子供の養育に関する合意書(ダウンロード可)

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士の廣澤です。

離婚届を提出する際、未成年のお子様がいるご家庭では、当事務所では原則「公正証書による離婚協議書」の作成をお勧めしておりますが、

公正証書の作成はお二人で公証役場に出席しなければならないので抵抗がある方や、手数料をできる限り抑えたいというご事情もあるかと思います。

私文書での離婚協議書の作成も行わないといった場合には、作成は義務ではありませんが、お子様の将来のためも、最低限「子供の養育に関する合意書」を作成しておく事をお勧めします。

 

子供の養育に関する合意書とは

百聞は一見に如かずですので、こちら御覧ください。また、こちらをダウンロードしてそのままご利用ください。

引用 法務省:子供の養育に関する合意書

このように、お子様の養育費と、面会交流(一方の親がいつどこで何時間お子様と会う事ができるか)について取り決めするための合意書です。

 

養育費とは

子供を教育したり、育てていくために必要な費用の事を言います。
大原則は成人するまでですが、一般的に大学卒業までの医療費、教育費、生活費などがこれにあたります。

子の親には子供に自分と同程度の生活をさせる義務(生活保持義務)があり、
またその義務の程度は、たとえ親に余力がなくても負うべきとされています。
「最後に残された米一粒までも分かち合う義務」というように表現され、
自分が食うに困っていても、子供を支えていかなければならないという厳しい義務があるわけです。

 

面会交流とは

子供と離れて暮らしている一方の父や母と会って話をしたり遊んだりと、交流することを言います。
子供は両親の離婚という出来事により「自分が悪かったのではないか。自分が嫌いになってしまったのか」といった気持ちになることがあり、
「私たちはあなたの事が嫌いで離婚したんじゃないよ。」という気持ちを行動で伝えることのできる方法の一つになります。
そのため、お子様のより健やかな成長のためには大切な取り決めです。
面会交流を通して、子供は両親に愛されているという実感を得ることで、心の底に自信をもって人生を歩むことができます。

 

Q&A

必ず離婚に伴い合意書を用意をする必要はあるのか?

ありませんが、お子様のための両親の取り決めですからできる限り書面に約束事を残し、2通作成して双方で保管して後々の紛争を防ぎましょう。
お子様にとっては、両親が悪口を言い合ったり争っていること自体が最も精神衛生上よくないはずだからです。

当事務所では、継続的な支払いを要する養育費の取り決めがある場合、原則として「公正証書による離婚協議書」の作成を推奨しております。
合意書のみ残しておいた時に一方が養育費の支払いを怠った場合には、給与の差押えなどの前提として訴訟や支払督促などの裁判手続きを経る必要があります。
差押えは高度に専門的で複雑な手続きですし、弁護士への報酬も発生してしまい、費用面から断念する事にもなりかねません。
しかし、強制執行受諾文言が記載された公正証書を残しておけば、そのような手続きを経ることなくいきなり強制執行を行うことができるので、お子様の安心とその固い両親の約束を将来にわたって担保することができるからです。

合意がすでにできている、または相手も協力的で話合いが容易なのであれば、公正証書による離婚協議書の作成は司法書士にお任せください。

 

養育費はどのような基準で決めればよいか?

裁判所の養育費・婚姻費用の算定基準表を参考にすると良いかと思います。

裁判所:平成30年度司法研究(養育費,婚姻費用の算定に関する実証的研究)の報告について

計算例を挙げておきます。まずはPDFをご覧ください。

① 引用 裁判所 養育費・子2人表(第1子及び第2子0~14歳)

② 引用 裁判所:算定表の使い方

子供が両名とも14歳未満で、父母ともに会社員で、母が子供2名を引き取るケースで考えてみましょう。
この場合、父が義務者で母が権利者となります。

【前提】
父の年収 400万円 (源泉徴収票の「支払金額」)
母の年収 200万円

【養育費の目安】
月額4~6万円

この金額を目安とし、協議離婚であれば現実的で可能な範囲で養育費を定めるのが妥当という事になります。

参考:法務省パンフレット

 

関連ページ

財産分与の基本【わかりやすく解説】

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 離婚をするにあたり、「財産分与によって不動産を譲渡する」などというお話がありますが、そもそも財産分与とはなんなのかを知りたい方向けのページです。 ...

続きを見る

離婚とその相談先

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 離婚を行う場合には様々な手続きが必要になりますし、不安な点が多いのではないでしょうか。 離婚前後の相談先などを知っておくことで、後々の不安に備えて ...

続きを見る

離婚後の手続きチェックリスト【簡易版】

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 離婚後には様々な手続きが必要になりますので、下記簡易チェックリストを活用して手続きを一つずつ進めていきましょう。 具体的には身分にかかわるもの(免 ...

続きを見る

離婚時の話し合いチェックリスト

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 離婚時に必ず話合わなければならない事はそれほど多くはありません。 そこで、簡易版のチェックリストを作成しました。 目次1 基本事項2 子供がいる場 ...

続きを見る

財産分与による登記手続のご依頼

       離婚時の不動産手続をまとめてサポートします     ◆財産分与の方法について知りたい  ◆離婚時の手続きをスムーズに終わらせたい ◆できるだけ早くリーズナブルに済ませ ...

続きを見る

離婚協議書作成サポートのご依頼

    公正証書作成からマイホームの財産分与迄まとめてサポートします   ◆何を話し合っておくべきかわからない  ◆離婚時にキチンとした手続きをして精算しておきたい ◆子供の未来を優先して担 ...

続きを見る

 

更に詳しく知りたい方は、サイドメニューから知識一覧をご覧下さい。携帯の方はページ下部までスクロールをお願いします。

 

HOME

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表司法書士・行政書士 廣澤真太郎

神奈川県横浜市瀬谷区でかけつけ無料相談を実施している司法書士兼行政書士です。 ご自宅等に無料で事前相談に伺いますので、お気軽にご利用ください。

Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.