相続による所有権移転登記のご依頼

   

 

戸籍収集、遺産分割協議書作成もすべておまかせいただけます

 

◆戸籍を集めるのが大変すぎる!  ◆相続人がたくさんいるんだけど…

◆遺言についても相談したい    ◆遺産分割協議書の作成も任せたい

◆相続手続きがとにかく面倒…   ◆どうやって進めるのがベターなの?

◆不動産が遠いところにある    ◆相続関係説明図を作ってほしい

 

 

 

相続に関するお悩みは

司法書士がスムーズに解決致します💡

 

 

不動産の記載漏れが多発している!?法律文書作成時の注意点

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 様々な手続きのために法律文書をご準備いただいた際、不動産の記載が抜けていたり誤っているケースが多発しております。 そこで、この記事では不動産が絡む法律文書を作成する場合の注意点について解説します。   目次1 法律文書への不動産の記載誤り・記載漏れが多発している!?1.1 不動産の記載ミスがあるとどうなるのか?1.1.1 1.調書等への不動産記載ミス1.1.2 2.遺言書への不動産記載ミス1.1.3 3.その他 契約書や協議書への不 ...

ReadMore

普通養子縁組とはなにか?結婚と似ている?どんな時に利用されるのか? 

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事では、普通養子縁組について解説していきます。   特別養子縁組とはまったく別物ですので、知識の混同にご注意ください。 名前は似ていますが、普通養子縁組と特別養子縁組は比較して考えるのではなく、別物だと考えて別々に理解を深めることをお勧めします。 目次1 普通養子縁組とは?1.1 普通養子縁組の主な特徴は?1.2 なぜ普通養子縁組を利用するのか?1.3 どれくらいの利用者がいるのか?2 どうやって縁組をするのか?2.0.1 普 ...

ReadMore

相続法改正後の遺留分について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 今更ながら、相続法改正後の遺留分制度について、備忘録としてあらためて知識を整理した記事です。 少しマニアックな知識なので、上級者向けの記事になります。   目次1 遺留分とは1.1 遺留分制度の改正前と改正後の違い1.1.1 支払う資力がない時はどうする?1.2 改正法が適用されるタイミング1.3 遺留分侵害額の計算方法の復習1.3.1 A 遺留分の額1.3.2 a 財産の価額1.3.3 α 生前贈与についての整理1.4 メールで事前相談実施 ...

ReadMore

こんな進め方はNG!?もめない遺産分割協議の進め方

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 相続手続きを行う際には、相続人の皆さんで遺産分割協議をおこなっていただきますが、 まれにその方法によっては、家族間でのトラブルに発展してしまうことがあります。 このような「争続」に発展しないためには、なにに気を付ければよいのでしょうか?   目次1 そもそものトラブルの原因って?2 こんな進め方は絶対ダメ!?やってしまいがちなNG行動2.1 1.火種となりやすい行動・思考をする2.1.1 ① 相手に期待する2.1.2 ② 思い込みをする2.1 ...

ReadMore

司法書士に依頼できる相続手続きについて

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事では、どのような相続に関する手続を司法書士に任せることができるのかという点を解説していきたいと思います。 目次1 どのような手続きを司法書士に任せられるのか1.1 1.相続開始前にできること1.1.1 ① 遺言の作成サポート1.2 2.相続開始後にできること1.2.1 ① 相続人の調査 (戸籍、住民票の代行取得)1.2.2 ② 相続財産の調査1.2.3 ③ 遺産分割協議書の作成1.2.4 ④ 相続関係説明図の作成1.2.5 ⑤ 法定相続情報一覧 ...

ReadMore

協力的でない相続人がいる場合の相続手続きについて

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事では、相続人の一人が手続きに協力できないため、遺産分割協議が難しい場合の対応方法について記載しておきます。 相続手続きがストップしてしまって進め方についてお悩みの方向けの記事です。   目次0.1 相続人の一人が相続手続きに協力してくれない場合はどうすればよいか?0.2 重要なのは、相続人が協力しない理由0.3 そもそも、相続人全員の協力は必要か?1 まとめ1.1 関連ページ     相続人の一人が相続手続きに協力 ...

ReadMore

兄弟姉妹の相続における必要な戸籍の範囲について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 兄弟姉妹が亡くなり、その兄弟姉妹に子はおらず、ご両親もすでに他界しているようなケースでは、戸籍の収集がたいへんだということをご存知の方も多いのではないでしょうか。 この記事ではこのような相続のケースでどういった戸籍を収集すればよいのかをわかりやすく解説します。   目次1 兄弟姉妹の相続における必要な戸籍の範囲1.1 事例をもとに検討してみましょう1.2 出生から死亡までの戸籍謄本の取得方法1.2.1 取得手順2 その他相続手続きで必要になる ...

ReadMore

年金の相続でやることについてわかりやすく解説

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。   年金を受給されている方などがお亡くなりになった場合に、 どのような手続きが必要なのかや、その流れについてまとめました。 この記事をご覧いただければ次に何をすればいいのかがわかります。     目次1 1.年金を受給している方が亡くなったときにまずはやること1.1 必要物1.1.1 死亡届の必要物1.1.1.1 提出期限1.1.2 未支給年金請求の届出の必要物1.1.2.1 提出期限1.2 未支給年金・過払い年金とは?1 ...

ReadMore

疎遠な相続人との連絡手段について 

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。   この記事では、連絡先のわからない相続人がいる場合や、疎遠な相続人とどのような方法で連絡を取り合い、 相続についての話し合いをすすめるのかという点について、わかりやすく解説します。   目次1 疎遠な相続人の対応について1.1 放っておくことはできるのか?1.2 なぜ疎遠な相続人が家族の問題に突然現れるのか?1.3 疎遠な相続人と連絡をとる方法1.3.1 請求できるのは誰か?1.4 手紙の出し方1.4.1 手紙の内容1.5 手紙を ...

ReadMore

親の一方が死亡し、相続人が配偶者と子供である場合の相続手続の流れと注意点

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事では、突然親の一方が亡くなってしまうケースの相続手続きの流れと、 相続における注意点を解説しています。   相続手続きを進めるうえでの注意点を知りたい方は、目次から「相続手続きで注意を要する点」に飛んでください。   目次1 相続手続きの流れ1.1 まず、相続人は誰なのか?を確認する1.1.1 法で定められた相続人と、その法定相続分は次のようになります。1.2 相続手続は何から手を付ければよく、その流れはどうなるのか?1.2 ...

ReadMore

 

 

 

ご依頼の流れ

step
1
まずはお問い合わせ

step
2
無料で駆けつけ見積り後、ご納得いただいてからのご依頼

step
相続人調査・書類収集・書類への押印

step
4
お支払い

step
5
登記申請

step
6
登記完了

  手続きがスムーズで早ければ約1ヶ月ほどで登記申請まで可能です。      

 

 

 

 

 

☏050-5806-6934



最初から最後まで任せて安心

初回出張相談無料! 事前見積無料!

スピード対応! 書類作成からまとめてお任せ!

電話で事前相談・お見積はこちらをクリック
横浜市瀬谷区のオアシス司法書士事務所

 

 

 

 

 

 

必要物

必要物  
ある場合 遺言書
遺産分割協議書
調停証書 
相続人 個人実印
本人確認書類
戸籍謄本 ※
印鑑証明書
住民票 ※
被相続人

出生から死亡までの戸籍謄本等一式 ※
住民票の除票or戸籍の(除)附票 ※
不動産にかかわる資料一式(固定資産税納税通知書、権利書)

※公的書類は当事務所で代わりに取得することができます。押印書類は当事務所で作成します。
※上記はあくまで参考です。案件ごとに異なりますので、ご依頼後正式に書面又はPDFでご案内致します。    

 

 

 

 

 

報酬・費用

基本料金5万5000円~ (一定の条件に当てはまる場合には、遺産分割協議書・相続関係説明図作成費用を含みます)

司法書士 廣澤真太郎
案件により報酬費用は変動しますので、まずは見積りをご依頼ください。事前の見積りにご納得いただけなければご依頼いただかなくても構いません。費用の目安は下記のページをご覧ください。

 

相続手続の報酬

概算見積はご依頼前にお出ししておりますので、まずは一度ご相談ください。 身内の方に相続が開始したときは、不動産の名義の変更や預貯金・証券口座の解約等、さまざまな手続が必要となります。 また、生前に遺産 ...

続きを見る

 

 

 

 

 

よくある質問

実家を相続しますが、どれくらい費用がかかりますか?

相続登記の報酬はケースごとに全く違いますので、一概にはいえないという前置きのうえ、

「実費含め約10万円+税金というのが基本で、税込総額30万円を超えることは滅多にありません」とお伝えすることが多いです。

相続手続きの相場・費用感まとめ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 (令和3年5月13日時点) 相続手続きは誰に頼むのがよいのか?は別記事で解説しましたが、 この記事では私がネットで調査した相場をまとめておきます。 ...

続きを見る

 

 

誰が相続人になりますか?

配偶者は常に相続人になります。お子様がいる場合はお子様、いなければ直系尊属(父母、祖父母等)、直系尊属もいなければ兄弟姉妹となります。

どなたかが亡くなっている場合の代襲相続人という考え方もありますから、相続人の調査、確定は専門家にお任せください。

相続人とは誰か?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 相続人という専門用語がよくでてきますが、そもそも相続人とは誰なのか?を解説していきます。 相続人が誰なのかわかれば、相続手続きに誰に協力を頼めばよ ...

続きを見る

 

 

印鑑証明書は必ず必要ですか?また、遺産分割協議書は必ず作らなければなりませんか?

手続きによっては必要でない場合もあります。ですので、必要書類のご案内をさせていただくまでご準備いただかなくて構いません。

遺産分割協議書もは必ず作成しなければならないかというと、そうではありませんが、作成が必要かの判断やその内容は法律知識が必要になりますので、 まずはご相談ください。

遺産分割協議について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 相続手続きで遺産分割協議書の提出を求められたが、そもそも遺産分割協議とはなにか知りたいという方向けの記事です。     目次1 ...

続きを見る

 

 

自分で登記する事は可能ですか?

法務局にて登記手続案内予約と勉強をきちんと行えば、法務局に3~5回通って登記をすすめることが現在では可能です。

ただし、この場合申請書や登記関係書類もすべて作り準備していく必要があることから、時間効率を考えてもやはり専門の司法書士に任せたほうがスピーディかつ無難であるというのは間違いないでしょう。

司法書士に依頼しなかった場合にも登録免許税などの実費はかかりますのでご注意ください。  

 

 

権利証が見当たりません

相続登記の場合で法務局へ権利証の提出が必要になるのは、登記簿上の被相続人の方の住所が亡くなった当時の住所と証明書等により繋がらない場合や、遺贈による場合など一定の場合に限られるため、なくても手続上は問題ありません。

ただし、お手元にある場合には物件の承継漏れを防ぐためにも確認させていただいておりますのでできる限りご準備いただければと思います。  

 

 

不動産が他県にあるのですが、手続き可能ですか?

当事務所では登記申請のオンライン化に対応しておりますので、全国どちらにある不動産においても登記申請が可能です。 まずは一度ご相談ください。  

 

 

 

 

 

不動産の相続に関わる税金の一例

司法書士が節税や税金対策のアドバイスを行うことはできませんので、あらかじめご了承ください。

登録免許税

登録免許税とは【わかりやすく解説】

目次1 登録免許税とは2 いつ払う?3 税額3.1 税率3.1.1 1.不動産の登記(主なもの)3.1.2 2 会社の商業登記3.1.3 3 個人の商業登記 登録免許税とは 不動産を譲り受けたり譲渡し ...

続きを見る

移転する不動産の評価額の合計額に4/1000の税率を掛けて計算します。司法書士が預り金から法務局に対して代わりに納付します。

 

譲渡所得税

相続により取得した不動産を、後日、売却して差益(キャピタルゲイン)が発生した場合に課税される税金です。

差益が発生する場合には、売却した年の翌年に確定申告が必要になります。

譲渡所得税についてはこちら

不動産の譲渡にかかわる所得税についてわかりやすく解説

  目次1 不動産の譲渡にかかわる所得税とは1.1 いつどうやって払う?1.2 税額の計算方法1.2.0.1 譲渡価額とは1.2.0.2 取得費とは1.2.0.3 譲渡費用とは1.3 税率1 ...

続きを見る

 

相続税

相続した財産の総額が一定の金額を超えている場合に課税される税金です。

相続税についてわかりやすく解説します

目次1 相続税とは2 いつ誰が払う?3 税額の計算3.0.1 ※1 各人の課税価格?3.0.2 ※2 基礎控除の額?3.0.3 ※3 法定相続分3.0.4 速算表3.0.5 各種控除4 10か月以内に ...

続きを見る

 

 

 

 

 

当事務所の特徴

安心の
スピード・レスポンス

出張相談料無料

お問合せフォームから
24時間受付可能

関東圏ならどこにでも出張



メールで事前見積り可能

親切丁寧なご対応

 

 

お客様の声 

※お客様アンケートのうち、掲載許可をいただいたものを一部抜粋して記載しております。写真はイメージです。

 

 

50代 男性 登記手続きの代理 評価:

費用も明瞭で安心してお任せできました。また、関係手続きについてもアドバイスいただき、費用サービスで対応して頂き感謝しております。

 

 

 

60代 男性 登記手続きの代理 評価:

とても迅速に処理していただけたところが良かったです。また、安心の料金提示でした。

 

 

 

60代 女性 登記手続きの代理 評価:

迅速に対応していただき、事務処理後の税務関係(※申告の必要性)までアドバイスをいただいてとても助かりました。

 

 

 

 

お客様への5つのお約束

✅ スピード対応により1日でも早い手続完了を目指します

✅ 手続きの流れの組み立てから法務局や公証役場とのやりとり、書類準備、申請にいたるまで手続全体のサポートを致します

✅ 「公平かつ誠実」に「親切丁寧」な対応を致します

✅ 必ず報酬以上の便利なサービスをご提供します

✅ 小さな疑問にもお客様目線全力でお応えします

 

 

 

 

まずは一度メール又はお電話ください

ご依頼前に事前相談・見積もりを致します。

※相見積もりをご検討の場合は事前にお知らせください。

 

 

 

電話でお問合せの際は、WEBを見たとお伝えください。WEB経由の特別価格で見積り致します。

 

 

 

こちらのフォームから24時間予約受付、無料相談が可能です

    メールアドレス(お間違いのないようご注意ください)

    ご要件(例 名義変更の件)

    スパム防止のためのクイズ

    ↑↑

    クリックで送信!

    メールが正しく送られている場合、自動送信メールが届きます。もし届かない場合にはアドレスが間違っているか、受信拒否設定なっていることがございます。その場合、別のメールアドレスでお試しください。
    ※「@oasis-lawoffice.com」のドメイン拒否をあらかじめ解除していただきますようお願い申し上げます。

     

     

     

     

    関連ページ

    相続相談は誰にすれば良い?税理士?弁護士?

    司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 相続は誰に相談すれば良いかお悩みの方のために作成したページです。 士業選択をする際の参考になれば幸いです。 目次1 誰に依頼すればいいのか1.1 ...

    続きを見る

    遺産相続における弁護士、司法書士、行政書士、税理士の比較

      司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。  相続手続きを頼めるのは弁護士?司法書士? そんな風に悩まれている方もいるのではないでしょうか。そこで、各士業に頼める相続手続きにつ ...

    続きを見る

     

    更に詳しく知りたい方は、サイドメニューから知識一覧をご覧下さい。携帯の方はページ下部までスクロールをお願いします。

    HOME  

     

    ☏050-5806-6934

    最初から最後まで任せて安心

    初回出張相談無料! 事前見積無料!

    まずは一度お電話又はメールでお問合せください

    電話で事前相談・お見積はこちらをクリック
    横浜市瀬谷区のオアシス司法書士事務所

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    代表司法書士・行政書士 廣澤真太郎

    神奈川県横浜市瀬谷区でかけつけ無料相談を実施している司法書士兼行政書士です。 ご自宅等に無料で事前相談に伺いますので、お気軽にご利用ください。

    Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.