疎遠な相続人との連絡手段について 

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士の廣澤です。

 

この記事では、連絡先のわからない相続人がいる場合や、疎遠な相続人とどのような方法で連絡を取り合い、

相続についての話し合いをすすめるのかという点について、わかりやすく解説します。

 

疎遠な相続人の対応について

 

放っておくことはできるのか?

原則としてできません。

 

民法では法定相続分が定められているので、とくに相続人間で協議をしなくてもそれぞれの相続分で財産や債務を承継できるはずですが、手続きとなると話は別です。

 

不動産や車の名義変更だけなら代表者として手続きを進めることはできるにはできますが、動産、不動産の持ち合い状態というのは将来性を考えた時に好ましくないので、採用することはほとんどありません。

また、金融機関は預貯金、定期預金、有価証券の相続手続きにおいては、法定相続人の数名からの請求で預貯金の一部払い戻しというのは断られるのが普通なので、

 

原則として、遺産分割協議を相続人全員で行わなければならないという事になります

 

 

 

なぜ疎遠な相続人が家族の問題に突然現れるのか?

 

そもそもの問題として、なぜ疎遠な相続人が家族の問題に突然関与することになるのでしょうか。

 

 

例えば、再婚を何度もした父のもとで育ち、家族は父の事をあまり詳しく知らないという事情があったとすれば、

その子供たちは父が亡くなったときに突然あらわれた知らない兄弟と話し合いをしなければならない立場になるのです。

 

 

そのような場合に備えて公正証書遺言を残しておくというのが、最も子供たちに負担のない対策になりますが、残念ながらその重要性があまり知られていないため、

実際には遺言をキチンと残されている方は少数派です。

 

 

その他、たんに兄弟間の仲が良くなかったので疎遠になったというケースなどの様々なパターンはあるにせよ、疎遠で連絡先すらも知らない相続人と話し合いをしなければならない状況は、誰にでも発生する可能性があります。 

 

 

疎遠な相続人と連絡をとる方法

連絡先を全く知らないのであれば、「戸籍の附票」を取得することで現在の住所が判明しますので、そこに手紙を送付します。

 

 

住所変更さえもしてなかったら話はべつですが…

 

 

「戸籍の附票」はその相続人の本籍地の市区町村役場に戸籍と一緒に保管されています。相続人の本籍地は亡くなった方の戸籍を追う過程のどこかで判明するはずです。

 

請求できるのは誰か?

1.同一の戸籍に記載のある方(本人や息子など)

2.戸籍に記載のある方の配偶者、直系尊属(父母や祖父母等)および直系卑属 (子や孫等)

3.第三者請求

自己の権利を行使し、又は義務を履行するために必要な場合 → 「疎遠な相続人の住所を調べる」という目的はここに該当します

②国または地方公共団体に提出するために必要な場合

③その他戸籍の記載事項を利用する正当な理由がある場合

 

3の①にあるように、他の相続人は利害関係者ということになりますから、必要な戸籍をそろえて役所に行けば戸籍の附票を取得することができます。

 

 

手紙の出し方

ここは事務所ごとに取り扱いが変わると思うのですが、当事務所では基本的に相続人のどなたかから、手紙をまずはだしていただきます。

そこから連絡があれば連絡先をお教えいただいて、法律的なことなどの詳しい事情は私からお伝えします。

 

なぜこのようなことをするかというと、

突然、専門家から連絡がくると身構えてしまう方がいらっしゃるからです。 

 

 

ご自分の立場として考えてみてください。

上にあげたように、知らない兄弟がいたという事情で考えてみましょう。

 

ある日、突然

「あなたには亡〇〇様の相続について話し合いをする権利と義務がありますから、ご連絡ください」

 

 

このように弁護士、司法書士から手紙がきたらどう思いますか?

このご時世ですから、

 

詐欺かな?

 

と手紙が即ゴミ箱行きという事が考えられます。

また、こう思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

相手が弁護士、司法書士をたててきたのなら、こちらもプロに依頼すべきなのかな?

 

そう思って弁護士に相続相談すると、弁護士は相続人の1人の味方になれますから、「あなたにはこのような権利があります。こう主張すべきです。」とそそのかされて泥沼になる可能性まであります。

 

逆に、司法書士は相続手続きには中立的な立場で関与するので、相続人のうち誰かの味方にはなれないのですが、残念ながら司法書士という職業自体知らない方が多いですから身構えてしまうのも無理はありません。

 

そのため、相続人のどなたかから次のような要点を記載した手紙をだしていただくのがベターだと思っています。

 

 

手紙の内容

基本事項

・あなたは相続人であること

・相続に関与する場合には話し合いが必要なので、電話番号やメールアドレスなどを教えてほしい事

・連絡先を教えてくれたら、手続きを頼んでる司法書士から連絡がくる事

・連絡をとりあわなければ、相続手続きが進まず、あなたにも様々な責任が発生し、また権利が放っておかれる状態になってしまう事

・財産目録を事前作成したので確認してほしい事 (すでに作っていれば)

 

その他、あまりないケースだと思いますが、連絡を無視される可能性が高い時はデメリットも伝えても良いでしょうね。

・相続に関与したくない場合には、家庭裁判所で相続放棄の手続きをしなければならない事

・義務を具体的に伝える(相続税の納税義務、その他賃料支払義務、借金、保証人の地位を引き継ぐため、金融機関などの債権者から請求される立場にあること)

・放置したままにしておくと、あなたの子供含めご家族に迷惑が掛かってしまう事

・無視をしても最終的には裁判所を交えて遺産分割調停によって強制的に手続きを行うこととなり、強制参加してもらうことになること

 

 

手紙をだしても連絡が取れない時はどうするのか

 

相続人が意思無能力者である場合

認知症などが進行しており、意思表示することが難しくて連絡が取れないような場合には、

親族から成年後見申し立てを行い、成年後見人がかわりに遺産分割協議に参加することになります。

手紙を何度出しても返事がこなければ自宅に行ってみたり、周囲の方から連絡がきて判明するという事もあり得ます。

リーガルサポート:成年後見制度とは

 

相続人が行方不明の場合

家庭裁判所に対して失踪宣告の申立を行うか、不在者財産管理人選任の申立及び遺産分割協議を行うための許可を得るための手続きを行います

失踪宣告というのは長期間不在で生死がわからない行方不明者を、亡くなったものとみなして手続きをすすめることができる制度です。

不在者財産管理人とは、不在者の代わりに財産の保存や管理を代わりに行うことができる専門家を選任するための制度です。

裁判所:失踪宣告の申立

 

無視される

自宅に行ってみるというのも方法だと思いますが、最終的には遺産分割調停を申し立てすることになるでしょう。

遺産分割調停には時間がかかりますし、希望通りの結果になるとは言えず、相続人の仲も悪くなったりするなどあまり良い結果にはなりづらいのであくまで最終手段ともいえるでしょうね。

裁判所:遺産分割調停

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、疎遠な相続人がいる場合の対応方法についてお話ししました。

 

ポイントはこちらです。

✅疎遠な相続人の住所は戸籍の附票を取得して調べる 

✅相続人の一人から手紙を何度か出す又は自宅に行ってみる

✅それでも連絡がとれなければ、最終的には裁判所を利用する

 

疎遠な相続人がいて手続きを進められないというのは、今となってはもう遅いですが、

「遺言があったらこんなことにはならなかった」という典型例だと思います。

 

相続に関する手続きは生前に対策をしておくことで、ほとんどのトラブルや困難な手続きを予防する事ができますから、

相続開始後の相続人間のやりとりが難しそうな場合にはこの機会に一度考えてみることをおすすめします。

 

少しでも相続手続きの参考になれば幸いです。

 

 

相続・遺言のご相談

相続に関連する業務内容一覧

相続に関するの業務内容一覧 不動産の名義変更・預金解約   相続放棄サポート   遺言検認のサポート ※業務の一例です。その他の手続にも対応しております。   &nbsp ...

続きを見る

 

知識ページ一覧

知識ページをご覧になりたい方はこちらから

会社登記の更正・抹消の登記

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です 会社の登記を行った際、名前の漢字や住所を間違えてしまった場合などに、更正の登記をすることができます。 この記事は、そんなマイナーな登記について記載したものです。 目次1 会社登記の更正・抹消登記1.1 登記の更正1.1.1 必要書類1.1.2 登記に必要な費用1.2 登記の抹消1.2.1 訴えをもってのみ主張できる場合とは?1.2.2 必要書類1.2.3 登記に必要な費用2 登記申請のご相談2.1 知識ページ一覧   会社登記の更正・抹消登記 ...

ReadMore

土地を国に帰属させる制度の新設(令和5年4月施行)

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 所有者のわからない土地の発生を予防する政策の一環として、令和5年4月から相続した土地を国に帰属させる制度が創設されますが、 現時点で公開されている情報の要点をまとめておきます。※後日、取り扱いが変更する可能性があります。 目次1 国庫帰属制度の概要1.1 申請できる人1.2 要件1.2.1 門前払いされる土地1.2.2 事案ごとに判断される土地1.3 審査の流れ1.4 負担金1.4.1 ① 宅地1.4.2 ② 田畑1.4.3 ③ 森林 1.4.4 ④  ...

ReadMore

昔の相続とその相続分まとめ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、民法が何度か改正されたことに伴う相続分の変化について備忘録としてまとめたものです。ご自由にご覧ください。 目次1 旧民法が適用される場合1.1 例外1.2 特徴2 応急措置法が適用される場合2.1 特徴2.2 相続分3 新民法①が適用される場合3.1 特徴3.2 相続分4 新民法②が適用される場合4.1 特徴4.2 相続分5 新民法③が適用される場合5.1 特徴5.2 相続分6 知識ページ一覧   旧民法が適用される場合 明治31 ...

ReadMore

会社の承継と譲渡制限株式の譲渡について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 会社を承継するために、役員変更及び会社の所有者である株主も一緒に変更したいというケースについて、記事にしてみようと思います。 目次1 まずは事前に専門家に相談1.1 税理士への相談1.2 行政書士への相談1.3 司法書士への相談1.4 外国投資家に該当する場合は財務省に確認2 役員の変更3 譲渡制限株式の譲渡3.1 譲渡の流れ3.1.1 譲渡を承認する場合3.1.2 譲渡を承認しない場合4 最後に5 登記申請のご相談5.1 知識ページ一覧   ...

ReadMore

忘れていませんか?抵当権、根抵当権の抹消登記

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 住宅ローンを完済し終えると、銀行から書類が届きますが、その中に登記書類が同封されていたことにお気付きでしょうか? 実務では、古い抵当権が残ったままになっているケースに遭遇することが非常に多いので、記事にまとめてみました。 目次1 自分で家の抵当権が残っているか確認する方法1.1 抵当権が残っている場合の記載1.2 抵当権が残っていない場合の記載2 抵当権は消さなければならないのか?2.1 抵当権を消さない場合はどうなるのか?3 抵当権抹消の費用負担は誰 ...

ReadMore

住所・氏名の変更登記の知識

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。   住所氏名の変更登記は、簡単なようでさまざまなバリエーションがあり、一つのミスが命取りになる登記です。 この記事は、備忘録としてよくあるパターンの取り扱いをまとめたものです。ご自由にご覧ください。 目次1 申請時の注意点1.1 大原則1.2 町名のみが変更1.3 区制施行1.4 住居表示実施1.5 受付年月日と住所変更日1.6 何度も住所移転1.7 過去の住所地への移転登記1.8 更正と変更1.9 共有者の住所変更1.10 表題部所有者の住 ...

ReadMore

遺言書の作成を司法書士に依頼するメリット

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事では、遺言書の作成をする際、司法書士に依頼して作成するというのは有効な手段の一つですが、 実際に司法書士にその作成を依頼することによってどんなメリットがあるかについて解説します。 目次0.1 遺言書の作成を司法書士に依頼するメリット0.1.1 法的トラブルの予防0.1.2 遺言の内容の有効性、正確性の担保0.1.3 遺産の正確な調査0.1.4 選択すべき遺言書の種類を決定0.1.5 証人の迅速な手配0.1.6 出張対応0.1.7 相続手続までま ...

ReadMore

古い仮処分、仮差押の抹消

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、古い保全命令の登記をいかにして抹消するかについて備忘録としてまとめたものです。   目次1 古い仮処分、仮差押の抹消1.1 仮処分、仮差押とは1.1.1 仮差押1.1.2 係争物に関する仮処分1.1.3 仮の地位を定める仮処分1.2 仮差押と仮処分の執行1.2.1 不動産の仮差押1.2.2 不動産の処分禁止の仮処分1.3 判決後の流れ1.4 どうやって古い仮差押・仮処分の登記を消すのか?1.4.1 1.取り下げてもらう方法1.4. ...

ReadMore

判決による登記手続き

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 不動産登記は原則として共同申請によりますが、登記手続訴訟等における判決がある場合は単独で行うことができるものとされています。 この記事は、この判決による登記を深堀し、備忘録としてまとめたものです。 目次1 判決による登記1.1 判決による登記と単独申請2 判決による登記手続の際の注意点2.1 判決主文2.2 登記手続訴訟における権利2.3 被告と原告2.4 訴額と司法書士が対応できる範囲3 古い登記の抹消登記3.1 裁判所を利用した抹消登記手続の流れ3 ...

ReadMore

特例有限会社について まとめ記事

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、特例有限会社の構造について備忘録としてまとめたものです。 特例有限会社の定義については、次の記事をご覧ください。特例有限会社とはなにか?オアシス司法書士・行政書士事務所 目次1 特例有限会社の特殊な取り扱い1.1 みなし規定まとめ1.2 定款のみなし規定まとめ1.3 申請できない登記1.4 株式会社との登記事項の違い1.5 株式会社との細かい違い1.5.1 1.少数株主の規定等は適用されない1.5.2 2.特別決議の要件が加重されている(総 ...

ReadMore

 

HOME

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

司法書士・行政書士 廣澤真太郎

【あなたのご自宅で、事前に明瞭な見積りを致します】 「報酬基準がわかりづらい」「事務所訪問の敷居が高い」このような依頼者様の声にお応えし、当事務所では本職自ら出張事前見積もりを実施しております。ぜひ、お気軽に一度ご相談ください。

-相続・相続放棄, 記事一覧

Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2023 All Rights Reserved.