自動車の相続についてわかりやすく解説

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士の廣澤です。 

 

この記事は、相続財産に自動車が含まれる方向けの記事です。

相続財産に自動車が含まれる場合に、どうすればよいのか調べても、ごちゃごちゃしていて答えにたどりつかず、イライラされてませんか?

この記事をご覧いただければ、あなたが次に何をすべきかがわかります。

 

 

[toc]

 

車の相続手続きの流れとやることについて

 

大まかな全体の流れ

① 車の所有者を確認

② 相続人から名義人となる人を決める

③ 名義変更する 

④ 廃車・売却・引継ぎのうちどうするかを決める 

⑤ 手続きする

 

1.まずは所有者確認

 

故人が乗っていた自動車がそもそも、故人のものなのかどうかを確認しましょう。

具体的には、車検証を確認します。車検証は車の中に備え付けされているはずですから、車の中を探してみましょう。

 

 

所有者がディーラ―になっている場合はローン支払い中で故人の相続財産ではないという事を意味していますから、ディーラーに連絡してみて下さい。

通常はローンを相続財産から一括支払いするか、再度相続人の誰かがローンを組みなおして、その後に名義変更を行うということになると思います。

連絡した際にその後の流れを案内してもらえるはずです。

 

所有者が故人なら次の解説に進んでください。

 

2.相続人のうち誰が名義人となるかを決める

 

持ち主が亡くなると、車は相続人皆さんの持ち合い状態(共有)になりますが、誰が引き継ぐのかを自分達で決めることができます。

引き継ぐ人が決まっている場合はその方が次の手続きを行います。

 

 

廃車にしたい場合などで、価値のある車の場合や売却予定の場合を除いては、相続人のうち1名が引き継ぐことにしておくのが良いでしょう。

後で全員で陸運局での手続きが必要になるなど煩雑だからです。

 

3.手続きの必要物をある程度用意しておく

必要物の例

・車庫証明(管轄の警察で発行から1ヶ月以内のもの)

・車検証

・自賠責保険証明書又は損害賠償責任共済証明書

・自動車税納税証明書、自動車税申告書、リサイクル券など

その他

・遺産分割協議書(相続人全員で実印押印):国土交通省ひな形 ※軽自動車等の場合不要

・あれば遺言書 ※軽自動車等の場合不要

・相続を証する書面 (不動産の相続登記を当事務所にご依頼いただいている場合には、お返しした黒ファイルの書類一式。)

※軽自動車の場合行政区によって要否の取り扱いが異なるようですが、通常は不要

・手続きする方の住民票、印鑑証明書、実印

 

 

4.陸運局又自動車検査登録事務所(軽自動車は軽自動車検査協会)で名義変更をする

普通車など登録している自動車は、不動産と同じように、相続登記ならぬ相続登録をすることになります。

 

廃車(処分)するにも売却するにも、いずれにせよ事前に陸運局等での名義変更手続きが必要だということです。名義変更しないと手続きが先に進みません。

(軽自動車等登録してない車は、窓口が軽自動車検査協会になり、名義変更手続きが多少簡単になります。)

 

自動車の相続登録は放っておくと後で事故をしたときなどに相続人全員に責任があるなど、大変なので気づいた時点で手続きをすすめておくことをお勧めします。

 

具体的には必要物を用意して陸運局などに足を運び、案内のとおりに手続きをすれば完了です。

申請書の作成が難しければ周辺に行政書士事務所があるはずなので、数千円支払えば書類を作成してくれます。

 

必要物

例を挙げておきます。実際には陸運局などに問い合わせしてから準備するのが好ましいと思います。

その際、廃車を検討している場合は後の手続きについても案内してくれますから、その旨を伝えて判断を仰ぎましょう。

戸籍謄本等一式の準備、遺産分割協議書の準備は司法書士にお願いするという方法もあります

 

(例)普通自動車かつ相続人が複数いる場合で、1名を名義人(使用者)と定めた場合

・車検証

・車庫証明

・遺産分割協議書

・亡くなった方の出生から死亡までの戸籍、除住民票

・相続人全員の現在の戸籍謄本

・相続人の印鑑証明書

・名義変更する方の住民票

・手数料納付書 ※運輸局で取得

 

管轄の検索はこちら(軽自動車の管轄の検索はこちら)

国土交通省こちら

 

5.具体的な処分方法を選択する

ひとまず名義変更が終わったら、次にその車をどうするのかを検討します。

一般的なパターンとしては、次の3つから選択します。

✅ 売る

✅ 引き続き乗る

✅ 廃車(処分)

 

売りたい場合

中古車販売ディーラー等に連絡し、案内された必要物を渡せばあとは案内してくれるはずです。

不動産売買で不動産仲介を探すのと同じですね。

 

引き続き乗りたい

引き続き乗る場合は、任意保険、自賠責保険の手続きを忘れずに行います。

 

廃車(処分)したい場合

売却もできない車で価値もないのなら、最終的には廃車を選択することになると思います。

次の選択肢から手続きを選択することになるでしょう。

✅ 廃車専門業者に依頼する

✅ 廃車買取業者に依頼する 

✅ 自分で廃車手続きを行う(一時抹消とするか、永久抹消とするかを選択する)

 

用語解説

一時抹消…いつか車に再度乗るかもしれない場合の手続き。一時抹消すると公道が走ることができなくなるが、再度登録しなおせば再使用できるようになる。

永久抹消…車を解体してから、登録を抹消する手続き。つまり解体して処分するならこの手続き。業者に車を引き取ってもらい、後日運輸局で抹消の手続きを行う。

 

自分で廃車手続きする場合の流れ

 

永久抹消のおおまかな流れ

① 解体業者に解体依頼

② 必要物を持参し運輸局等で永久抹消登録手続・ナンバーの返却(軽自動車は軽自動車検査協会で解体返納手続)

③ 税金の還付手続(自動車税・自動車取得税申告書の提出) ※不要な場合あり

※解体業者からもらう書類は要保管

手続きで必要な解体通知や移動保管番号(車検証と一緒に保管しているはず)を紛失した方は、こちらのページから検索して探します。

 

一時抹消のおおまかな流れ

① 必要物を持参し運輸局等で一時抹消登録手続・ナンバーの返却(軽自動車は軽自動車検査協会で解体返納手続)

② 税金の還付手続(自動車税・自動車取得税申告書の提出)※不要な場合あり

③ 登録識別情報通知がもらえるので大切に保管する

 

抹消登録の必要物

必要物は永久抹消と一時抹消の場合で異なりますから、事前に問い合わせておくか、運輸局ホームページで確認しておくことをおすすめします。

管轄の検索はこちら(軽自動車の管轄の検索はこちら)

国土交通省こちら

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

不動産と同じように、車もまずは相続人に名義変更をしてからその後の手続きをする点で同じですね。

 

車の名義を変更をせずに故人の車に乗り続けてしまうと、事故をしたときに相続人全員で責任を負うことになってしまいますし、

後々処分時に手続きが大変ということになってしまいますから、気づいた時点で名義変更手続きは行っておくことをおすすめします。

以上、車の相続手続きでお悩みの方の参考になれば幸いです。

 

相続・遺言のご相談

相続に関連する業務内容一覧

  相続(不動産・預金・株式等) ↑↑ 戸籍謄本等の書類収集、遺産分割協議書などの書類作成、登記申請・預金解約などの相続手続き、財産調査や借金調査などをまとめてご相談になりたい方はこちら & ...

続きを見る

 

知識ページ一覧

知識ページをご覧になりたい方はこちらから

令和6年4月1日以降の不動産登記の取り扱い

司法書士 廣澤真太郎 こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、令和6年4月1日以降の取り扱いについて、備忘録としてまとめたものです。 令和6年4月1日以降の手続きの取り扱い 1.外国に住所を有する外国人又は法人の住所証明情報の取扱い 法務省民二第1596号令和5年12月15日通達 日本に住所のない自然人、法人の住所証明情報が変更されます。 対象者 ・外国に住所を有する外国人 又は 外国に住所を有する法人 ・所有権の登記名義人となる者の住所証明情報   住所証明情報 1.外国人  ① 登記名 ...

ReadMore

令和6年4月1日~ 相続人申告登記の制度開始

司法書士 廣澤真太郎 こんにちは。司法書士の廣澤です。 相続人申告登記の通達(法務省民二第535号令和6年3月15日)がでましたので、記事にしてみました。ご自由にご覧ください。 相続人申告登記とは 民法等の一部を改正する法律による相続登記の申請義務化(令和6年4月1日施行)に伴い、創設された制度です。   基本的には、期限内に相続登記を行えば良いため、現状、次のようなケースで、相続登記が行えない場合などに、活用することが考えられます。   ・相続人に非協力的な方がいて、登記申請が行えな ...

ReadMore

一歩踏み込んだ終活!エンディングノート、死後事務、財産管理等、任意後見、遺言書

司法書士 廣澤真太郎 こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、4人に1人が認知症とされる現代において、司法書士が終活に際して、お役に立てるサービスについて、ご紹介した記事です。 司法書士が終活に関してできること 司法書士は、生前対策だけでなく、その後の相続手続きについても日ごろから業務として行っている、法律事務のエキスパートです。 ・ライフプランノート(エンディングノート)の作成 ・各契約書や遺言書等の法的書類の組成、公正証書作成のサポート  ・その後の、相続手続き・遺言執行業務をまとめて依頼 &n ...

ReadMore

外国在住者が所有者となる場合の住所証明情報

司法書士 廣澤真太郎 こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事は、外国在住者が不動産を取得する場合の、住所証明情報について、備忘録として記載したものです。 通達 令和5年12月15日 外国在住者(個人)の住所証明情報 次のいずれかを住所証明情報とする。   1.本国等政府の作成に係る書面 + 訳文 登記名義人となる者の本国又は居住国(本国又は居住国の州その他の地域を含む。以下「本国等」という。)の政府(本国等の領事を含み、公証人を除く。以下「本国等政府」という。)の作成に係る住所を証明する書面 ...

ReadMore

株券の廃止手続き

司法書士 廣澤真太郎 こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事では、株券の廃止にあたっての手続きについて、記載していきます。 株券とは 株券とは、株券発行会社における株主としての地位を表した有価証券のことをいいます。 平成16年に株券の不発行が認められるようになり、平成21年以降は上場株券については、電子化され、発行されないことになりました。また、会社法施行以降は、株券不発行が原則とされています。   具体的には、次のような記載のある証券の事を指します。   株券記載事項 (株券の記 ...

ReadMore

増資の登記について

司法書士 廣澤真太郎 こんにちは。司法書士の廣澤です この記事では、増資の登記手続きについて解説していきます。   増資の登記 登記事項を変更した場合は、2週間以内に役員変更の登記申請を行う必要があり、これを怠ると、100万円以下の過料が代表者に課される可能性があります。 増資する日が決まっている場合は、速やかに登記手続を行いましょう。   増資の準備物 ご自身で進める場合  ・申請書 ・定款 ・就任承諾書 ・株主総会議事録、取締役会議事録、取締役の決定書 ・株主リスト ・資本金の計上 ...

ReadMore

役員変更登記(就任・退任)について

司法書士 廣澤真太郎 こんにちは。司法書士の廣澤です この記事では、役員の就任・退任の登記手続きについて解説していきます。   役員変更登記 会社の役員(取締役、監査役等)を変更した場合は、2週間以内に役員変更の登記申請を行う必要があり、これを怠ると、100万円以下の過料が代表者に課される可能性があります。 役員の任期が切れそうなとき(最長10年)や、役員を変更することが決まっている場合には、速やかに登記申請を行いましょう。   なお、会社役員と会社は委任関係にあり、従業員は雇用関係に ...

ReadMore

相続開始時の遺産の調査について

司法書士 廣澤真太郎 こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事では、相続手続きを行う際の、相続財産の調査方法を記載しています。 相続開始時の遺産の調査について 相続人が知らない財産は、意外と多くあります   遺産の調査は、亡くなった方の全ての財産を調べる必要があります。 銀行口座はもちろん、不動産、有価証券、生命保険や損害保険、車両、また、他人と貸し借りしているお金はないかといったことまで、ひとつひとつ調べなければなりません。 また、最近はインターネット上で取引ができ、通帳を発行しないタイプの ...

ReadMore

代表者(代表取締役等)の住所変更登記について

司法書士 廣澤真太郎 こんにちは。司法書士の廣澤です この記事では、代表者の住所変更登記について解説していきます。   代表者の住所変更登記 会社の代表者の住所を変更した場合は、2週間以内に代表者の住所変更登記申請を行う必要があり、これを怠ると、100万円以下の過料が代表者に課される可能性があります。 代表者(代表取締役等)の住所変更が決まっている場合には、速やかに登記申請を行いましょう。   代表者の住所変更登記の準備物 ご自身で進める場合  ・申請書   司法書士にご依頼 ...

ReadMore

本店移転登記について

司法書士 廣澤真太郎 こんにちは。司法書士の廣澤です この記事では、法人の住所変更(本店移転)登記について解説していきます。   本店移転登記 会社の所在地を変更した場合は、2週間以内に本店移転登記申請を行う必要があり、これを怠ると、100万円以下の過料が代表者に課される可能性があります。 本店を移転することが決まっている場合には、速やかに登記申請を行いましょう。   本店移転登記の準備物 ご自身で進める場合  ・申請書 ・株主総会議事録 ・株主リスト ・取締役の決定書、取締役会議事録 ...

ReadMore

 

HOME

 

 

この記事をかいた人

-相続・相続放棄, 記事一覧