相続人が選択する3つの事?

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士の廣澤です。

相続人になってしまったが、必ず相続する必要があるのか、相続を回避する方法はないのかとお悩みの方もいるのではないでしょうか。



相続人の一人になることは珍しい事ではなく誰しもが人生で1度は相続人になることがあります。何もしなければ、被相続人(故人)の資産や借金など、故人にかかわる権利や義務を全て受け継ぐことになりますので、

 

民法では次の3つのアクションを早期に選択しなければならない事を知っておきましょう。 

 

 

 

相続人が選択する3つのアクション

      相続人がとれる3つのアクション
アクション
効果
1.単純承認
財産をプラスもマイナスも含めて全て承継する。
2.相続放棄
財産をプラスもマイナスも含めて全て承継しない。
3.限定承認
債務を支払って残った分を承継する。
 

単純承認について

文字通り承継することを承認することです。

 

この場合、資産も借金もすべてを承継することになります。

 

注意点

✅ 相続放棄をする前に、単純承認をしてしまうと相続放棄できなくなります

 

✅ 相続を知って3か月経過した場合には、単純承認したものとみなされてしまいます

 

✅ 第三者から見て相続人であることを認めたような行動をしてしまうと、単純承認したものとみなされてしまう可能性があります。

 

 

相続が開始して放っておくと単純承認したことになってしまうという事ですから、「相続の事は勝手に他の相続人で進めてほしい。俺は何もいらないから。」と言っても、そう簡単にはいきません。

また、例えば相続が発生してすぐ故人の債権者から借金返済の請求があったからといって、個人の預金口座から勝手にお金を引き出して、その支払いをしてしまったりすると単純承認したものとみなされる可能性は高いです。 

 

相続放棄をお考えの場合にはその行動に気を付けなければならないということですから、注意が必要ですね。

 

 

第921条【法定単純承認】
次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。
一 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第602条【短期賃貸借】に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。
二 相続人が第915条第1項の期間【3箇月】内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。
三 相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。
 

相続放棄について

被相続人の遺産も借金もすべて全く承継しないというものです。

 

故人の不動産も預金も株もすべて引き継ぎませんから、借金が多く資産がないとはっきりわかるときにこちらの手続を行います。



相続放棄手続は家庭裁判所に対する申立が必要な手続であり、戸籍収集後に申立をする手続を故人の相続を知って3か月以内に行う必要があるので、手続が不安な方は当事務所にご依頼下さい。

※3か月の期間は延長することができる場合もあります。

 

相続放棄サポートのご依頼はこちら

相続放棄のサポートのご依頼

  相続放棄手続きにご不安がある方   目次1 相続放棄について2 ここに注意!相続放棄の基本知識2.1 1⃣ 相続放棄できる期間が決まっています2.2 2 ...

続きを見る

 

限定承認について

遺産のほうが借金等を上回っている場合に、故人の遺産から債権者にたいしまず返済を行い、残った分を相続人で分け合うという制度です。

こう聞くととても合理的で便利な制度に思えますが、実務ではほぼ利用されていません。理由は手続きの煩雑さにあります。



この制度を利用する場合、相続手続きが1年以上かかる場合も少なくありません。

まずは相続を知った後3か月という期間を裁判所に延長の申立をしつつ遺産調査を行うことになるかと思います。

また、申立段階で相続人全員による申立が必要であり、一人でも反対する人がいると手続が行えません。



さらに、申立後は財産目録を相続人が自分で作成をしたり、相続人が債権者に対して「官報(約5万円程費用が発生)」により公告手続きを行い、故人の遺産を相続人が競売手続にかけるか任意で売却するなどしますが、

不動産が含まれる場合には鑑定(数十万円費用が発生)が必要になり、そこで現金化したものを自分たちで債権者に弁済します。

手続きに不備があり債権者に損害を与えた場合には、相続人が損害賠償責任を負う責任を背負って手続を行っていくことになります。



この制度を利用するメリットとはどういう場合かと言えば、絶対に失いたくない遺産があるような場合だと思います。

競売にかけることなく相続人が不動産を買い取ることができる(不動産を買い戻せる)という制度があるため、これを目的としてたまにこの制度が利用されているようです。

 

まとめ

以上、3つのアクションについて解説してきました。

実際には単純承認するのか放棄するのか。この2択から選択していくこととなるでしょう。

相続人となることがわかったら、自分はどうしたいのか、どうすべきなのかについてはしっかり考えていくことが必要です。

少しでも相続手続きの参考になれば幸いです。

 

関連ページ

相続相談は誰にすれば良い?税理士?弁護士?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 相続は誰に相談すれば良いかお悩みの方のために作成したページです。 士業選択をする際の参考になれば幸いです。 目次1 誰に依頼すればいいのか1.1 ...

続きを見る

遺産相続における弁護士、司法書士、行政書士、税理士の比較

  司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。  相続手続きを頼めるのは弁護士?司法書士? そんな風に悩まれている方もいるのではないでしょうか。そこで、各士業に頼める相続手続きにつ ...

続きを見る

相続手続きのチェックリスト

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 ご家族が亡くなられたらやることをまとめた簡易版のチェックリストを作成しました。 印刷などしてご利用ください。 目次0.1 1.基本的な手続き0.2 ...

続きを見る

戸籍の基本を分かりやすく解説します

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 戸籍収集のしかたがよくわからない方や、戸籍とはそもそも何かよくわからない方もいらっしゃると思いますので、わかりやすい解説ページを作成しました。 目 ...

続きを見る

相続放棄のサポートのご依頼

  相続放棄手続きにご不安がある方   目次1 相続放棄について2 ここに注意!相続放棄の基本知識2.1 1⃣ 相続放棄できる期間が決まっています2.2 2 ...

続きを見る

相続による所有権移転登記のご依頼

    驚きのスピードで相続登記をサポート   目次1 相続登記(名義変更)について2 ご依頼の流れ2.0.1 実際の事例紹介3 当事務所の特徴3.0.1 当事務所にご依 ...

続きを見る

遺産承継業務(預貯金等の手続き)のご依頼

      相続手続きをまるごと代行します   目次1 遺産承継業務について2 ご依頼の流れ3 当事務所の特徴3.0.1 当事務所にご依頼をいただくメリット3. ...

続きを見る

HOME

  • この記事を書いた人

司法書士 廣澤真太郎

ご来訪有り難うございます。主な対応地域は横浜市瀬谷区・旭区ですが、東京都・神奈川県内であればどの地域でも出張相談対応しております。事前にお電話、メールで事前に必ず見積りをご提案させていただだきますので、まずは一度お問合せください。

Copyright© オアシス司法書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.