相続税とは?

相続税とは

相続税は、個人が被相続人(亡くなられた人のことをいいます。)から相続などによって財産を取得した場合に、その取得した財産に課される税金です。引用:国税庁

相続税のあらまし:国税庁

 

注意

相続税は納税義務のある人が自ら計算して申告し、納税する必要があり、遅れると延滞税や無申告加算税が発生するため注意が必要です。

 

 

いつ、誰が払うのか?

相続人となる人(遺言の受贈者含む)です。

 

 

 

相続税の申告が必要かどうかの判定

相続税のポイントは、下記計算表の中で「各人の課税価格の合計額」が基礎控除の範囲内であれば、申告も、納税も不要だという点です。

 

① 「各人の課税価格の合計額」 ー 「基礎控除(3000万円+法定相続人の数×600万円)」= 課税される遺産総額
② 課税される遺産総額 × 各法定相続人の「法定相続分」 × 各法定相続人の税率「速算表」参照 = 各人の仮税額
③ 各人の仮税額の合計額(相続税総額) × 各人の課税価格/各人の課税価格の合計額(各相続人の按分割合) =各相続人の税額
④ 各相続人の税額 - 「各種控除」 = 各人の相続税納付額
※「各人の課税価格」の計算方法はこちら

 

【①のイメージ図】

 

 

相続税申告の要否判定の方法

実際にご自分で基礎控除を超えるかどうかの判定を行いたい場合は、次のページが参考になります。

相続税の申告要否の簡易判定シート:国税庁

国税庁 相続税の申告要否判定コーナー:国税庁

 

税理士に依頼しようとお考えの方は、簡易判定シートで確認後、具体的な計算はお任せするのが良いでしょう。

※相続税申告は統計上8割が税理士による申告です。

 

 

相続税の申告方法

具体的な申告方法は、税理士や税務署にお聞きになるか、次のページでご確認ください。

相続税の申告のしかた:国税庁

相続税の計算:国税庁

 

【計算の流れイメージ図】

税率の速算表

  税率 控除額
1,000万円以下 10%
3,000万円以下 15% 50万円
5,000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1,700万円
3億円以下 45% 2,700万円
6億円以下 50% 4,200万円
6億円超 55% 7,200万円

「課税される遺産総額」を法定相続分で分けた場合の金額を、それぞれ上の表にあてはめていき、税率は相続人ごとに異なる計算方法によります。

(例)法定相続分によると、配偶者2,000万円・長男1000万円だとすると、それぞれ15%・10%で計算してから合算します。

 

 

各種の控除・特例

最重要な項目ですので、下記ページを直接ご覧いただくか、心配な場合は税理士に申告を依頼しましょう。

相続税は高額な税金ですので、制度利用するかしないかで、損益に大きく影響します。

相続税の計算と税額控除:国税庁

小規模宅地等の特例:国税庁

 

(控除・特例の種類)

・配偶者の税額の軽減

・未成年者の税額控除

・障害者の税額控除

・相次相続控除

・暦年課税分の贈与税額控除

・外国税額控除

・医療法人持分税額控除額

・小規模宅地等の特例

 

 

相続税額の2割加算

相続、遺贈や相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した人が、被相続人の一親等の血族(代襲相続人となった孫(直系卑属)を含みます。)および配偶者以外の人である場合には、その人の相続税額にその相続税額の2割に相当する金額が加算されます。ただし、相続時精算課税に係る贈与を受けている人で、かつ、相続開始の時までに被相続人との続柄に変更(養子縁組の解消等)がある場合は、計算が異なります。:国税庁

 

具体的には、相続税額を合算する前に、対象者の相続税額に20%を掛けたものを合算して計算します。被相続人の孫、姪や甥は一親等ではないので該当します。

 

 

10か月以内に遺産分割がまとまらない場合

上記のとおり取得する財産の額が決まっていなければ、「各人の課税価格」を算出することができません。しかし、10か月という短い期間の中では相続人間での話合いがまとまらないという事もあり得ますよね。 

この状態を「未分割」といいますが、この場合でも申告期間を延期することはできず、10か月の期間内に申告義務があることに変わりはありません。

 

そこで、いったん相続税申告をしておくという「未分割の申告」を行うという方法があります。民法の法定相続分や包括遺贈の割合により一旦課税価格をそれで算出して申告しておく事ができるのです。 

ただし、「未分割の申告」では、その後3年以内に遺産分割協議を行って再申告を行わなかった場合には、相続税申告で重要とされる一部の控除が使えなくなりますので、注意しましょう。

 

知識ページ一覧

知識ページをご覧になりたい方はこちらから

会社登記の更正・抹消の登記

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です 会社の登記を行った際、名前の漢字や住所を間違えてしまった場合などに、更正の登記をすることができます。 この記事は、そんなマイナーな登記について記載したものです。 目次1 会社登記の更正・抹消登記1.1 登記の更正1.1.1 必要書類1.1.2 登記に必要な費用1.2 登記の抹消1.2.1 訴えをもってのみ主張できる場合とは?1.2.2 必要書類1.2.3 登記に必要な費用2 登記申請のご相談2.1 知識ページ一覧   会社登記の更正・抹消登記 ...

ReadMore

土地を国に帰属させる制度の新設(令和5年4月施行)

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 所有者のわからない土地の発生を予防する政策の一環として、令和5年4月から相続した土地を国に帰属させる制度が創設されますが、 現時点で公開されている情報の要点をまとめておきます。※後日、取り扱いが変更する可能性があります。 目次1 国庫帰属制度の概要1.1 申請できる人1.2 要件1.2.1 門前払いされる土地1.2.2 事案ごとに判断される土地1.3 審査の流れ1.4 負担金1.4.1 ① 宅地1.4.2 ② 田畑1.4.3 ③ 森林 1.4.4 ④  ...

ReadMore

昔の相続とその相続分まとめ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、民法が何度か改正されたことに伴う相続分の変化について備忘録としてまとめたものです。ご自由にご覧ください。 目次1 旧民法が適用される場合1.1 例外1.2 特徴2 応急措置法が適用される場合2.1 特徴2.2 相続分3 新民法①が適用される場合3.1 特徴3.2 相続分4 新民法②が適用される場合4.1 特徴4.2 相続分5 新民法③が適用される場合5.1 特徴5.2 相続分6 知識ページ一覧   旧民法が適用される場合 明治31 ...

ReadMore

会社の承継と譲渡制限株式の譲渡について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 会社を承継するために、役員変更及び会社の所有者である株主も一緒に変更したいというケースについて、記事にしてみようと思います。 目次1 まずは事前に専門家に相談1.1 税理士への相談1.2 行政書士への相談1.3 司法書士への相談1.4 外国投資家に該当する場合は財務省に確認2 役員の変更3 譲渡制限株式の譲渡3.1 譲渡の流れ3.1.1 譲渡を承認する場合3.1.2 譲渡を承認しない場合4 最後に5 登記申請のご相談5.1 知識ページ一覧   ...

ReadMore

忘れていませんか?抵当権、根抵当権の抹消登記

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 住宅ローンを完済し終えると、銀行から書類が届きますが、その中に登記書類が同封されていたことにお気付きでしょうか? 実務では、古い抵当権が残ったままになっているケースに遭遇することが非常に多いので、記事にまとめてみました。 目次1 自分で家の抵当権が残っているか確認する方法1.1 抵当権が残っている場合の記載1.2 抵当権が残っていない場合の記載2 抵当権は消さなければならないのか?2.1 抵当権を消さない場合はどうなるのか?3 抵当権抹消の費用負担は誰 ...

ReadMore

住所・氏名の変更登記の知識

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。   住所氏名の変更登記は、簡単なようでさまざまなバリエーションがあり、一つのミスが命取りになる登記です。 この記事は、備忘録としてよくあるパターンの取り扱いをまとめたものです。ご自由にご覧ください。 目次1 申請時の注意点1.1 大原則1.2 町名のみが変更1.3 区制施行1.4 住居表示実施1.5 受付年月日と住所変更日1.6 何度も住所移転1.7 過去の住所地への移転登記1.8 更正と変更1.9 共有者の住所変更1.10 表題部所有者の住 ...

ReadMore

遺言書の作成を司法書士に依頼するメリット

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事では、遺言書の作成をする際、司法書士に依頼して作成するというのは有効な手段の一つですが、 実際に司法書士にその作成を依頼することによってどんなメリットがあるかについて解説します。 目次0.1 遺言書の作成を司法書士に依頼するメリット0.1.1 法的トラブルの予防0.1.2 遺言の内容の有効性、正確性の担保0.1.3 遺産の正確な調査0.1.4 選択すべき遺言書の種類を決定0.1.5 証人の迅速な手配0.1.6 出張対応0.1.7 相続手続までま ...

ReadMore

古い仮処分、仮差押の抹消

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、古い保全命令の登記をいかにして抹消するかについて備忘録としてまとめたものです。   目次1 古い仮処分、仮差押の抹消1.1 仮処分、仮差押とは1.1.1 仮差押1.1.2 係争物に関する仮処分1.1.3 仮の地位を定める仮処分1.2 仮差押と仮処分の執行1.2.1 不動産の仮差押1.2.2 不動産の処分禁止の仮処分1.3 判決後の流れ1.4 どうやって古い仮差押・仮処分の登記を消すのか?1.4.1 1.取り下げてもらう方法1.4. ...

ReadMore

判決による登記手続き

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 不動産登記は原則として共同申請によりますが、登記手続訴訟等における判決がある場合は単独で行うことができるものとされています。 この記事は、この判決による登記を深堀し、備忘録としてまとめたものです。 目次1 判決による登記1.1 判決による登記と単独申請2 判決による登記手続の際の注意点2.1 判決主文2.2 登記手続訴訟における権利2.3 被告と原告2.4 訴額と司法書士が対応できる範囲3 古い登記の抹消登記3.1 裁判所を利用した抹消登記手続の流れ3 ...

ReadMore

特例有限会社について まとめ記事

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、特例有限会社の構造について備忘録としてまとめたものです。 特例有限会社の定義については、次の記事をご覧ください。特例有限会社とはなにか?オアシス司法書士・行政書士事務所 目次1 特例有限会社の特殊な取り扱い1.1 みなし規定まとめ1.2 定款のみなし規定まとめ1.3 申請できない登記1.4 株式会社との登記事項の違い1.5 株式会社との細かい違い1.5.1 1.少数株主の規定等は適用されない1.5.2 2.特別決議の要件が加重されている(総 ...

ReadMore

 

HOME

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

司法書士・行政書士 廣澤真太郎

【あなたのご自宅で、事前に明瞭な見積りを致します】 「報酬基準がわかりづらい」「事務所訪問の敷居が高い」このような依頼者様の声にお応えし、当事務所では本職自ら出張事前見積もりを実施しております。ぜひ、お気軽に一度ご相談ください。

-不動産登記・税金, 相続・相続放棄

Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2023 All Rights Reserved.