財産分与の流れについてわかりやすく解説

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士の廣澤です。

財産分与の基本がわかってきたら、次は実際に財産分与を行う流れについて知っておきましょう。この記事を見ると、離婚時の財産分与の全体像をイメージすることができます。

 

 

 

 

離婚時には、5つのお金のことについて話し合っておく必要があります。

1.婚姻費用

2.慰謝料

3.財産分与

4.年金分割

5.養育費 

 

このうち、財産分与の話し合い流れについてわかりやすく解説したいと思います。

 

 

 

財産分与の流れ

 

財産分与の流れの大枠は次のとおりです

1.財産となる物をリストアップ

2.財産額が確認できる資料を準備

3.リストに金額記入して分与額計算

4.財産にローン返済中の不動産が含まれるときは金融機関に相談する

5.財産の総額がだいたい1:1になるよう話し合いをする

6.話し合いがまとまったら離婚協議書を作る

7.財産を移転する。不動産については離婚後に名義変更を行う

 

 

 

1.財産となる物をリストアップ

まずは財産分与の対象物をリストアップしていきます。

 

財産分与の対象物

夫婦が婚姻時に協力して形成したと思われる財産全てです。

 

✅ 財産分与対象財産

プラスの財産

・不動産
・現金
・預貯金、定期預金
・有価証券
・自動車
・生命保険の返戻金
・貴金属
・退職金

マイナスの財産 

・住宅ローン
・その他、自動車、教育ローンなどの借金

 

✅ 対象にならない財産

・相続により取得した財産
・婚姻する前から元々持っていた財産
・一方の親が買ってくれた財産
・別居中に作った財産
・結婚指輪など

 

 

 

2.財産額が確認できる資料を準備

 

不動産

不動産の評価にはいろいろな方法がありますが、どの評価基準を利用しても構いません。

ただし、高い安いでお互いの損得に影響するので、じっくり検討してみるのが良いと思います。

 

✅ 評価証明書

固定資産税の計算をする際の元となる評価額を財産額の基準としたい場合にはこちらを利用します。不動産所在地の市役所などで取得できます。

時価より安い場合が多いです。

 

✅ 査定に関する書類 (推奨)

不動産業者に査定を依頼して、実際の売却額の目安を参考にする場合はこちらを用意します。

不動産業者は媒介契約のために見積りが他と大きく違うということもあるので、複数の業者で一括査定をし、相場を知るというのも一つの方法です。

トラブルにはなりにくく手軽な評価の把握方法だと思います。

 

✅ 鑑定に関する書類

もめごとになるのを防ぐために、不動産鑑定士に鑑定してもらうという方法もあります。

こちらは数十万円の報酬が発生する代わりに、お互いが納得できる価格で不動産を評価することができます。

 

✅ インターネットで取引価格を調べて印刷(実勢価格や公示価格)

実勢価格というのは、これまでに近隣の類似物件が売れた価格のことで、インターネットで調べることができます。不動産取引価格情報検索

公示価格というのは、このあたりの土地を売るとしたらこれくらいという基準を国土交通省が定期的に公開しているもので、こちらもインターネットで調べることができます。国土交通省:地価公示

実勢価格などはあくまで過去のデータなのと、近隣だからといって同様の価格にはならないという点に注意が必要です。

 

金額のイメージとしてはほとんどの場合、時価≒実勢価格>公示価格>評価額という関係になります。

 

その他

✅ 預金・定期預金 … 通帳など

✅ 有価証券 … 取引報告書や時価をネット検索して印刷するなど

✅ 自動車  … 査定に関する書類

✅ 生命保険 … 保険の返戻金が計算できる契約書など 

✅ 貴金属  … 査定に関する書類 

✅ マイナスの財産 … ローンの返済計画書など

 

 

 

 

3.リストに金額記入して分与額計算

実際にリストアップした財産の金額を書き込んでいきましょう。

 

(イメージ)

 

夫の財産額 評価額
1.不動産(夫名義の不動産) 評価証明書の額
住宅ローン残額
20,000,000円
ー15,000,000円
2.預金 〇〇銀行 〇〇支店 〇〇〇〇〇〇
〇〇銀行 〇〇支店 〇〇〇〇〇〇
2,000,000円
1,000,000円
3.自動車 〇〇車 あ 〇〇ー〇〇 200,000円
4.退職金 3,000,000円

 

夫が持っている財産額 合計  ①  11,200,000円

 

妻の財産額 評価額
1.預金 〇〇銀行 〇〇支店 〇〇〇〇〇〇 2,000,000円
2.自動車 〇〇車 あ 〇〇ー〇〇 200,000円
3.生命保険返戻金 〇〇 生命保険 被保険者〇〇 1,000,000円

 

妻が持っている財産額 合計 ② 3,200,000円

 

 

 

4.財産にローン返済中の不動産が含まれるときは金融機関に相談する

住宅ローン返済中の不動産を金融機関の同意なく名義変更してしまうと、一括返済を求められてしまう事があります。

また、今後だれがどのように住宅ローンを負担するのか、保証人の地位や連帯債務者の地位はどうするのかという点などを決めなければなりませんから、

話し合いの前に金融機関にまずは相談しましょう。

 

 

 

5.財産の総額がだいたい1:1になるよう話し合いをする

 

より多く財産を持っている方が、財産が少ないもう一方に財産の一部を譲渡します

 

 

財産をリストアップして評価額を洗い出したらいよいよ話合いを始めます。

 

先の例だと両者が持っている財産の合計額は次のようになりましたね。

夫が持っている財産額 合計  ①  11,200,000円

妻が持っている財産額 合計  ②  3,200,000円

 

次に、分与額の計算は次のようになります。

( ①大きい方 ー ②少ない方 ) ÷ 2 

 

当てはめるとこうなります。

( ①11,200,000円 ー ②3,200,000円 ) ÷ 2 = 4,000,000円 

 

この400万円を、夫が妻に支払うことになるわけです。

 

分け合った後の二人の財産額はこうなります。

夫が持っている財産額 合計  ①  7,200,000円

妻が持っている財産額 合計  ②  7,200,000円

 

みごとに1:1になりましたね。

 

 

ただし、実際には一般的なご夫婦がここまで正確に計算するということはあまりないと思います。

 

財産分与には、清算的なものや慰謝料的なもの、また扶養的な意味合いのものなどを包めることができますので、

だいたい2分の1で分けるというのを目安にして、その他の一切の事情を考えたうえで、合意ができればそれで進めるというのが良いでしょうね。

 

 

財産のうち、不動産の分け方は難しい……!

 

財産分与時の不動産の考え方はややこしいです。不動産の財産分与は次のような方法に分かれます。

 

 

不動産の評価額 > 住宅ローン残額の場合

 

(1)不動産を売却し現金をわける

住宅ローンよりも売却額が上回る場合は、諸経費を聞いた金額を二人で分け合います。最もシンプルで遺恨の残らない方法です。

 

(2)不動産をどちらか一方の単独所有にして、不動産評価額の半額を一方に支払う又は評価額相当のものを渡す

不動産の評価額から住宅ローンの残額を控除した金額が財産分与対象の金額となります。

例えば、上記のケースでは夫が不動産の名義を持っていますが、不動産の評価額が1000万、残債が500万円なら500万円の2分の1である250万円を代償金として支払います。

特有財産(一方が頭金を支払っているような場合)は少し計算が異なりますが、その場合も公平になるように調整します。

 

(3)一方が所有権を持ち続けるが、使用権を設定して住み続ける 

金融機関の事情で名義変更ができないが、住み続けるのは所有者でない一方という場合にこのような扱いをすることがあります。

 

(4)共有とする

不動産を持分を決めて共有とします。後日、共有物分割を行うことにより、別々の不動産に分けることもできます。

 

 

不動産の評価額 < 住宅ローン残額の場合

 

(1)不動産をどちらか一方の単独所有にして、住宅ローンの残額をその所有者が全額引き受けする 

この場合の財産分与については、判例の立場が分かれているようですが、2つ計算方法があるようです。

① 不動産のローンを一括で返済できるほどの財産があるような場合で公平になるのであれば、他の財産との間で損失を通算する

② 逆に通算すると財産がマイナスになるような場合、マイナス分を通算をせずに不動産評価額をゼロとして一方が残りのローンもまとめて引き受ける(財産分与のリストから不動産については切り分けて(1)のとおり考えるということです。)

 

オーバーローンが、不動産以外の財産分与対象財産よりも多いケースでは、どちらかがマイナス分を支払うだけになるので不公平であり、それを防ごうとする趣旨のようです。

例えば、夫が100万円の預金、妻が50万円の預金を持っていて、夫が妻に1000万円の評価の不動産を譲るとして住宅ローン残額が1500万円とします。

先のリストの計算式に当てはめるとわかりますが、この場合の夫の財産額はー400万円となり、妻から分与してもらう立場になりそうです。

しかし、妻としては500万円支払って無価値(実質マイナス)である不動産を買ったのと同じであり、さらに追加で225万円を相手に支払うのは不公平であるという事になります。

 

よって、このように住宅ローン残額をその他の財産で賄えないようなケースでは、不動産と財産分与財産を切り分けて考えます。

つまりは、財産分与対象財産を150万円とし、夫は25万円を妻に支払います。不動産については引き取ることとした方が全額債務を引き受けて住み続けることになります。

両名が不動産を欲しがっているようなときには通算しない方法によるので構わないでしょう。

このように、(1)の方法による場合はしっかりと計算をして、不公平にならないように注意する必要があるでしょう。

 

(2)不動産を売却して住宅ローンの一部を返済し、残った部分は按分又は一括して返済する

売却しても残ってしまったローンをそれぞれの負担割合で引き受けて返済又はできるなら一括返済します。

 

 

 

6.話し合いがまとまったら離婚協議書を作る。

話し合いだけではトラブルのもとになりますから、財産分与協議の内容はそのほかの話し合いの結果とともに離婚協議書に書き残しておきましょう。

 

また、お互いの取り決めが実行されなかった場合に裁判沙汰になり、訴訟トラブルに発展しないためにも公正証書で作成しておくことをお勧めします。

当事務所ではその作成段階の起案やサポートも行っています。

 

公証役場に直接行けば作成だけならしてくれますが、話し合いをすべき内容についての提案まではしてくれないので、ご不明な点があればお気軽にご連絡ください。

 

 

 

7.財産を移転する。不動産については離婚後に名義変更を行う。

財産分与による不動産登記手続きは離婚後の手続きです

 

財産分与協議離婚前に行ったとしても、法律的な効力は早くて離婚時に発生します。

 

財産分与以外の話し合いもまとまって、公正証書作成したらお互いにその写しを保管し、役所に離婚届を提出して正式に離婚をします。

離婚後、不動産の登記手続きを依頼された司法書士が進めます。

 

離婚後、相手方の協力が得られそうにないことが予想されるときは離婚前に登記必要書類をすべて収集してから離婚届を提出していただくこともあります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

日本では、1割が調停離婚ですが、9割は協議による離婚です。

つまり、裁判所を交えずに役所に離婚届を提出することによって離婚する方がほとんどという事です。

 

裁判所を交えてないことから、多くのケースで財産分与やその他の話し合いがキチンと行われていなかったり、

離婚協議書も作成していないということが予想されます。

 

離婚して相当期間がたってから、養育費の事で調停を行ったり、財産分与協議の請求を行う事となれば、話し合いが難しかったりする場合も多いでしょうし、

何よりそのストレスは長期間にも及びますから、離婚時に全てしっかり話あっておくことをお勧めします。話し合いの内容を公正証書にしておくことも大切です。

 

また、財産分与は離婚後の手続ですが、財産分与請求は離婚後2年で相手方に請求できなくなってしまいますから、離婚時に不動産をもらい受けることとしたのであれば不動産の名義変更は早めに行うようにしましょう

 

両名で合意ができているのであれば2年経過後でも財産分与することは可能ですが、話し合い次第という不安定な状態になるからです。また、重要な税金の特例が使えなくなる可能性もあります。

 

財産分与についてお悩みの方に少しでも参考になれば幸いです。

 

知識ページ一覧

知識ページをご覧になりたい方はこちらから

会社の設立と税金のあれこれ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 税金は司法書士の専門分野ではないので、個人的な備忘録として税金面で見た会社設立の知識をまとめた記事です。ご自由にご覧下さい。     目次1 会社の設立とあれこれ1.1 法人成りと税金についてのメリットとデメリット1.1.1 メリット1.1.2 デメリット1.2 資本金の決め方1.3 事業年度の決め方1.4 在庫などの引継ぎ1.5 現物出資と課税2 登記申請のご相談2.1 知識ページ一覧   会社の設立とあれこれ ...

ReadMore

会社の機関設計見直しのすすめ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 こちらは、平成18年5月以前に設立された、歴史のある会社様向けの記事です。   目次1 会社の機関設計を見直しましょう1.1 平成18年に商法や有限会社法が会社法になりました1.2 会社法施行によって変わったこと1.2.1 取締役1.2.2 監査役1.2.3 取締役会の設置1.2.4 役員の任期1.2.5 最低資本金の額1.2.6 株券の発行1.2.7 まとめ2 なぜ会社の機関設計を見直しが必要なのか2.1 1.名目取締役、名目監査 ...

ReadMore

合同会社の社員とは?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事では、合同会社の社員について、解説しています。 目次1 合同会社の社員とは?1.1 合同会社の社員とは?1.1.1 間接有限責任社員とは?1.2 社員の種類?1.2.1 業務責任社員の責任とは?1.2.2 代表社員は誰がなるのか?2 登記申請のご相談2.1 知識ページ一覧     合同会社の社員とは?   合同会社の社員とは? 会社法で定める会社のうち、持分会社(合名・合資・合同会社)の出資者のことを指し ...

ReadMore

成年後見制度とは?後見・保佐・補助の違いについて解説

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事では、成年後見制度について、民法の条文とともに解説していきます。ご自由にご覧ください。(令和4年4月時点)   目次1 成年後見制度とは?1.0.1 同意権とは?1.0.2 代理権とは?1.1 成年後見制度の類型1.2 後見人1.2.1 後見事務とは?1.3 保佐人1.4 補助人2 成年後見制度はいつ開始する?2.0.1 申立権者2.0.2 流れ2.0.3 誰が後見人(保佐人・補助人)になるのか?2.0.3.1 候補者を親族 ...

ReadMore

株主名簿とは?記載事項やその保管方法について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事では、会社の株主名簿について、条文とともに解説していきます。ご自由にご覧ください。(令和4年4月時点) 目次1 株主名簿とは?記載事項やその保管方法について1.1 株主名簿とは?1.2 株主名簿の記載事項とは?1.3 株主からの株主名簿記載事項を記載した書面の交付請求又は電磁的記録の請求1.4 株主名簿の備置きと閲覧について1.5 株主名簿と基準日について1.6 株主名簿管理人とは?2 登記申請のご相談 株主名簿とは?記載事項やその保 ...

ReadMore

生活保護制度とは?全体像まとめ

  司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事は、生活保護制度ついて、備忘録としてまとめたものです。ご自由にご覧ください。   目次1 生活保護法1.1 生活保護の目的1.2 保護の原則1.3 保護の種類1.3.1 1.生活扶助1.3.2 2.教育扶助1.3.3 3.住宅扶助1.3.4 4.医療扶助1.3.5 5.介護扶助1.3.6 6.出産扶助1.3.7 7.生業扶助1.3.8 8.葬祭扶助1.4 それぞれの保護の方法1.5 実施機関1.6 申請による保 ...

ReadMore

相続人申告登記・相続登記の期限

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事は、令和6年から相続登記が義務化されることにより設けられる期限の考え方を備忘録としてまとめたものです。ご自由にご覧下さい。   目次1 相続登記の義務化1.1 令和6年4月1日以前に開始した相続についても適用されるか?1.2 登記申請の期限1.2.1 施行日前に開始した相続1.2.2 施行日後に発生した相続1.3 相続人申告登記(相続人である旨の申出等)1.4 個別具体的なケースごとの判断1.4.1 1.遺言がある場合1.4 ...

ReadMore

生活困窮者向けの制度・サービスについて

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事は生活困窮者向け制度、サービスについて、調査し備忘録としてまとめたものです。よろしければご覧ください。 目次1 法律に基づく支援制度1.1 相談先2 具体的な支援・助成等一覧2.1 生活保護2.2 児童手当・児童扶養手当・特別児童扶養手当・特別障害者手当等2.2.1 児童手当2.2.2 児童扶養手当2.2.3 特別児童扶養手当・特別障害者手当等2.3 母子父子寡婦福祉資金・その他給付金 (主にひとり親の方向け)2.3.1 母子父子寡婦 ...

ReadMore

準確定申告について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 聞かれることが多い質問なので、今回は相続開始時の準確定申告について記事にしてみました。 ここでは簡単な制度説明にとどめますので、具体的なアドバイスなどはお近くの税務署(国税庁電話相談センター)に直接電話で聞いてみてください。 目次0.1 準確定申告とは?0.2 確定申告の義務者とは?0.3 誰が申告するのか?0.4 申告時期はいつ?0.4.1 準確定申告0.4.2 確定損失申告0.4.3 還付等申告0.4.3.1 期限を過ぎてしまった場合のペ ...

ReadMore

高齢者施設・介護施設・障害者施設の種類

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事は、後見人就任時に考慮しなければならない福祉施設について、備忘録としてまとめたものです。 ご自由にご覧ください。(令和4年2月)   目次1 高齢者・介護施設の種類1.1 公的施設1.2 民間施設2 障害者施設の種類   高齢者・介護施設の種類   公的施設 特徴:全体として介護度の高い方や、低所得者を支援することに重点を置いている。費用が抑えられ、人気であるため入居待ちが長いことや娯楽などが少ないことが ...

ReadMore

 

HOME

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

司法書士・行政書士 廣澤真太郎

【あなたのご自宅で、事前に明瞭な見積りを致します】 「報酬基準がわかりづらい」「事務所訪問の敷居が高い」このような依頼者様の声にお応えし、当事務所では本職自ら出張事前見積もりを実施しております。ぜひ、お気軽に一度ご相談ください。

-記事一覧, 離婚・財産分与

Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2022 All Rights Reserved.