士に直接ご相談いただけます。

 

余計な時間、費用、労力がかからず最短距離で手続きを行えます

 

例として、相続手続きであれば戸籍収集から遺産分割協議書等の書類作成、登記申請から金融機関での手続きまでまとめておまかせいただけますので、

仕事の合間に戸籍の読み取りに頭を悩ませることも、平日に各機関を行き来する事も、ひな形を見て勉強しながら手続きをすすめる必要もありません。

難しい部分やリスクのあるところは全て専門家にまるごとお任せいただけます。

わざわざ手続きについて頭を悩ませることもなく、ただ、ご案内にしたがって書類をあつめたり署名押印していただくだけで手続きが進みます。

 

安心のフットワーク・スピード・レスポンスです

 

当事務所の司法書士は30代の若手ですから、

「手続きを忘れている」「何言ってるのかわからない」「書類がなかなか届かない…」「連絡がとれない」「進捗報告がないから手続きのどの段階かわからない…」「意見を言いにくい…」「高圧的で話しにくい…」

このようなご経験をされた方でも、心配ご無用です。安心して手続きをお任せください。

また、当事務所は手の届く範囲の業務を集中しておこなっており、「ボールが来たら最短で返す」をモットーとしておりますので、とにかくスピーディに手続きがすすみます。

 

リーズナブルな報酬体系です

 

当事務所はWEB経由で直接問い合わせいただいた依頼者様を大切にしております。WEBを見たとお伝えいただければ、WEB経由の特別価格で事前見積りいたします。

個人事務所ですので、〇〇センターといった専門家以外の従業員を多く雇用する組織よりも報酬をお安くすることは難しいかもしれませんが、

当事務所では無資格者の事務員ではなく、司法書士が全ての書類に目を通しますから安心して手続きをお任せいただけます。まずは一度お気軽にお問い合わせください。

 

当事務所の弱み

 

多くの案件をこなす事ができません。

 

もちろん、長所があれば短所もございます。当事務所では大量の登記申請などのマンパワーが必要な登記のご依頼をいただく事ができません。

受付するご依頼も数を制限させていただいております。その分、手の届く範囲のご依頼ひとつひとつに向き合い、真摯に対応させていただいております。

 

 

 

お客様の声 

※お客様アンケートのうち、掲載許可をいただいたものを一部抜粋して記載しております。写真はイメージです。

 

50代 男性 登記手続きの代理 評価:★★★★★

費用も明瞭で安心してお任せできました。また、関係手続きについてもアドバイスいただき、費用サービスで対応して頂き感謝しております。

 

 

60代 男性 登記手続きの代理 評価:★★★★★

とても迅速に処理していただけたところが良かったです。また、安心の料金提示でした。

 

 

60代 女性 登記手続きの代理 評価:★★★★★

迅速に対応していただき、事務処理後の税務関係(※申告の必要性)までアドバイスをいただいてとても助かりました。

 

 

 

 

 

ご依頼の流れ 

step
1
まずはお問い合わせ

step
2
無料で駆けつけ見積り後、ご納得いただいてからのご依頼

step
必要物のご案内

step
4
登記必要書類の準備、手配

step
5
費用お振込み

step
6
登記申請

※手続き内容により一部変更があります。

 

通常、依頼者様にやっていただく事は次のとおりです。

1.情報のご提供(不動産所在地番・家屋番号や個人情報など)

2.必要書類の収集(印鑑証明書など)

3.弊所で作成した書類への署名押印

4.司法書士との面談 ※面談が不要な手続もあります

5.費用のお振込み

 

 

 

 

 

 

お客様への5つのお約束

✅ スピード対応により1日でも早い手続完了を目指します

✅ 手続きの流れの組み立てから法務局や公証役場とのやりとり、書類準備、申請にいたるまで手続全体のサポートを致します

✅ 「公平かつ誠実」に「親切丁寧」な対応を致します

✅ 必ず報酬以上の便利なサービスをご提供します

✅ 小さな疑問にもお客様目線全力でお応えします

 

 

 

 

まずは一度メール又はお電話ください

東京都内、神奈川県内の方であれば、初回無料でご依頼前に事前相談・見積もりを致します。

※相見積もりをご検討の場合は事前にお知らせください。

 

 

 

 

メールで事前相談・見積もり・出張相談

    メールアドレス(お間違いのないようご注意ください)

    ご要件(例 名義変更の件)

    スパム防止のためのクイズ

    ↑↑

    クリックで送信!

    メールが正しく送られている場合、自動送信メールが届きます。もし届かない場合にはアドレスが間違っているか、受信拒否設定なっていることがございます。その場合、別のメールアドレスでお試しください。
    ※「@oasis-lawoffice.com」のドメイン拒否をあらかじめ解除していただきますようお願い申し上げます。

     

     

     

     

     

     

     

     

    よくある質問

     

    司法書士はどうやって選んだらいいですか?

    司法書士のおすすめの選び方をまとめましたのでよろしければ参考にしてください。

    司法書士の選び方とおすすめの選択方法

    司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です こちらの記事では、司法書士はどういった基準で選択したほうが良いのかを解説していきますので、 「名義変更を依頼したいけど、どこの司法書士に依頼しようか ...

    続きを見る

     

    相談に事務所まで行くことができません

    当事務所は出張相談型の司法書士事務所ですので、ご足労いただく必要はございません。

    初回無料でご自宅、ホテルラウンジや喫茶店などでご相談を承ります。柔軟に対応させていただいておりますので、一度ご相談ください。

     

    プライベートなことをお話するのは少し不安です

    司法書士には高度な倫理観が求められ、もちろん守秘義務もあります。

    ご相談いただいた内容が外に漏れるようなことは一切ありません。ご安心ください。

    司法書士法(秘密保持の義務)第二十四条
    司法書士又は司法書士であつた者は、正当な事由がある場合でなければ、業務上取り扱つた事件について知ることのできた秘密を他に漏らしてはならない。

     

    司法書士さんに頼むことなのかわからないのですが…

    当事務所の役割はお客様の法律的な手続における不安を安心に変えることです。

    私がお役にたてなくても関わりのある他士業を探すことやご紹介すること、相談先のアドバイスする事はできると思いますので、まずは一度ご相談ください。

     

    平日の夜や土日しか時間がとれないのですが…

    時間外のご相談にも対応しておりますので、まずは相談日をご予約ください。

     

     

     

    WEBサイトへのご来訪ありがとうございます!

    司法書士 廣澤真太郎
    初めまして、司法書士の廣澤と申します。この度は弊所WEBページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

    メインエリアは横浜市瀬谷区とし、東京神奈川県内への出張事前見積りにも対応しております。まずは一度お気軽にお問合せください。

     

    当事務所のWEBサイトは、司法書士が自作しているため、つたない文章でお見苦しい部分もあるかもしれませんが、司法書士自らがWEBページを作成することで伝わることもあると考えております。詳しい業務の知識を知りたい方は、サイドメニューから知識一覧をご覧下さい。携帯の方はページ下部までスクロールで御覧いただけます。

    パンフレット:神奈川司法書士会

     

    ☏050-5806-6934

    最初から最後まで任せて安心

    初回出張相談無料! 事前見積無料!

    スピード対応! 書類作成からまとめてお任せ!

    電話で事前相談・お見積はこちらをクリック
    横浜市瀬谷区のオアシス司法書士事務所

     

     

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    代表司法書士・行政書士 廣澤真太郎

    神奈川県横浜市瀬谷区でかけつけ無料相談を実施している司法書士兼行政書士です。 ご自宅等に無料で事前相談に伺いますので、お気軽にご利用ください。

    Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.