相続法改正後の遺留分について

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士の廣澤です。

今更ながら、相続法改正後の遺留分制度について、備忘録としてあらためて知識を整理した記事です。

少しマニアックな知識なので、上級者向けの記事になります。

 

 

 

遺留分制度の改正

 

遺留分制度の改正前と改正後の違い

 

民法(相続法) 改正前 改正後
法的性質 物権的効力
※遺贈した目的物の所有権を相続人に帰属させる
債権的効力
※受贈者に対する金銭請求権を有することになる
請求権 遺留分減殺請求権
※形成権なので、遺贈等を遺留分の限度で”無かった事”にできる。
遺留分侵害額請求権
※金銭債権なので、遺贈等を無かった事”にはできない。
侵害する贈与、遺贈の有効無効 有効 有効
権利を行使方法 裁判上、裁判外どちらでも可 裁判上、裁判外どちらでも可
不動産の遺留分侵害 ①登記未了の場合
遺留分を有する相続人は相続登記ができる。
②既に登記している場合
侵害の限度で移転登記請求権を有する。
侵害額の限度で金銭請求権を有するにとどまる。
不動産で清算したい場合は、金銭の支払いに代えて、不動産で代物弁済をするなどすることになる。
遺留分権利者 配偶者・直系尊属・直系卑属(代襲者含む) 配偶者・直系尊属・直系卑属(代襲者含む)
時効 相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から1年 相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から1年
※旧法の法解釈に変更はないため、旧法の「単に知った時ではなく、侵害があったことを知りかつ減殺できる事まで知ったとき」が基準となることは変わらない

 

支払う資力がない時はどうする?

旧法の時と同じように、遺言を作成する際に遺留分に気を付けなければならないという点は変わりません。

資力がない場合には、有益費償還請求をされた時と同じように、債務の全部又は一部の支払いについて、裁判所は相当の期限を許与することができることとされました。

新法1047条

 

 

改正法が適用されるタイミング

実務で気を付けたのは、改正法が適用されるタイミングについてですが、基準は【相続開始日】と【改正法施行日】の前後関係です。

✅ 相続開始日が原則的施行日より前(平成31年6月30日以前)の場合は「遺留分減殺請求権」

✅ 相続開始日が原則的施行日より後(平成31年7月1日以降)の場合は「遺留分侵害額請求権」

 

施行日前の贈与や遺贈だとしても、相続開始が施行日後であれば新法が適用されます。

 

 

遺留分侵害額の計算方法の復習

【遺留分の額】 - 遺留分権利者が受けた特別受益の価額 + 遺留分権利者が取得すべき遺産の価額 ) + 遺留分権利者の承継債務の額

 

A 遺留分の額

a【財産の価額】 × 1/2(直系尊属のみの場合1/3) × 遺留分権利者の法定相続分 

 

a 財産の価額

相続開始時の積極財産の額 + {α 第三者に対する生前贈与(原則1年以内) + 相続人に対する生前贈与(原則10年以内)} - 相続債務全額

新法:1043条

 

α 生前贈与についての整理

財産の価額算定時の贈与 第三者が受贈者 相続人が受贈者
贈与の時期 原則:相続開始前1年間でおこなったもの 原則:相続開始前10年間でおこなったもの
例外:当事者双方が遺留分権利者へ損害を与えることを知って贈与したときは、期間外のものも算入する。 同左
贈与の内容 限定なし 婚姻もしくは養子縁組又は生計の資本として受けた贈与に限る。
※特別受益としての贈与

 

 

参考:「相続法改正と司法書士実務」東京司法書士会民法改正対策委員会編

第九章 遺留分

(遺留分の帰属及びその割合)

第千四十二条 兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次条第一項に規定する遺留分を算定するための財産の価額に、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合を乗じた額を受ける。

一 直系尊属のみが相続人である場合 三分の一

二 前号に掲げる場合以外の場合 二分の一

2 相続人が数人ある場合には、前項各号に定める割合は、これらに第九百条及び第九百一条の規定により算定したその各自の相続分を乗じた割合とする。

 

(遺留分を算定するための財産の価額)

第千四十三条 遺留分を算定するための財産の価額は、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与した財産の価額を加えた額から債務の全額を控除した額とする。

2 条件付きの権利又は存続期間の不確定な権利は、家庭裁判所が選任した鑑定人の評価に従って、その価格を定める。

第千四十四条 贈与は、相続開始前の一年間にしたものに限り、前条の規定によりその価額を算入する。当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知って贈与をしたときは、一年前の日より前にしたものについても、同様とする。

2 第九百四条の規定は、前項に規定する贈与の価額について準用する。

3 相続人に対する贈与についての第一項の規定の適用については、同項中「一年」とあるのは「十年」と、「価額」とあるのは「価額(婚姻若しくは養子縁組のため又は生計の資本として受けた贈与の価額に限る。)」とする。

第千四十五条 負担付贈与がされた場合における第千四十三条第一項に規定する贈与した財産の価額は、その目的の価額から負担の価額を控除した額とする。

2 不相当な対価をもってした有償行為は、当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを知ってしたものに限り、当該対価を負担の価額とする負担付贈与とみなす。

 

(遺留分侵害額の請求)

第千四十六条 遺留分権利者及びその承継人は、受遺者(特定財産承継遺言により財産を承継し又は相続分の指定を受けた相続人を含む。以下この章において同じ。)又は受贈者に対し、遺留分侵害額に相当する金銭の支払を請求することができる。

2 遺留分侵害額は、第千四十二条の規定による遺留分から第一号及び第二号に掲げる額を控除し、これに第三号に掲げる額を加算して算定する。

一 遺留分権利者が受けた遺贈又は第九百三条第一項に規定する贈与の価額

二 第九百条から第九百二条まで、第九百三条及び第九百四条の規定により算定した相続分に応じて遺留分権利者が取得すべき遺産の価額

三 被相続人が相続開始の時において有した債務のうち、第八百九十九条の規定により遺留分権利者が承継する債務(次条第三項において「遺留分権利者承継債務」という。)の額

 

(受遺者又は受贈者の負担額)

第千四十七条 受遺者又は受贈者は、次の各号の定めるところに従い、遺贈(特定財産承継遺言による財産の承継又は相続分の指定による遺産の取得を含む。以下この章において同じ。)又は贈与(遺留分を算定するための財産の価額に算入されるものに限る。以下この章において同じ。)の目的の価額(受遺者又は受贈者が相続人である場合にあっては、当該価額から第千四十二条の規定による遺留分として当該相続人が受けるべき額を控除した額)を限度として、遺留分侵害額を負担する。

一 受遺者と受贈者とがあるときは、受遺者が先に負担する。

二 受遺者が複数あるとき、又は受贈者が複数ある場合においてその贈与が同時にされたものであるときは、受遺者又は受贈者がその目的の価額の割合に応じて負担する。ただし、遺言者がその遺言に別段の意思を表示したときは、その意思に従う。

三 受贈者が複数あるとき(前号に規定する場合を除く。)は、後の贈与に係る受贈者から順次前の贈与に係る受贈者が負担する。

2 第九百四条、第千四十三条第二項及び第千四十五条の規定は、前項に規定する遺贈又は贈与の目的の価額について準用する。

3 前条第一項の請求を受けた受遺者又は受贈者は、遺留分権利者承継債務について弁済その他の債務を消滅させる行為をしたときは、消滅した債務の額の限度において、遺留分権利者に対する意思表示によって第一項の規定により負担する債務を消滅させることができる。この場合において、当該行為によって遺留分権利者に対して取得した求償権は、消滅した当該債務の額の限度において消滅する。

4 受遺者又は受贈者の無資力によって生じた損失は、遺留分権利者の負担に帰する。

5 裁判所は、受遺者又は受贈者の請求により、第一項の規定により負担する債務の全部又は一部の支払につき相当の期限を許与することができる。

 

(遺留分侵害額請求権の期間の制限)

第千四十八条 遺留分侵害額の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び遺留分を侵害する贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。

 

(遺留分の放棄)

第千四十九条 相続の開始前における遺留分の放棄は、家庭裁判所の許可を受けたときに限り、その効力を生ずる。

2 共同相続人の一人のした遺留分の放棄は、他の各共同相続人の遺留分に影響を及ぼさない。

 

 

相続・遺言のご相談

相続・相続放棄・生前対策の業務内容一覧

  ※業務の一例です。その他の手続にも対応しております。   相続発生時に行う手続き 相続手続おまかせプラン    不動産の名義変更・預金解約お任せプラン   ...

続きを見る

 

知識ページ一覧

知識ページをご覧になりたい方はこちらから

不動産の譲渡と贈与税

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。    この記事は、不動産を贈与した場合にも課税される贈与税について備忘録として記載したものです。 贈与税はとくに高額になることが多く、実務においては見逃してはならない気をつかう税金のひとつです。 目次1 贈与税とは1.1 1.暦年課税1.1.1 不動産の贈与の場合 1.1.2 速算表1.1.3 みなし贈与財産の例 1.1.4 非課税財産の例1.2 2.相続時精算課税 1.2.1 基礎控除110万円について1.3 納税方法1.3.1 ...

ReadMore

家の名義変更をするには?いくらかかる?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、家の名義変更をお考えの方向けの記事です。 目次1 家の名義変更とは?1.1 家の名義変更はどこにする?1.2 家の名義変更が必要なのはどんなとき?1.3 家の名義変更はいつまでにすればいい?1.4 家の名義変更をしない場合はどうなるのか?1.5 固定資産税の名義変更とは違うのか?1.6 家の名義変更には、どれくらいの期間がかかる?1.7 家の名義変更には、いくらかかる?1.8 登録免許税(登記にかかる税金)1.8.1 妻(又は夫)から夫(又 ...

ReadMore

会社登記の義務とその過料について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 株式会社や合同会社には、定期的に登記を行う義務があります。 この記事は、司法書士に「この登記をすると、代表者個人に過料が課されますよ」と注意されて詳しく知っておきたいという方や、裁判所から過料決定が届いた方、また今後、過料を防ぎたい方向けの記事です。 目次1 会社登記の義務とその過料について1.1 なぜ、会社登記や役員選任を怠ったことで過料が課されるのか?1.2 過料とはなにか?1.3 過料の額1.4 どうやって過料を免れるのか?1.4.1 過料決定を ...

ReadMore

遺産相続手続きの全体スケジュール オリジナル版

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 遺産の相続手続きは法的知識が必要なうえ、不慣れな手続きを大量に処理する必要があるため、ご不安な方も多いのではないでしょうか。 この記事では、相続手続きの全体像を解説しています。   目次1 相続手続きの流れ、全体像1.1 1.役所の届出、光熱費、契約先の名義変更などを行う1.2 2.借金を調査する1.3 3.だいたいの財産総額を確認する1.4 4.相続人か否かの簡易確認1.4.1 亡くなった方に配偶者と子供がいる場合の相続人1.4.2 亡くな ...

ReadMore

会社の設立と税金のあれこれ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 税金は司法書士の専門分野ではないので、個人的な備忘録として税金面で見た会社設立の知識をまとめた記事です。ご自由にご覧下さい。     目次1 会社の設立とあれこれ1.1 法人成りと税金についてのメリットとデメリット1.1.1 メリット1.1.2 デメリット1.2 資本金の決め方1.3 事業年度の決め方1.4 在庫などの引継ぎ1.5 現物出資と課税2 登記申請のご相談2.1 知識ページ一覧   会社の設立とあれこれ ...

ReadMore

会社の機関設計見直しのすすめ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 こちらは、平成18年5月以前に設立された、歴史のある会社様向けの記事です。   目次1 会社の機関設計を見直しましょう1.1 平成18年に商法や有限会社法が会社法になりました1.2 会社法施行によって変わったこと1.2.1 取締役1.2.2 監査役1.2.3 取締役会の設置1.2.4 役員の任期1.2.5 最低資本金の額1.2.6 株券の発行1.2.7 まとめ2 なぜ会社の機関設計を見直しが必要なのか2.1 1.名目取締役、名目監査 ...

ReadMore

合同会社の社員とは?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事では、合同会社の社員について、解説しています。 目次1 合同会社の社員とは?1.1 合同会社の社員とは?1.1.1 間接有限責任社員とは?1.2 社員の種類?1.2.1 業務責任社員の責任とは?1.2.2 代表社員は誰がなるのか?2 登記申請のご相談2.1 知識ページ一覧     合同会社の社員とは?   合同会社の社員とは? 会社法で定める会社のうち、持分会社(合名・合資・合同会社)の出資者のことを指し ...

ReadMore

成年後見制度とは?後見・保佐・補助の違いについて解説

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事では、成年後見制度について、民法の条文とともに解説していきます。ご自由にご覧ください。(令和4年4月時点)   目次1 成年後見制度とは?1.0.1 同意権とは?1.0.2 代理権とは?1.1 成年後見制度の類型1.2 後見人1.2.1 後見事務とは?1.3 保佐人1.4 補助人2 成年後見制度はいつ開始する?2.0.1 申立権者2.0.2 流れ2.0.3 誰が後見人(保佐人・補助人)になるのか?2.0.3.1 候補者を親族 ...

ReadMore

株主名簿とは?記載事項やその保管方法について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事では、会社の株主名簿について、条文とともに解説していきます。ご自由にご覧ください。(令和4年4月時点) 目次1 株主名簿とは?記載事項やその保管方法について1.1 株主名簿とは?1.2 株主名簿の記載事項とは?1.3 株主からの株主名簿記載事項を記載した書面の交付請求又は電磁的記録の請求1.4 株主名簿の備置きと閲覧について1.5 株主名簿と基準日について1.6 株主名簿管理人とは?2 登記申請のご相談 株主名簿とは?記載事項やその保 ...

ReadMore

生活保護制度とは?全体像まとめ

  司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事は、生活保護制度ついて、備忘録としてまとめたものです。ご自由にご覧ください。   目次1 生活保護法1.1 生活保護の目的1.2 保護の原則1.3 保護の種類1.3.1 1.生活扶助1.3.2 2.教育扶助1.3.3 3.住宅扶助1.3.4 4.医療扶助1.3.5 5.介護扶助1.3.6 6.出産扶助1.3.7 7.生業扶助1.3.8 8.葬祭扶助1.4 それぞれの保護の方法1.5 実施機関1.6 申請による保 ...

ReadMore

 

HOME

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

司法書士・行政書士 廣澤真太郎

【あなたのご自宅で、事前に明瞭な見積りを致します】 「報酬基準がわかりづらい」「事務所訪問の敷居が高い」このような依頼者様の声にお応えし、当事務所では本職自ら出張事前見積もりを実施しております。ぜひ、お気軽に一度ご相談ください。

-相続・相続放棄, 記事一覧, 遺言書

Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2022 All Rights Reserved.