会社設立から事業開始までに必要な手続き

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士の廣澤です。

この記事は、株式会社や合同会社の設立を検討されている方向けの記事です。

 

 

 

会社の設立、事業開始までの流れ

大枠では、次のような流れとなります。

 

(1)会社設立登記手続き 依頼可能な専門家:司法書士

①会社の基礎情報を決定する

②定款認証手続き

③資本金の払い込み

④会社設立登記申請

(2)会社設立後、事業開始までの手続き 

①各官庁へ届出を行う

②法人用の銀行口座開設

③必要に応じて、各士業と顧問契約の締結

(3)会社設立後に、会社の基礎情報に変更がある場合

①各官庁へ異動届出を行う

②法務局に登記申請を行う 依頼可能な専門家:司法書士

(4)その他、特殊なケース

①各官庁にたいする許認可取得申請

 

会社設立登記手続きについて

会社は登記をすることによって設立されます。よって、依頼先の専門家は司法書士となります。

司法書士にご依頼をいただいた場合は、すべてその場で案内を行いますので事前準備は不要ですが、具体的には次の事項をお考えいただきます。

① 商号

② 本店所在地 

③ 資本金の額 

④ 事業目的

⑤ 役員の任期

⑥ 事業年度

 

 

会社設立にかかる費用の目安

株式会社

費用
司法書士報酬(当事務所の場合) 8万8000円~
登録免許税(法務局に支払う税金) 15万円~(資本金の額×7/1000or15万円の高い方)
定款認証等手数料(公証役場に支払う手数料) 3~5.5万円
その他実費(送料、謄本代等) 数千円
総額 約30万円~

 

合同会社

費用
司法書士報酬(当事務所の場合) 6万8000円~
登録免許税(法務局に支払う税金) 6万円~(資本金の額×7/1000or6万円の高い方)
その他実費(送料、謄本代等) 数千円
総額 約15万円~

 

注意ポイント

昨今、一般事業者が合同会社設立を安易に推奨しておりますが、設立費用が安いからという理由で合同会社を選択することは推奨いたしかねます。

運営上特殊な取り扱いもあるため事業に支障をきたす恐れもありますし、とくに会社を拡大される可能性がある場合や対外的な信用力を得る目的が含まれる場合には、株式会社を選択されることを推奨します。

 

 

 

会社設立時の必要物

司法書士にご依頼をいただいた場合は、すべて面談時に案内を行いますので事前準備は不要ですが、具体的には次のものをご準備いただきます。

1.通帳の写し (①裏表紙②1ページ目③資本金入金ページ)

2.個人印鑑証明書 2部

3.会社実印

4.写真付身分証明書の写し(両面)

※会社設立時の発起人となる方のもの

 

 

 

会社設立登記完了後、事業開始

各官庁に届出が必要です。詳しくは会社設立後にお渡しする届出先リストをご覧ください。

 

届出先

1.税務署

2.都道府県事務所

3.市区町村役場

4.年金事務所

 

従業員を雇用した際の届出先

1.労働基準監督署

2.ハローワーク

 

法人口座開設

事業用口座を開設しましょう。

法人口座を作成することで、法人名義のクレジットカードが利用できるなどしますから、経理がスムーズになります。

 

会社の基礎情報に変更がある場合

各官庁への届出や申請は、会社設立時以外にも、会社の基礎情報に変更がある度に、その都度必要になります。

 

具体的には、事業年度等の変更、納税地等の異動、資本金額等の異動、商号又は名称の変更、代表者の変更(住所変更含む)、事業目的の変更、会社の合併、会社の分割による事業の譲渡若しくは譲受け、法人区分の変更等、都度各官庁へ異動届を提出及び登記申請を行う必要があることにご注意ください。

 

登記申請義務を怠った場合には過料(100万円以下)による制裁もございますので、詳しくは会社設立時に司法書士にお尋ねください。

 

登記申請義務とその過料について:オアシス司法書士・行政書士事務所

 

 

 

会社設立のメリットデメリット

一般的には、純利益が一定の金額を超えたあたりから、会社設立にメリットがあると言われています。

ここでは、個人事業主と比較した際のメリットとデメリットを羅列します。

 

デメリット

・赤字でも法人税が発生する

・社会保険加入が必要

・消費税課税事業者になる

・事務負担が増加し、運営に様々な費用や手間がかかる

 

メリット

・信用を得られやすい

・節税になる場合がある

・融資を受けやすい

・事業年度を自由に決められる

・役員個人の責任が軽減される

・事業承継がしやすい

 

 

会社設立登記手続きのご相談

商業(会社・法人)登記のご依頼

  郵送・メール・電話のみで手続き可能です ※会社設立などの一部業務を除く   会社・法人登記とは、会社や法人の名称や所在地、役員などの取引上重要な一定の事項を法務局のコンピュータ ...

続きを見る

 

知識ページ一覧

知識ページをご覧になりたい方はこちらから

会社設立から事業開始までに必要な手続き

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、株式会社や合同会社の設立を検討されている方向けの記事です。     目次1 会社の設立、事業開始までの流れ1.1 会社設立登記手続きについて1.2 会社設立にかかる費用の目安1.2.1 株式会社1.2.2 合同会社1.3 会社設立時の必要物1.4 会社設立登記完了後、事業開始1.4.1 届出先1.4.2 従業員を雇用した際の届出先1.4.3 法人口座開設1.4.4 会社の基礎情報に変更がある場合1.5 会社設立のメリット ...

ReadMore

遺言書のメリット・デメリット 残しておくべきケースまとめ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 ご存知の方も多いと思いますが、遺言の作成数は増加傾向にあります。 この記事では、とくに遺言書を残しておくべき典型例をご紹介してますので、判断材料としてご参考になさってください。   目次1 遺言書とは?1.1 遺言の作成件数 1.1.1 公正証書遺言1.1.2 自筆証書遺言の検認件数1.2 遺言書のメリット・デメリット1.2.1 デメリット1.2.2 メリット1.2.3 遺言書の記載事項2 遺言書を残しておいたほうがいいケース2.1 1.子供 ...

ReadMore

遺言信託とは?メリットとデメリット

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 「遺言信託」という言葉を耳にする機会が増えましたね。「遺言信託」とは、公正証書遺言を信託銀行が預かってくれるサービスのことです。 この記事では、この「遺言信託」について専門家の視点から解説していきます。 目次1 遺言信託とは1.1 実際の利用者数1.2 信託銀行が行う事1.3 遺言信託(公正証書遺言書の作成)のメリット・デメリット1.3.1 メリット1.3.2 デメリット1.4 信託銀行に依頼するメリット・デメリット1.4.1 メリット1.4.2 デメ ...

ReadMore

不動産の譲渡と贈与税

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。    この記事は、不動産を贈与した場合にも課税される贈与税について備忘録として記載したものです。 贈与税はとくに高額になることが多く、実務においては見逃してはならない気をつかう税金のひとつです。 目次1 贈与税とは1.1 1.暦年課税1.1.1 不動産の贈与の場合 1.1.2 速算表1.1.3 みなし贈与財産の例 1.1.4 非課税財産の例1.2 2.相続時精算課税 1.2.1 基礎控除110万円について1.3 納税方法1.3.1 ...

ReadMore

家の名義変更をするには?いくらかかる?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、家の名義変更をお考えの方向けの記事です。 目次1 家の名義変更とは?1.1 家の名義変更はどこにする?1.2 家の名義変更が必要なのはどんなとき?1.3 家の名義変更はいつまでにすればいい?1.4 家の名義変更をしない場合はどうなるのか?1.5 固定資産税の名義変更とは違うのか?1.6 家の名義変更には、どれくらいの期間がかかる?1.7 家の名義変更には、いくらかかる?1.8 登録免許税(登記にかかる税金)1.8.1 妻(又は夫)から夫(又 ...

ReadMore

会社登記の義務とその過料について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 株式会社や合同会社には、定期的に登記を行う義務があります。 この記事は、司法書士に「この登記をすると、代表者個人に過料が課されますよ」と注意されて詳しく知っておきたいという方や、裁判所から過料決定が届いた方、また今後、過料を防ぎたい方向けの記事です。 目次1 会社登記の義務とその過料について1.1 なぜ、会社登記や役員選任を怠ったことで過料が課されるのか?1.2 過料とはなにか?1.3 過料の額1.4 どうやって過料を免れるのか?1.4.1 過料決定を ...

ReadMore

遺産相続手続きの全体スケジュール オリジナル版

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 遺産の相続手続きは法的知識が必要なうえ、不慣れな手続きを大量に処理する必要があるため、ご不安な方も多いのではないでしょうか。 この記事では、相続手続きの全体像を解説しています。   目次1 相続手続きの流れ、全体像1.1 1.役所の届出、光熱費、契約先の名義変更などを行う1.2 2.借金を調査する1.3 3.だいたいの財産総額を確認する1.4 4.相続人か否かの簡易確認1.4.1 亡くなった方に配偶者と子供がいる場合の相続人1.4.2 亡くな ...

ReadMore

会社の設立と税金のあれこれ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 税金は司法書士の専門分野ではないので、個人的な備忘録として税金面で見た会社設立の知識をまとめた記事です。ご自由にご覧下さい。     目次1 会社の設立とあれこれ1.1 法人成りと税金についてのメリットとデメリット1.1.1 メリット1.1.2 デメリット1.2 資本金の決め方1.3 事業年度の決め方1.4 在庫などの引継ぎ1.5 現物出資と課税2 登記申請のご相談2.1 知識ページ一覧   会社の設立とあれこれ ...

ReadMore

会社の機関設計見直しのすすめ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 こちらは、平成18年5月以前に設立された、歴史のある会社様向けの記事です。   目次1 会社の機関設計を見直しましょう1.1 平成18年に商法や有限会社法が会社法になりました1.2 会社法施行によって変わったこと1.2.1 取締役1.2.2 監査役1.2.3 取締役会の設置1.2.4 役員の任期1.2.5 最低資本金の額1.2.6 株券の発行1.2.7 まとめ2 なぜ会社の機関設計を見直しが必要なのか2.1 1.名目取締役、名目監査 ...

ReadMore

合同会社の社員とは?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 この記事では、合同会社の社員について、解説しています。 目次1 合同会社の社員とは?1.1 合同会社の社員とは?1.1.1 間接有限責任社員とは?1.2 社員の種類?1.2.1 業務責任社員の責任とは?1.2.2 代表社員は誰がなるのか?2 登記申請のご相談2.1 知識ページ一覧     合同会社の社員とは?   合同会社の社員とは? 会社法で定める会社のうち、持分会社(合名・合資・合同会社)の出資者のことを指し ...

ReadMore

 

HOME

会社法

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

司法書士・行政書士 廣澤真太郎

【あなたのご自宅で、事前に明瞭な見積りを致します】 「報酬基準がわかりづらい」「事務所訪問の敷居が高い」このような依頼者様の声にお応えし、当事務所では本職自ら出張事前見積もりを実施しております。ぜひ、お気軽に一度ご相談ください。

-会社登記・法務, 記事一覧

Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2022 All Rights Reserved.