古い抵当権、休眠担保権の抹消について

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士の廣澤です。

登記簿に残っている昔から設定されている抵当権などの担保権をいかにして抹消するかというのは、実務では悩ましいところです。

この記事では、個人名義の古い担保権を抹消するために、どのような方法をとることができるかについて解説しています。

 

昔の抵当権が残っている

登記簿に残っている、古い抵当権などの担保権のことを、一般に休眠担保権と呼びます。

 

具体的には明治時代、大正時代、昭和初期等、戦前に設定された担保権や、担保権者が行方不明のため抹消できずに残存している担保権のことです。

 

担保権の抹消登記手続きは共同申請が原則ですから、担保権者である相手方の協力を得なければ登記手続きが行えないのですが、債権者が既に亡くなっているかどうかも分からず、相続人とも連絡を取る方法がないとなると、担保抹消が困難になります。

 

担保権が残ったままだと不動産を処分することができないので、いざ不動産を売却するときなどに困ることになるわけですね。

 

 

古い抵当権を消す方法

古い担保権を消す方法には、いくつか選択肢があります。(令和4年時点)

 

(1)担保権者を探しだして協力してもらい、登記申請する

原則的な方法です。担保権者と連絡が取れる場合は、担保抹消について協力を仰ぐことになります。

 

登記原因は解除にすると、担保権者が亡くなっているときに抵当権を相続人名義にする必要が出てくるでしょうから、時効消滅を登記原因とするのが一般的でしょう。

割賦払いの場合や期限の利益喪失について閉鎖登記簿に記載がある場合などは、法務局に登記原因日付を事前確認しておいた方が無難ですね。

相続が開始しているときは相続人調査のために戸籍収集を事前に行う必要があります。

 

(2)供託利用の特例を利用して、単独で登記申請する

休眠担保権の抹消の際の代表的な手続き方法です。根拠は条文に記載されています。

次の3つの要件をクリアできれば、単独で担保権を抹消する事ができます。

① 担保権者の所在が知れないこと

② 弁済期から20年経過していること

③ 被担保債権、利息、遅延損害金の全額を供託したこと

第七十条三項後段 第一項に規定する場合において、被担保債権の弁済期から二十年を経過し、かつ、その期間を経過した後に当該被担保債権、その利息及び債務不履行により生じた損害の全額に相当する金銭が供託されたときも、同様とする。

 

戦後の抵当権等、支払額が高額になる場合や、担保権者の相続人と連絡がとれるケース等では別の方法を検討する事となります。

また、譲渡担保権、仮登記担保権、買戻特約付き所有権でこの方法をとることはできません。

法務省:供託とは

 

(3)裁判所で除権決定を得て、単独で登記申請する

訴訟を経ていない場合は時効を根拠として申立てすることができず、下記(4)同様にほとんど利用されない方法ですので、説明は割愛します。

 

第七十条 登記権利者は、登記義務者の所在が知れないため登記義務者と共同して権利に関する登記の抹消を申請することができないときは、非訟事件手続法(平成二十三年法律第五十一号)第九十九条に規定する公示催告の申立てをすることができる。
2 前項の場合において、非訟事件手続法第百六条第一項に規定する除権決定があったときは、第六十条の規定にかかわらず、当該登記権利者は、単独で前項の登記の抹消を申請することができる。

 

 

(4)弁済証書等を利用して、単独で登記申請する

担保権者が行方不明である場合でも、債権が消滅したことを証する当時の債権証書や完全な弁済があったことの証明書が残っていれば、単独で登記申請を行う事ができます。

しかし、そんなものは通常残っていないので、あまり使用されない方法です。

 

第七十条三項前段 第一項に規定する場合において、登記権利者が先取特権、質権又は抵当権の被担保債権が消滅したことを証する情報として政令で定めるものを提供したときは、第六十条の規定にかかわらず、当該登記権利者は、単独でそれらの権利に関する登記の抹消を申請することができる。

 

 

(5)訴訟を行い、単独で登記申請する

担保権者や相続人が協力してくれない場合に、訴訟提起して判決により登記を行います。最も時間がかかる方法で、相手は誰かという点が悩みどころです。

 

 

(6)法人の場合は権限を承継している法人や清算人選任申立てを行い、協力を得て登記申請する

法人は登記簿が存在する限り、所在不明とはされないため、清算人の協力を仰いだり、清算人が全員死亡している場合などは裁判所で清算人を選任してもらった後、手続きを行うこととなります。

 

参考

昔の抵当権は個人名義が多い。

なぜなら、昔は個人の金貸しや親戚が抵当権を設定して個人に対してお金を貸すのが主流だったからだそう。

 

 

理想的な担保権者の調査方法

担保権者が自然人のケースですが、所在が不明であるという要件を厳格にとらえる説もあるようですので、理想としては次のような調査を行うことが推奨されています。

 

頑張って調査はしたが、それでもなお所在が知れなかったからこそ、上記の単独申請を行うというのが原則の取り扱いということですね。

とはいえ、抵当権を抹消するためにここまで調査をするというのは考えにくく、現実と理想に差があることでしょう。

 

1.担保権者やその相続人を親族などで知っている人がいるかどうか聞き取り

知っている場合は連絡を試み、手続き協力を仰ぎます。

 

2.市区町村で調査

不在住証明書は誰でも取れるので、市区町村で請求してみて、住民票がまだ残っているかを確認します。

 

3.現地調査

住所地の現地に担保権者の自宅があるかを確認します。また、近所で担保権者について聞き取りします。

 

4.民生委員へ調査依頼

民生委員を尋ねて、調査してもらいます。

 

5.警察へ調査依頼

警察を尋ねて、調査してもらいます。

 

6.受領催告書

受領催告書を送付して、届くかどうかを確認します。

 

司法書士への依頼

よく勘違いされますが、不動産の名義変更は行政書士や税理士ではなく、司法書士にご依頼ください。

当事務所の休眠担保抹消の報酬は大まかに次の通りです。

 

・通常の抵当権抹消 

1万5千円~ + 実費

・古い抵当権の抹消 供託利用の特例が使えるケース 

5万円~ + 実費

・古い抵当権の抹消 それ以外のケース 

要相談

 

知識ページ一覧

知識ページをご覧になりたい方はこちらから

会社登記の更正・抹消の登記

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です 会社の登記を行った際、名前の漢字や住所を間違えてしまった場合などに、更正の登記をすることができます。 この記事は、そんなマイナーな登記について記載したものです。 目次1 会社登記の更正・抹消登記1.1 登記の更正1.1.1 必要書類1.1.2 登記に必要な費用1.2 登記の抹消1.2.1 訴えをもってのみ主張できる場合とは?1.2.2 必要書類1.2.3 登記に必要な費用2 登記申請のご相談2.1 知識ページ一覧   会社登記の更正・抹消登記 ...

ReadMore

土地を国に帰属させる制度の新設(令和5年4月施行)

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 所有者のわからない土地の発生を予防する政策の一環として、令和5年4月から相続した土地を国に帰属させる制度が創設されますが、 現時点で公開されている情報の要点をまとめておきます。※後日、取り扱いが変更する可能性があります。 目次1 国庫帰属制度の概要1.1 申請できる人1.2 要件1.2.1 門前払いされる土地1.2.2 事案ごとに判断される土地1.3 審査の流れ1.4 負担金1.4.1 ① 宅地1.4.2 ② 田畑1.4.3 ③ 森林 1.4.4 ④  ...

ReadMore

昔の相続とその相続分まとめ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、民法が何度か改正されたことに伴う相続分の変化について備忘録としてまとめたものです。ご自由にご覧ください。 目次1 旧民法が適用される場合1.1 例外1.2 特徴2 応急措置法が適用される場合2.1 特徴2.2 相続分3 新民法①が適用される場合3.1 特徴3.2 相続分4 新民法②が適用される場合4.1 特徴4.2 相続分5 新民法③が適用される場合5.1 特徴5.2 相続分6 知識ページ一覧   旧民法が適用される場合 明治31 ...

ReadMore

会社の承継と譲渡制限株式の譲渡について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 会社を承継するために、役員変更及び会社の所有者である株主も一緒に変更したいというケースについて、記事にしてみようと思います。 目次1 まずは事前に専門家に相談1.1 税理士への相談1.2 行政書士への相談1.3 司法書士への相談1.4 外国投資家に該当する場合は財務省に確認2 役員の変更3 譲渡制限株式の譲渡3.1 譲渡の流れ3.1.1 譲渡を承認する場合3.1.2 譲渡を承認しない場合4 最後に5 登記申請のご相談5.1 知識ページ一覧   ...

ReadMore

忘れていませんか?抵当権、根抵当権の抹消登記

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 住宅ローンを完済し終えると、銀行から書類が届きますが、その中に登記書類が同封されていたことにお気付きでしょうか? 実務では、古い抵当権が残ったままになっているケースに遭遇することが非常に多いので、記事にまとめてみました。 目次1 自分で家の抵当権が残っているか確認する方法1.1 抵当権が残っている場合の記載1.2 抵当権が残っていない場合の記載2 抵当権は消さなければならないのか?2.1 抵当権を消さない場合はどうなるのか?3 抵当権抹消の費用負担は誰 ...

ReadMore

住所・氏名の変更登記の知識

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。   住所氏名の変更登記は、簡単なようでさまざまなバリエーションがあり、一つのミスが命取りになる登記です。 この記事は、備忘録としてよくあるパターンの取り扱いをまとめたものです。ご自由にご覧ください。 目次1 申請時の注意点1.1 大原則1.2 町名のみが変更1.3 区制施行1.4 住居表示実施1.5 受付年月日と住所変更日1.6 何度も住所移転1.7 過去の住所地への移転登記1.8 更正と変更1.9 共有者の住所変更1.10 表題部所有者の住 ...

ReadMore

遺言書の作成を司法書士に依頼するメリット

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事では、遺言書の作成をする際、司法書士に依頼して作成するというのは有効な手段の一つですが、 実際に司法書士にその作成を依頼することによってどんなメリットがあるかについて解説します。 目次0.1 遺言書の作成を司法書士に依頼するメリット0.1.1 法的トラブルの予防0.1.2 遺言の内容の有効性、正確性の担保0.1.3 遺産の正確な調査0.1.4 選択すべき遺言書の種類を決定0.1.5 証人の迅速な手配0.1.6 出張対応0.1.7 相続手続までま ...

ReadMore

古い仮処分、仮差押の抹消

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、古い保全命令の登記をいかにして抹消するかについて備忘録としてまとめたものです。   目次1 古い仮処分、仮差押の抹消1.1 仮処分、仮差押とは1.1.1 仮差押1.1.2 係争物に関する仮処分1.1.3 仮の地位を定める仮処分1.2 仮差押と仮処分の執行1.2.1 不動産の仮差押1.2.2 不動産の処分禁止の仮処分1.3 判決後の流れ1.4 どうやって古い仮差押・仮処分の登記を消すのか?1.4.1 1.取り下げてもらう方法1.4. ...

ReadMore

判決による登記手続き

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 不動産登記は原則として共同申請によりますが、登記手続訴訟等における判決がある場合は単独で行うことができるものとされています。 この記事は、この判決による登記を深堀し、備忘録としてまとめたものです。 目次1 判決による登記1.1 判決による登記と単独申請2 判決による登記手続の際の注意点2.1 判決主文2.2 登記手続訴訟における権利2.3 被告と原告2.4 訴額と司法書士が対応できる範囲3 古い登記の抹消登記3.1 裁判所を利用した抹消登記手続の流れ3 ...

ReadMore

特例有限会社について まとめ記事

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、特例有限会社の構造について備忘録としてまとめたものです。 特例有限会社の定義については、次の記事をご覧ください。特例有限会社とはなにか?オアシス司法書士・行政書士事務所 目次1 特例有限会社の特殊な取り扱い1.1 みなし規定まとめ1.2 定款のみなし規定まとめ1.3 申請できない登記1.4 株式会社との登記事項の違い1.5 株式会社との細かい違い1.5.1 1.少数株主の規定等は適用されない1.5.2 2.特別決議の要件が加重されている(総 ...

ReadMore

 

ご依頼はこちらから

抵当権抹消のご依頼

  全国対応!書類の郵送のみでスムーズにご自宅の担保を抹消します ※昭和初期の古い抵当権等の一定の場合を除きます     簡単!見積りはコチラ     ...

続きを見る

 

HOME

参考:休眠担保権に関する登記手続と法律実務―不動産登記法70条3項後段特例、清算人選任、公示催告・除権決定、抵当権抹消訴訟― 正影秀明

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

司法書士・行政書士 廣澤真太郎

【あなたのご自宅で、事前に明瞭な見積りを致します】 「報酬基準がわかりづらい」「事務所訪問の敷居が高い」このような依頼者様の声にお応えし、当事務所では本職自ら出張事前見積もりを実施しております。ぜひ、お気軽に一度ご相談ください。

-不動産登記・税金, 抵当権, 記事一覧

Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2023 All Rights Reserved.