司法書士に依頼できる相続手続きについて

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士の廣澤です。

この記事では、どのような相続に関する手続を司法書士に任せることができるのかという点を解説していきたいと思います。

 

時系列に沿ってみていきましょう。

 

どのような手続きを司法書士に任せられるのか

1.相続開始前にできること

 

① 遺言の作成サポート

遺言作成を簡単なように思えて、意外と難しい手続きです。

なぜなら、遺言の作成方法が法律で厳しくさだめられていて、そのとおりに作成していなかった場合、その遺言が無効になります。

また、遺言に書いた相続人のうち一人がすでにお亡くなりになっていたような場合には効力が失われてしまうなど、その内容についても工夫が必要です。

相続人のうち誰からが遺言の検認を行ったあとでこのことに気づいたりすると、余計な手間も発生してしまうことにもなりかねません。

司法書士は依頼者からどの様な意向なのかを詳しくヒアリングして、法律上適切な遺言になるよう、その文案を作成します。

 

2.相続開始後にできること

司法書士には、次のような手続きを一式お任せいただく事ができます。

 

① 相続人の調査 (戸籍、住民票の代行取得)

司法書士に相続手続きをご依頼になる際には、ぜひこの段階でご依頼ください。

理由は簡単で、意外と時間と手間がかかるからです。

戸籍収集は依頼者様にとっては、予想されている3倍は面倒な手続きの一つです。

役所に証明書発行のプロいるわけではないので、請求した戸籍と違うものが送られてきたり、不足しているということもよくあります。

司法書士であればスムーズに収集ができるので、依頼しても報酬は必要以上に高額になることはありません。

そのため、手続きで専門家を頼る場合は、この段階から依頼することを推奨します。

 

② 相続財産の調査

相続財産がはっきりしていないような場合に行う手続きです。

めぼしい金融機関に照会をし、また借金の有無も同時に調査します。

つまり、プラスとマイナスの財産全体を調査していきます。

 

③ 遺産分割協議書の作成

遺産の分け方について話し合った内容をひとつの書面に記載します。

法律に明るくなければ作成は大変だと思いますので、遺産分割協議書の作成については司法書士にお任せください。

単体で業務受任した場合には費用が高額になる場合が多いので、登記手続きと一緒にご依頼になることをおすすめします。

 

④ 相続関係説明図の作成

各所に相続関係を説明するための図を作成します。

相続による不動産の名義変更手続きをご依頼いただいた際には必ず作成しております。

 

⑤ 法定相続情報一覧図の作成

各機関に戸籍一式をその都度提出していくと、必要以上に時間がかかってしまいます。

そこで、法務局で法定相続情報一覧図を作成しておけば、すべての相続手続きを同時進行で行うことが可能になります。

 

⑥ 各種の名義変更

・ 不動産の相続による所有権移転登記、団信利用による抵当権の抹消登記などの登記申請

・ 預貯金、有価証券の移管、解約手続き

・ 証券保管振替機構(ほふり)での有価証券調査

・ クレジットカード、各種保険などの解約手続き

・ 上記財産目録の作成、とりまとめ、清算手続き

※年金手続、自動者登録を除く

 

 

3.相続に関する各家庭裁判所での手続き

 

① 相続放棄申述のサポート  

お亡くなりになった方が事業をされていたような場合で、多額の借金があることが事前にわかっているような場合には、

家庭裁判所で相続放棄手続きを行うことで、相続とは全く無関係の地位になることができます。

多額の借金を引き継ぐ必要がなくなるということですね。

相続放棄には相続開始を知って3ヶ月という期間制限がありますが、家庭裁判所での手続きは不慣れな方も多いとですから、

日ごろから裁判所への提出書類を作成している司法書士に書類収集の段階からお任せいただくとスムーズです。

 

② 特別代理人選任申し立て

相続人の中に、未成年者や認知症の方などがいる場合には、遺産分割協議を行うにあたって代理人をたてなければなりません。

その選任される代理人のことを特別代理人と言います。通常は、弁護士が就任します。

 

③ 不在者財産管理人の選任申し立て

相続人の中に行方不明者がいる場合には、遺産分割協議が進められませんので、家庭裁判所で不在者の財産の管理人を選任してもらわなければなりません。

この管理人のことを不在者財産管理人と言います。

 

 

 

まとめ

司法書士は弁護士とは違い、中立公正な立場で相続手続きに関与しますので、相続手続き全般をサポートする事が可能です。

手続に関与できないのは、相続人同士で仲が悪く、協力を得られないなど紛争性がある場合です。

このような状態にある場合は弁護士しか手続きに関与できないというルールになっております。

そのような手続きにも積極的に関与しようとする業者が見受けられますが、

犯罪ですから後で手続きが無効になる恐れがありますので、その点はご注意ください。

 

以上、相続手続きでお悩みの方の参考になれば幸いです。

 

 

 

メールで事前相談実施中

 

    メールアドレス(お間違いのないようご注意ください)

    ご要件(例 名義変更の件)

    スパム防止のためのクイズ

    ↑↑

    クリックで送信!

    ※メールが正しく送られている場合、自動送信メールが届きます。もし届かない場合にはアドレスが間違っているか、受信拒否設定なっていることがございます。その場合、別のメールアドレスでお試しください。※「@oasis-lawoffice.com」のドメイン拒否をあらかじめ解除していただきますようお願い申し上げます。

     

    関連ページ

    知識ページ一覧

    相続手続きのチェックリスト

    司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 ご家族が亡くなられたらやることをまとめた簡易版のチェックリストを作成しました。 印刷などしてご利用ください。 目次0.1 1.基本的な手続き0.2 ...

    続きを見る

    戸籍の基本を分かりやすく解説します

    司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 戸籍収集のしかたがよくわからない方や、戸籍とはそもそも何かよくわからない方もいらっしゃると思いますので、わかりやすい解説ページを作成しました。 目 ...

    続きを見る

     

    依頼はこちらから

    相続による所有権移転登記のご依頼

          戸籍収集、遺産分割協議書作成もすべておまかせいただけます   ◆戸籍を集めるのが大変すぎる!  ◆相続人がたくさんいるんだけど… ◆遺言についても相談したい    ◆遺 ...

    続きを見る

    遺産承継業務のご依頼

          預貯金、不動産の相続手続きをまるごと代行します   ◆戸籍を集めるのが大変すぎる!  ◆相続人がたくさんいるんだけど… ◆遺言についても相談したい    ◆遺産分割協議書ってなに ...

    続きを見る

     

    HOME

     

     

     

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    代表司法書士・行政書士 廣澤真太郎

    神奈川県横浜市瀬谷区でかけつけ無料相談を実施している司法書士兼行政書士です。 ご自宅等に無料で事前相談に伺いますので、お気軽にご利用ください。

    Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.