合同会社の社員の加入と退社

こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。

この記事では、合同会社の社員の加入と退社について解説していきます。

 

合同会社の社員とは?はこちらの記事へ

 

 

合同会社の社員の加入

社員の加入には次の3つの方法があります。

1.出資することによる加入

2.持分譲受けによる加入

3.相続などで持分を取得したことによる加入

 

1.出資することによる加入

前回の記事で解説したとおり、合同会社の社員はその会社の出資者であり、持分をもつ者のことを指します。よって、「就任」という考え方があてはまりません。

そして、次の2つの要件を満たすと、会社の社員として加入することができます。株式会社は株主や役員となる際に定款変更までは必要ありませんから、取り扱いに違いがあるという事ですね。

1.定款変更すること

2.出資を履行すること

(社員の加入)
第六百四条 持分会社は、新たに社員を加入させることができる。
2 持分会社の社員の加入は、当該社員に係る定款の変更をした時に、その効力を生ずる。
3 前項の規定にかかわらず、合同会社が新たに社員を加入させる場合において、新たに社員となろうとする者が同項の定款の変更をした時にその出資に係る払込み又は給付の全部又は一部を履行していないときは、その者は、当該払込み又は給付を完了した時に、合同会社の社員となる。
(加入した社員の責任)
第六百五条 持分会社の成立後に加入した社員は、その加入前に生じた持分会社の債務についても、これを弁済する責任を負う。

 

 

2.持分譲受けによる加入

原則、社員全員の同意を得て、社員は持分の全部又は一部を第三者に譲渡する事ができます。そして、持分全部を譲渡した社員は退社となり、持分を譲り受けした者は社員に加入します。

この持分は会社が譲り受けすることができませんので、株式会社の自己株式の保有という考え方は存在しません。

(持分の譲渡)
第五百八十五条 社員は、他の社員の全員の承諾がなければ、その持分の全部又は一部を他人に譲渡することができない。
2 前項の規定にかかわらず、業務を執行しない有限責任社員は、業務を執行する社員の全員の承諾があるときは、その持分の全部又は一部を他人に譲渡することができる。
3 第六百三十七条の規定にかかわらず、業務を執行しない有限責任社員の持分の譲渡に伴い定款の変更を生ずるときは、その持分の譲渡による定款の変更は、業務を執行する社員の全員の同意によってすることができる。
4 前三項の規定は、定款で別段の定めをすることを妨げない。
(持分の全部の譲渡をした社員の責任)
第五百八十六条 持分の全部を他人に譲渡した社員は、その旨の登記をする前に生じた持分会社の債務について、従前の責任の範囲内でこれを弁済する責任を負う。
2 前項の責任は、同項の登記後二年以内に請求又は請求の予告をしない持分会社の債権者に対しては、当該登記後二年を経過した時に消滅する。
第五百八十七条 持分会社は、その持分の全部又は一部を譲り受けることができない。
2 持分会社が当該持分会社の持分を取得した場合には、当該持分は、当該持分会社がこれを取得した時に、消滅する。

 

 

3.相続などで持分を取得したことによる加入

「社員が死亡した場合又は合併により消滅した場合における当該社員の相続人その他の一般承継人が当該社員の持分を承継する旨」を定款で定めていた場合にのみ、社員が加入します。

持分を承継しなかった相続人は、持分の払い戻し請求権を承継します。

(相続及び合併の場合の特則)
第六百八条 持分会社は、その社員が死亡した場合又は合併により消滅した場合における当該社員の相続人その他の一般承継人が当該社員の持分を承継する旨を定款で定めることができる。
2 第六百四条第二項の規定にかかわらず、前項の規定による定款の定めがある場合には、同項の一般承継人(社員以外のものに限る。)は、同項の持分を承継した時に、当該持分を有する社員となる。
3 第一項の定款の定めがある場合には、持分会社は、同項の一般承継人が持分を承継した時に、当該一般承継人に係る定款の変更をしたものとみなす。
4 第一項の一般承継人(相続により持分を承継したものであって、出資に係る払込み又は給付の全部又は一部を履行していないものに限る。)が二人以上ある場合には、各一般承継人は、連帯して当該出資に係る払込み又は給付の履行をする責任を負う。
5 第一項の一般承継人(相続により持分を承継したものに限る。)が二人以上ある場合には、各一般承継人は、承継した持分についての権利を行使する者一人を定めなければ、当該持分についての権利を行使することができない。ただし、持分会社が当該権利を行使することに同意した場合は、この限りでない。

 

 

社員の退社・業務執行社員の退社

株式会社の役員が辞任したり株式を消却したりするのとは異なるので、混同してしまわないように注意が必要です。

また、業務執行社員が退社する場合とはちがい、社員が退社する手続きは厳格で複雑です。そのため、社員と業務執行社員についても分けて考えましょう。

 

社員の法定退社

会社法では次のようなときに社員が退社するものと定められていますが、定款で退社しないこととする定めを設けることも可能です。

一 定款で定めた事由の発生
二 総社員の同意
三 死亡
四 合併(合併により当該法人である社員が消滅する場合に限る。)
五 破産手続開始の決定
六 解散(前二号に掲げる事由によるものを除く。)
七 後見開始の審判を受けたこと。
八 除名

 

社員の任意退社

法定退社とは別に、社員は次の要件を満たすと任意に退社する事が可能です。要件に満たない場合でも、やむを得ない事由があるときには退社することができます。

1.定款で会社の存続期間を定めていない又は社員の終身の間会社が存続する事を定款で定めた場合

2.退社する事業年度終了時の6か月前までに会社に退社予告を行う

(任意退社)
第六百六条 持分会社の存続期間を定款で定めなかった場合又はある社員の終身の間持分会社が存続することを定款で定めた場合には、各社員は、事業年度の終了の時において退社をすることができる。この場合においては、各社員は、六箇月前までに持分会社に退社の予告をしなければならない。
2 前項の規定は、定款で別段の定めをすることを妨げない。
3 前二項の規定にかかわらず、各社員は、やむを得ない事由があるときは、いつでも退社することができる。

 

 

社員の退社に伴う手続き

社員の加入や退社には登記手続きが必要です。また株式会社とはちがい、その他に手続きが必要になることがあります。

 

1.資本金の額の減少

社員が退社する際、出資金のうち、資本金の額に計上したものがある場合には、資本金の額の変更登記手続きが必要です。

また、この場合債権者異議手続きも必要です。

 

2・資本金の額の増加

社員が出資により加入する際、出資金のうち、資本金の額に組み入れしたものがある場合には、資本金の額の変更登記手続きが必要です。

 

3.持分の払い戻し

社員が持分の払い戻しを行う場合で、会社の剰余金を払戻し金額が上回っている場合には、債権者異議手続が必要です。

先ほどお伝えしたとおりで、会社が全部又は一部解散したのと同様であり、また、払い戻しは清算手続きに近いためこのように厳格な取り扱いになっています。

相続や合併で定款の定めによって社員となった人は、この払い戻しをすることはできません。(会社法611条)

 

業務執行社員の退社

社員は原則、その全員が業務執行社員ですが、定款を変更することで業務執行を執行しない社員とすることができます。

つまり、業務執行社員の地位のみから退かせるためには、総社員の同意で定款変更するか、持分を譲渡させればよいということになります。

 

 

登記申請のご相談

商業(会社・法人)登記のご依頼

  郵送・メール・電話のみで手続き可能です ※会社設立などの一部業務を除く   会社・法人登記とは、会社や法人の名称や所在地、役員などの取引上重要な一定の事項を法務局のコンピュータ ...

続きを見る

知識ページ一覧

知識ページをご覧になりたい方はこちらから

相続・遺言の相場感をお伝えします

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 相続手続きや遺言作成を専門家に頼みたいが、相場がわからないという方は多いのではないでしょうか。そこで、相場はどれくらいか独自に調査しましたので、ご依頼の際の参考になさってください。※インターネット調査   目次1 戸籍収集、遺産分割協議書の作成2 法定相続情報一覧図の取得3 不動産の名義変更(相続)4 預金解約5 遺産承継業務・遺言執行費用6 相続放棄7 公正証書遺言作成8 役員変更登記(退任)9 相続税申告10 知識ページ一覧 & ...

ReadMore

古い抵当権、休眠担保権の抹消について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 登記簿に残っている昔から設定されている抵当権などの担保権をいかにして抹消するかというのは、実務では悩ましいところです。 この記事では、個人名義の古い担保権を抹消するために、どのような方法をとることができるかについて解説しています。 目次1 昔の抵当権が残っている1.1 古い抵当権を消す方法1.1.1 (1)担保権者を探しだして協力してもらい、登記申請する1.1.2 (2)供託利用の特例を利用して、単独で登記申請する1.1.3 (3)裁判所で除権決定を得 ...

ReadMore

会社設立から事業開始までに必要な手続き

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、株式会社や合同会社の設立を検討されている方向けの記事です。     目次1 会社の設立、事業開始までの流れ1.1 会社設立登記手続きについて1.2 会社設立にかかる費用の目安1.2.1 株式会社1.2.2 合同会社1.3 会社設立時の必要物1.4 会社設立登記完了後、事業開始1.4.1 届出先1.4.2 従業員を雇用した際の届出先1.4.3 法人口座開設1.4.4 会社の基礎情報に変更がある場合1.5 会社設立のメリット ...

ReadMore

遺言書のメリット・デメリット 残しておくべきケースまとめ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 ご存知の方も多いと思いますが、遺言の作成数は増加傾向にあります。 この記事では、とくに遺言書を残しておくべき典型例をご紹介してますので、判断材料としてご参考になさってください。   目次1 遺言書とは?1.1 遺言の作成件数 1.1.1 公正証書遺言1.1.2 自筆証書遺言の検認件数1.2 遺言書のメリット・デメリット1.2.1 デメリット1.2.2 メリット1.2.3 遺言書の記載事項2 遺言書を残しておいたほうがいいケース2.1 1.子供 ...

ReadMore

遺言信託とは?メリットとデメリット

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 「遺言信託」という言葉を耳にする機会が増えましたね。「遺言信託」とは、公正証書遺言を信託銀行が預かってくれるサービスのことです。 この記事では、この「遺言信託」について専門家の視点から解説していきます。 目次1 遺言信託とは1.1 実際の利用者数1.2 信託銀行が行う事1.3 遺言信託(公正証書遺言書の作成)のメリット・デメリット1.3.1 メリット1.3.2 デメリット1.4 信託銀行に依頼するメリット・デメリット1.4.1 メリット1.4.2 デメ ...

ReadMore

不動産の譲渡と贈与税

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。    この記事は、不動産を贈与した場合にも課税される贈与税について備忘録として記載したものです。 贈与税はとくに高額になることが多く、実務においては見逃してはならない気をつかう税金のひとつです。 目次1 贈与税とは1.1 1.暦年課税1.1.1 不動産の贈与の場合 1.1.2 速算表1.1.3 みなし贈与財産の例 1.1.4 非課税財産の例1.2 2.相続時精算課税 1.2.1 基礎控除110万円について1.3 納税方法1.3.1 ...

ReadMore

家の名義変更をするには?いくらかかる?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、家の名義変更をお考えの方向けの記事です。 目次1 家の名義変更とは?1.1 家の名義変更はどこにする?1.2 家の名義変更が必要なのはどんなとき?1.3 家の名義変更はいつまでにすればいい?1.4 家の名義変更をしない場合はどうなるのか?1.5 固定資産税の名義変更とは違うのか?1.6 家の名義変更には、どれくらいの期間がかかる?1.7 家の名義変更には、いくらかかる?1.8 登録免許税(登記にかかる税金)1.8.1 一般的な名義変更1.8 ...

ReadMore

会社登記の義務とその過料について

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 株式会社や合同会社には、定期的に登記を行う義務があります。 この記事は、司法書士に「この登記をすると、代表者個人に過料が課されますよ」と注意されて詳しく知っておきたいという方や、裁判所から過料決定が届いた方、また今後、過料を防ぎたい方向けの記事です。 目次1 会社登記の義務とその過料について1.1 なぜ、会社登記や役員選任を怠ったことで過料が課されるのか?1.2 過料とはなにか?1.3 過料の額1.4 どうやって過料を免れるのか?1.4.1 過料決定を ...

ReadMore

遺産相続手続きの全体スケジュール オリジナル版

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 遺産の相続手続きは法的知識が必要なうえ、不慣れな手続きを大量に処理する必要があるため、ご不安な方も多いのではないでしょうか。 この記事では、相続手続きの全体像を解説しています。   目次1 相続手続きの流れ、全体像1.1 1.役所の届出、光熱費、契約先の名義変更などを行う1.2 2.借金を調査する1.3 3.だいたいの財産総額を確認する1.4 4.相続人か否かの簡易確認1.4.1 亡くなった方に配偶者と子供がいる場合の相続人1.4.2 亡くな ...

ReadMore

会社の設立と税金のあれこれ

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 税金は司法書士の専門分野ではないので、個人的な備忘録として税金面で見た会社設立の知識をまとめた記事です。ご自由にご覧下さい。     目次1 会社の設立とあれこれ1.1 法人成りと税金についてのメリットとデメリット1.1.1 メリット1.1.2 デメリット1.2 資本金の決め方1.3 事業年度の決め方1.4 在庫などの引継ぎ1.5 現物出資と課税2 登記申請のご相談2.1 知識ページ一覧   会社の設立とあれこれ ...

ReadMore

 

HOME

会社法

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

司法書士・行政書士 廣澤真太郎

【あなたのご自宅で、事前に明瞭な見積りを致します】 「報酬基準がわかりづらい」「事務所訪問の敷居が高い」このような依頼者様の声にお応えし、当事務所では本職自ら出張事前見積もりを実施しております。ぜひ、お気軽に一度ご相談ください。

-会社登記・法務, 記事一覧

Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2022 All Rights Reserved.