遺言書作成サポートのご依頼

       

ご自宅に出張事前見積りに伺い、スピーディに起案、作成サポートを致します。

 

 

どのようなことでお悩みですか?

✅ 遺言作成を急ぎたい
✅ 自分で作って後で無効になるのを防ぎたい
✅ 内容の法的なチェックをしてほしい 
✅ 相続トラブルを事前に防ぎたい
✅ 意向に沿った内容にするためにアドバイスがほしい
✅ 公正証書作成のスケジューリングや打ち合わせをすべてやってほしい…

 

 

遺言書起案のお悩み司法書士にお任せください!

 

 

 

司法書士に手続きをご依頼になった場合のメリット

✅ 必要な書類は代行取得するので、余計な手間がかかりません
✅ 司法書士が公証人と打ち合わせするため、スピーディに公正証書作成が可能
✅ 遺言書が無効になることを防ぐことができる
✅ いざというときに遺言書が手続きに使用できない!という事態を防げる
✅ 遺留分、遺言執行者、予備的遺言、付言事項など専門的で具体的な提案を聞ける
✅ 遺言作成により避けられるリスクを網羅的にカバーできます。
✅ その他必要なアドバイスを聞く事ができます。

 

 

 

お客様の声 

※お客様アンケートのうち、掲載許可をいただいたものを一部抜粋して記載しております。写真はイメージです。

50代 男性 登記手続きの代理 評価:
費用も明瞭で安心してお任せできました。
また、関係手続きについてもアドバイスいただき、費用サービスで対応して頂き感謝しております。


50代 男性 登記手続きの代理 評価:
とても迅速に処理していただけたところが良かったです。また、安心の料金提示でした。

60代 女性 登記手続きの代理 評価:
迅速に対応していただき、事務処理後の税務関係(※申告の必要性)までアドバイスをいただいてとても助かりました。

 

 

 

 

☏050-5806-6934

最初から最後まで任せて安心
ご自宅への出張事前見積り実施中
スピード対応!書類作成からまとめてお任せ!

電話で事前相談・お見積はこちらをクリック
横浜市瀬谷区のオアシス司法書士事務所

 

 

 

 

遺言作成サポート

「家族が自分が死んだ後も安心して生活できるようにしておきたい。」

「自分の相続の事で家族同士トラブルになることを避けたい」

 

このような想いを実現するためには遺言が有効です。  

ただし、遺言書は書き方をまちがえると無効となってしまう事があります。

 

無効になるという事は、遺言を使用して相続手続きが進められないという事ですから、遺言がメモ書きと同じようなものになってしまうということです。

また、遺言内容や作成したときの状況によっては、遺言書がむしろ存在することでトラブルのもとになってしまうという事もあります。  

 

そのため、その作成に司法書士が関与することで、より有効性が担保でき、さらにご家族の不信感などもあわせて防ぐことができます。    

 

 

遺言を残しておくべき場合の典型例をまとめました

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。   昨今、遺言の必要性が叫ばれ、公正証書遺言作成などは増加傾向にあります。   あなたが遺言を残しておくべきかどうかの判断材料 ...

続きを見る

 

 

 

 

ご依頼の流れ

step
1
まずはお問い合わせ

step
2
ご自宅等に駆けつけ見積り後、ご納得いただいてからのご依頼

step
遺言に記載する財産や内容の確認

step
4
文案を作成・公証人と当事務所でやり取り

step
5
(a)自筆証書遺言作成及び内容のリーガルチェック

step
5
(b)公正証書遺言を作成

公証役場の予約がとれれば公正証書遺言は2~3週間で作成が可能です。      

 

 

遺言作成に関するお悩みは

司法書士がスムーズに解決致します💡

 

 

 

必要物(参考)

必要物  
財産を譲り受ける人

戸籍謄本(相続人の場合)
住民票(相続人以外の人に財産を譲り渡す場合)

遺言者 印鑑証明書(遺言書作成日から3か月以内のもの)
遺言記載の不動産にかかわる資料一式(固定資産税納税通知書又は評価証明書、登記簿謄本、権利書)
遺言記載の金融機関にかかわる資料一式(通帳の写し(表紙、見開き一ページ、残高部分)、証券取引報告書等)

※公的書類は当事務所で代わりに取得することができます。(1通 税込1100円)
※上記はあくまで参考です。案件ごとに異なりますので、ご依頼後正式に書面又はPDFでご案内致します。      

 

 

 

 

報酬・費用

公正証書遺言作成サポート 報酬円~

司法書士 廣澤真太郎
案件により報酬費用は変動しますので、まずは事前の見積りをご依頼ください。 事前の見積りにご納得いただけなければご依頼いただかなくても構いません。

 

 

 

 

 

 

 

よくある質問

 

報酬・費用目安はどれくらいですか

当事務所の報酬が6~15万円、公正役場の手数料が5~11万円(出張対応の場合は1.5倍)です。

他事務所の相場(高額なところだと数百万円)を考えると比較的リーズナブルにサービスをご提供しております。

遺言作成にかかる費用と相談先を比較してみました。

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 遺言を作成する場合の費用感や、相談先ごとの報酬目安、相談先の選び方もご紹介しますので業者選びの際に参考になさってください。   目次1 ...

続きを見る

 

 

遺言を残すべきなのはどんな時ですか?私も残しておくべきでしょうか。

遺言はご家族の将来の安心を守るため、さまざまなケースで重宝されますが、 遺言者様が亡くなった後の手続面では必要物が少なくなり、後の手続きがかなり楽になります。

あって得はあっても損はありません(ただし、公正証書遺言)。「作成しておくにこしたことはない」ものだとお考えいただくと良いと思います。

遺言を残しておくべき場合の典型例をまとめました

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。   昨今、遺言の必要性が叫ばれ、公正証書遺言作成などは増加傾向にあります。   あなたが遺言を残しておくべきかどうかの判断材料 ...

続きを見る

 

 

遺言は公正証書でないと効力はないのでしょうか

効力はあります。 ただし、書き方を間違えたり要式を間違えたりすると無効になったり裁判沙汰になったりすることがあるので、ご自分での作成は慎重に行う必要があります。

また、作成する目的を考えると、できる限り公正証書遺言で作成されることをおすすめします。    

 

 

遺言書はどんなときに無効になるのか?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。   この記事では、なぜ、弁護士・司法書士等の専門家が遺言書の作成を推奨しつつも、必ずその内容については一度誰かに見てもらうようにとアドバイスしているのかについて、 その理由を詳しく記載してみたいと思います。   目次1 なぜ、遺言書起案については司法書士に任せるべきなのか?1.1 無効になるのを防ぐため1.2 後々予想されるトラブルを防ぐため1.3 相続人に負担をかけないため1.4 公正証書で作成する場合でも、一度、司法書 ...

ReadMore

不動産の記載漏れが多発している!?法律文書作成時の注意点

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 様々な手続きのために法律文書をご準備いただいた際、不動産の記載が抜けていたり誤っているケースが多発しております。 そこで、この記事では不動産が絡む法律文書を作成する場合の注意点について解説します。   目次1 法律文書への不動産の記載誤り・記載漏れが多発している!?1.1 不動産の記載ミスがあるとどうなるのか?1.1.1 1.調書等への不動産記載ミス1.1.2 2.遺言書への不動産記載ミス1.1.3 3.その他 契約書や協議書への不 ...

ReadMore

相続法改正後の遺留分について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 今更ながら、相続法改正後の遺留分制度について、備忘録としてあらためて知識を整理した記事です。 少しマニアックな知識なので、上級者向けの記事になります。   目次1 遺留分とは1.1 遺留分制度の改正前と改正後の違い1.1.1 支払う資力がない時はどうする?1.2 改正法が適用されるタイミング1.3 遺留分侵害額の計算方法の復習1.3.1 A 遺留分の額1.3.2 a 財産の価額1.3.3 α 生前贈与についての整理1.4 メールで事前相談実施 ...

ReadMore

絶対に必要!?子供がいない夫婦と遺言書について【簡単作成】

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。   最近は子供を持たない夫婦(DINKs)という生き方も広まってきてますが、子供のいないご夫婦であれば、何かあった時のために遺言書は必ず残しておくべきです。   この記事をご覧いただければ、なぜ専門家が執拗に遺言の重要性をお話するのかがわかりますし、作成しておくべきだということがご理解いただけると思います。       目次1 子供のいない夫婦には遺言作成が必須!?1.1 遺言がないと、自分たちで築いた ...

ReadMore

no image

遺言書を発見したら?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 公正証書遺言を亡くなった方が残されている場合には問題ありませんが、 自筆証書遺言を亡くなった方が残されている場合には、家庭裁判所において検認手続という特殊な手続きが必要になります。 目次1 自筆証書遺言書を見つけたら…2 遺言書を開封してしまったら?3 遺言書の内容に手を加えたり隠したりすると?4 遺言書を発見したらとるべき行動5 関連ページ テレビドラマなどで親族全員が集まり、遺言書を開封するシーンを見たことのある方も多いと思います。 しかし、ドラマ ...

ReadMore

エンディングノートと遺言書についてわかりやすく解説します

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 エンディングノートと遺言書、似ているようでその違いがよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで、遺言書とエンディングノートの違いを表にまとめておきました。 目次1 エンディングノートサンプル2 エンディングノートに書いておくと良い事3 関連ページ 遺言書 エンディングノート 書き方に法律上の決まりはあるか あり (書き方を間違えると無効) なし (自由に書いてよい) 法的な効力はあるか あり (遺言内容に基づいて相続手続きが可能 ...

ReadMore

モメない遺言の書き方とモメる遺言の例示

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 うちの家族には遺産がないから関係ないとお思いでしょうか。相続人の話し合いがまとまらず、遺産分割事件(裁判所を交えての話し合い)となった割合は、遺産の額が5000万円以下のご家庭が約8割です。 そこで、この記事では相続でもめないことに焦点を絞った「遺言の記載」について例示しておきます。ご自分で遺言を作成される場合に参考になさってください。   目次0.1 この記事の信用性1 遺言の残し方によって、モメる原因1.1 モメる原因①:遺留分を侵害した ...

ReadMore

遺言の撤回について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 遺言を作成した後で、内容を変更したくなったり、撤回したくなったりすることは当然ありえます。 そんなときにどうやって遺言の内容を撤回すればいいのかについて記載しておきたいと思います。 目次1 遺言を撤回することはできるか2 遺言の撤回はどうやるのか3 撤回されたものとみなされる法定撤回3.1 抵触した場合の遺言の効果3.2 注意点4 遺言の撤回の撤回5 根拠条文6 関連ページ   遺言を撤回することはできるか 「遺言者は、いつでも、遺言の方式に ...

ReadMore

遺言執行者とは【わかりやすく解説】

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 遺言に定めることの多い遺言執行者とはどのような地位なのかを、この記事では解説しています。 目次1 遺言執行者とは2 遺言執行者がいる場合のメリット3 遺言執行者に選任されたが就任をためらっている…4 遺言執行者に就任した後で他の人に委任することはできるか4.0.1 2019年7月1日以前に作成された遺言の場合4.0.2 2019年7月1日以降に作成された遺言書の場合5 遺言執行者がしなければならないこと6 行方の知れない相続人もいるのですが…7 関連ペ ...

ReadMore

遺言書の記載内容のうち、財産の書き方を解説します。

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 「遺言書が無効になる」 「遺言書があったがためにむしろトラブルになった」 そんな話を聞いて遺言書の作成に不安のある方もいるのではないでしょうか。 このページでは、遺言作成方法を選択し、遺言事項のうち何を書くのか決めて、実際に遺言書を書いていく段階で立ちはだかる壁である、「財産の書き方」というコアな部分を例示しておきます。 目次0.1 この記事の信用性1 財産の書き方まとめ1.1 一切の財産1.2 預貯金1.2.0.1 銀行ごとに分けるとき1.2.0.2 ...

ReadMore

当事務所の特徴

安心の
スピード・レスポンス

出張事前見積り無料

お問合せフォームから
24時間受付可能

関東圏ならどこにでも出張



メールで事前見積り可能

親切丁寧なご対応

 

 

お客様への5つのお約束

✅ スピード対応により1日でも早い手続完了を目指します

✅ 手続きの流れの組み立てから法務局や公証役場とのやりとり、書類準備、申請にいたるまで手続全体のサポートを致します

✅ 「公平かつ誠実」に「親切丁寧」な対応を致します

✅ 必ず報酬以上の便利なサービスをご提供します

 小さな疑問にもお客様目線全力でお応えします

 

 

 

 

まずは一度メール又はお電話ください

ご依頼前に事前相談・見積もりを致します。

※相見積もりをご検討の場合は事前にお知らせください。

 

 

 

☏050-5806-6934

お電話はコチラから

電話でお問合せの際は、WEBを見たとお伝えください。WEB経由の特別価格で見積り致します。

 

 

こちらのフォームから24時間予約受付、ご相談が可能です

    メールアドレス(お間違いのないようご注意ください)

    ご要件(例 名義変更の件)

    スパム防止のためのクイズ

    ↑↑

    クリックで送信!

    メールが正しく送られている場合、自動送信メールが届きます。もし届かない場合にはアドレスが間違っているか、受信拒否設定なっていることがございます。その場合、別のメールアドレスでお試しください。
    ※「@oasis-lawoffice.com」のドメイン拒否をあらかじめ解除していただきますようお願い申し上げます。

     

     

     

    関連ページ

    公正証書遺言とは?

    司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 遺言を残すことをお考えであれば、公正証書遺言による事を強く推奨します。 自筆証書遺言ですと後々トラブルの火種になることもありますし、遺言が後から見 ...

    続きを見る

    モメない遺言の書き方とモメる遺言の例示

    司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 うちの家族には遺産がないから関係ないとお思いでしょうか。相続人の話し合いがまとまらず、遺産分割事件(裁判所を交えての話し合い)となった割合は、遺産 ...

    続きを見る

    これだけは知っておきたい。遺言書に記載すると法的な効果のある事項

    司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 そもそも遺言には何を記載するのかわからない方向けの記事です。 遺言に何を記載すべきなのかの判断のために、参考にしてください。 目次1 遺言に記載す ...

    続きを見る

     

    更に詳しく知りたい方は、サイドメニューから知識一覧をご覧下さい。携帯の方はページ下部までスクロールをお願いします。

    HOME    

    ☏050-5806-6934

    最初から最後まで任せて安心
    ご自宅への出張事前見積り実施中
    スピード対応!書類作成からまとめてお任せ!

    電話で事前相談・お見積はこちらをクリック
    横浜市瀬谷区のオアシス司法書士事務所

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    司法書士・行政書士 廣澤真太郎

    【あなたのご自宅で、事前に明瞭な見積りを致します】 「報酬基準がわかりづらい」「事務所訪問の敷居が高い」このような依頼者様の声にお応えし、当事務所では本職自ら出張事前見積もりを実施しております。ぜひ、お気軽に一度ご相談ください。

    Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2022 All Rights Reserved.