絶対に必要!?子供がいない夫婦と遺言書について【簡単作成】

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士の廣澤です。

 

最近は子供を持たない夫婦(DINKs)という生き方も広まってきてますが、子供のいないご夫婦であれば、何かあった時のために遺言書は必ず残しておくべきです。

 

この記事をご覧いただければ、なぜ専門家が執拗に遺言の重要性をお話するのかがわかりますし、作成しておくべきだということがご理解いただけると思います。

 

 

 

 

子供のいない夫婦には遺言作成が必須!?

 

遺言がないと、自分たちで築いた財産を夫(妻)の親族と分け合わなくてはならない!?

遺言がない場合の手続きについて、なぜそうなるのかというところを知るためには、法定相続人について最低限知っておく必要がありますが、法定相続人・法定相続分については次の記事で解説しています。

 

相続人とは誰か?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 相続人という専門用語がよくでてきますが、そもそも相続人とは誰なのか?を解説していきます。 相続人が誰なのかわかれば、相続手続きに誰に協力を頼めばよ ...

続きを見る

 

遺言がない場合、どうなるのか??

夫婦の一方が亡くなると、その相続人は配偶者と第一順位である子供、子供が亡くなっていればその子供である孫が相続人になりますが、

 

子供がいない夫婦(子供や孫が全員既に他界されている場合も含みます。)の場合で夫婦の一方が亡くなると、

相続人が配偶者と第2順位の夫(妻)の両親や祖父母となり、両親や祖父母が亡くなっていれば、第3順位のご兄弟が相続人になります。

 

 

要するに、どういうことですか?

 

遺言がなければ、配偶者の相続手続きは、夫(妻)の親族との話し合いをする等、その協力が必要になるという事です。

 

具体的には、夫婦の財産目録を作成して親族に情報開示し、お二人で築いた財産をどのように分けるか話し合ったうえ、

「遺産分割協議書」を作成して実印を全員が押印し、印鑑証明書ももらってその後の手続きを進めるという流れになります。

 

 

普段から夫(妻)の親族とやりとりをしていて、コミュニケーションが簡単だというのであれば問題はないかもしれませんが、

そんなご家族は稀でしょうし、財産のことでいきなり話合いをするというには抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

 

 

あなたが「私たちで築いた財産なんだから、私が全て相続するということで納得してくれるだろう」と思ったとしても、

親族のうち誰か一人に「法律で決められた権利として相続分があるのだから、自分たちにも財産を分けてほしい」と言われれば、

相手の言い分は正しいわけですから、その通りに従わなくてはならなくなります。

 

 

お子様がいないご夫婦の一方がお亡くなりになった方からの相談において、

 

「なんで、亡くなった夫(妻)の兄弟や両親と自分たちの財産のことで話し合わなきゃいけないの?」

 

「うちは一般的な家庭なのに、なんでこんなに手続きが面倒なの?」

 

このようなお声をいただくことがありますが、

これらは、子供のいないご夫婦の一方が生前に遺言を残していなかったことが原因です。

 

遺言を残しておけば、夫(妻)だけで相続手続きを進めることができますから、

そもそもの財産情報の開示も、遺産分割の話し合いも必要なくなります。

 

 

 

とはいえ、遺言は高齢者が作成するものでは…??

 

そもそも遺言はご高齢の方が考えるもので、若い自分達には関係ないのでは?

 

たしかに、若い自分達には関係ないのでは?と思いますよね。

しかし、全くそんなことはありません。 

 

遺言を作成するべき場合を次の記事でまとめていますが、遺言はケースごとに残しておくべきかどうかを考えるべきものであって、年齢は関係ありません。

 

気づいたときに作成しておくことをおすすめします。

遺言を残しておくべき場合の典型例をまとめました

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。   昨今、遺言の必要性が叫ばれ、公正証書遺言作成などは増加傾向にあります。   あなたが遺言を残しておくべきかどうかの判断材料 ...

続きを見る

 

 

 

知ってますか?遺言は5分ほどで簡単に作れます

 

自筆証書遺言という遺言書であれば、今すぐに作成する事が可能です。

遺言の種類について知りたい方はこちら

遺言を作成すると決めたら、作成する遺言の種類を選択しましょう。

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 遺言書の作成方法にはいくつか種類があり、どの方法を選択すべきかわからないという方もいるのではないでしょうか。 そこで、遺言書の作成方法を選択するた ...

続きを見る

 

 

準備する

次のものを準備します。

✅長持ちしそうな用紙

✅消えないボールペン

✅認印

 

そして、次のように手書きします。(ワープロ禁止)

 

作成する

 

遺 言 書

遺言者OOは次の通り遺言する。

1.遺産は全て妻の〇〇(生年月日〇年〇月〇日)に相続させる。

令和OO年OO月OO日

住所 OO県OO市OO番

遺言者 OO O O     ㊞

 

いかがでしょうか。遺言書を残すというと大変なことに思えますが、

上記のように「遺産はすべて夫(妻)のOOに相続させる」と一筆書いておくだけでも充分な相続対策になります。(ただし、遺留分や検認手続の問題は残ります。)

 

 

 

「もっとキチンとしたものを残したい!?」 夫婦相互遺言×公正証書遺言のすすめ

 

遺言の残し方についてですが、子供のいない夫婦のケースでは、遺言はご夫婦の一方ではなく、お互いで残しておくべきです。

 

一方が遺言書を残していても、もう一方が先に亡くなった場合に問題は残ってしまいますから、

お二人の将来の事を考えるのであれば、双方で遺言を作成しておいたほうがよいでしょう。

 

さらに、遺言はできる限り、公正証書で残しておくことをおすすめします

 

遺言を残さないよりは自筆証書遺言を残しておくことをおすすめしていますが、

自筆証書遺言には法律上次のような問題があります。

 

 

 

 

公正証書遺言であれば上記のようなデメリットを全てカバーすることができます。

 

その代わり自筆証書遺言と違い、公証役場の手数料や司法書士への報酬が発生するなど、費用面がデメリットといえるでしょう。

しかし、遺言作成の目的は本来、「将来のご家族の安心」をお考えになってのことだと思いますから、トラブルのリスク回避をするという意味でも、公正証書で遺言作成することをおすすめします。

 

 

公正証書遺言を作成するには

公正証書遺言の作成は、遺言内容について自分で考えて公証役場で作成を依頼しなければならないこととなりますので手続を行う上で若干ハードルがありますが、

 

ご不安であれば、当事務所は「将来の安心」づくりに特化し、遺言作成はもちろん、遺言内容の起案から公証人とのやりとり、証人手配までまとめてサポートしておりますから、

 

公正証書遺言作成の際にはいつでもお気軽にお問合せください。

 

遺言書作成サポートのご依頼

        驚きのスピードで公正証書遺言作成をサポート     目次1 遺言作成サポート2 ご依頼の流れ3 当事務所の特徴3.0.1 当 ...

続きを見る

 

 

 

まとめ

 

子供のいないご夫婦と遺言について記載してきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事のポイントは次のとおりです。

・子供のいない夫婦は遺言を残しておかないと、後で一方の配偶者が大変

・夫婦双方で遺言を作成しておくのがおすすめ

・遺言を作らないよりは、簡単なものでもいいから作っておくべき

・できれば、公正証書で作る 

 

この記事では遺言作成について書きましたが、

配偶者の経済的なその後の生活の事も考える場合には生命保険の活用を、

将来の認知症や死後の事について考える場合には任意後見契約や死後事務の委任契約の活用を検討するなど「将来の安心」のためには多面的に事前に備えておく必要があります。

 

お二人の「将来の安心」のために参考になれば幸いです。

 

 

関連記事

自筆証書遺言と公正証書遺言の違いを表にまとめてわかりやすくしました。

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 自筆証書遺言の遺言書保管制度が始まりました。従来より数多く利用されてきた公正証書遺言(司法書士白書2019)との違いを備忘録としてまとめておきます ...

続きを見る

モメない遺言の書き方とモメる遺言の例示

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 うちの家族には遺産がないから関係ないとお思いでしょうか。相続人の話し合いがまとまらず、遺産分割事件(裁判所を交えての話し合い)となった割合は、遺産 ...

続きを見る

 

HOME

 

 

 

  • この記事を書いた人

司法書士 廣澤真太郎

ご来訪有り難うございます。主な対応地域は横浜市瀬谷区・旭区ですが、東京都・神奈川県内であればどの地域でも出張相談対応しております。事前にお電話、メールで事前に必ず見積りをご提案させていただだきますので、まずは一度お問合せください。

-その他

Copyright© オアシス司法書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.