業務内容【相続手続・相続登記(名義変更)相続放棄】

相続登記(名義変更)をするかしないかはこれまで任意とされていましたが、相続登記は義務化される法整備が進められていますが、

 

登記を行うには申請書作成・相続人の確定・遺産分割協議書の調整という作業が必要になりますが、これらを一般の方がご自分で勉強されて手続きを進めるのは大変です。

 

そこで、当事務所では戸籍の調査から遺産分割協議書作成などをまとめて司法書士がサポート致します。

まずは一度お気軽にご連絡ください。

 

 

当事務所にご依頼をお考えの方はこちらから

相続手続をまとめて依頼(遺産承継業務)

✅相続登記や金融機関の解約をまとめてお任せしたい方
遺産承継業務とは一言で「相続した財産を各相続人に配分する業務」のことです。
相続人からのご依頼による「任意相続財産管理人」という立場で、司法書士が不動産の名義変更登記や、金融機関・証券口座の名義変更、解約を行い、遺産分割の話合いのとおりに相続財産を各相続人に精算、分配します。見ず知らずの方に相続手続を任せるのは不安な方は、身近な専門家にお任せください。

遺産整理業務全体の流れ

不動産の相続(相続による所有権移転登記)

✅相続財産に不動産がある方
相続財産に不動産が含まれる場合には、不動産の名義変更が必要です。法務局(登記所)での登記手続きだけでなく、必要な公的書類の収集や遺産分割協議書の作成も含めて司法書士におまかせいただけます。個別にご依頼いただくことも可能です。「法務局に何度も相談に通う時間もないので相続登記を頼みたい」そんな悩みをお持ちの方は当事務所へご依頼ください。

相続放棄申立のサポート

✅故人が債務超過(財産よりも多くの借金がある場合など)であった場合等
原則として相続開始を知ってから3か月以内に家庭裁判所に対して、相続放棄の申立を行う必要があります。なにも手続きせずに放っておいた場合は相続開始を知ってから3か月後には借金を相続する事になります。ただし、期間が経過していたとしても3か月の期間を延長してもらえる場合もあります。諦めずに、まずはご相談ください。その際戸籍収集や書類の作成などをまとめて司法書士にお任せいただけます。

 

このようなお悩みはありませんか?

 

突然相続が発生、何から始めればいいかわからない

→①やる事まとめ ②やる事チェックリスト

 

面倒な手続きは時間もないので全て専門家にやってほしい

遺産整理業務

 

相続は誰に相談すればいいのかわからない 

相続は誰に相談すべきか ②士業の比較

 

相続手続きをどこまで自分でできるか相談したい 

メールでお気軽にお尋ねください

 

その他、初めての相続で最低限知っておきたいこと 

相続財産の調査
相続人とは誰か
相続手続きの期限と、ペナルティ
相続登記の必要性
遺産分割の基本知識
戸籍の基本知識

 

HOME

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表司法書士・行政書士 廣澤真太郎

神奈川県横浜市瀬谷区でかけつけ無料相談を実施している司法書士兼行政書士です。 ご自宅等に無料で事前相談に伺いますので、お気軽にご利用ください。

Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.