身内の死亡後にやるべき事の全体像を解説します

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士の廣澤です。

 

親族の誰かがお亡くなりになった場合、様々な手続きを期間内に進める必要が出てきますが、期限ややることが多すぎて困っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで相続開始後にやることの全体像まとめましたので参考になさってください。

 

 

死後事務の全体像

死後すぐにする事

 

⑴ 死亡直後  

お医者さんから死亡診断書を受け取ったら、 葬儀会社を検討・決定します。 この間に、関係者等に死亡連絡等をすると良いでしょう。

 

ポイント

亡くなった方が所属していた会社等に死亡連絡すれば、死亡退職届や健康保険証の返却の案内も行ってくれるのが一般的なので、忘れずに連絡しましょう。

 

⑵ 7日以内     

①死亡届の提出

②死体火・埋葬許可申請

③住民票の世帯主変更届(14日以内) 

市町村役場において以上の手続をしていきます。 これら①~②の手続は葬儀会社が代わりにでやってくれる場合もあります。

 

⑶ 10日以内

厚生年金受給者死亡届を届出する。 故人が国民年金受給者だった場合には、14日以内に提出します。

 

⑷ 14日以内

健康保険証の返還・健康保健資格喪失届を提出 介護保険証の返還・介護保健資格喪失届を提出

 

こちらの資格喪失の届出についても亡くなった方が会社にお勤めだった場合には、会社等が手続について指示をくれると思います。

 

注意ポイント

亡くなった方が国民健康保険でかつ、世帯主であった場合には、家族全員の国民健康保険被保険者証も提出し、新たに国民健康保険に加入する手続が別途必要にありますので注意しましょう。

 

 

 

死亡後少ししてからする手続

 

⑴ 契約の変更・解約等

光熱費関連 携帯電話・固定電話 クレジットカード等 パスポート プロバイダー 給食サービス 賃貸不動産 介護サービス・老人ホーム等 有料購読誌等

 

契約書等を探して、ひとつひとつ連絡していきましょう。

⑵ 相続手続

【概略】

① 相続するか、しないのかの検討
② 相続人調査(戸籍を収集し、相続人を確定)

③ 相続財産や債務額の調査
④ 遺言書の調査
⑤ 相続財産の評価
⑥ 遺産分割協議
⑦ 相続手続き(名義変更や各サービスの解約など)
⑧ 相続税の申告・納税(必要な場合)

 

こちらのページでも解説

親の一方が死亡し、相続人が配偶者と子供である場合の相続手続の流れと注意点

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 この記事では、突然親の一方が亡くなってしまうケースの相続手続きの流れと、 相続における注意点を解説しています。   相続手続きを進めるう ...

続きを見る

 

⑶ 必要に応じてする公的機関への手続

 

期間制限のあるもの

準確定申告が必要な場合の申告    (4ヶ月以内)

相続税がある場合は相続税の申告(10ヶ月以内)

葬儀費用・埋葬料等の申請         (2年以内)

 

その他

補助金・給付金高額療養費の請求

遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金・児童不要手当等の手続

遺族厚生年金・遺族共済年金手続

復氏届・姻族関係終了届

労災保険の遺族補償給付請求

パスポート・運転免許証・印鑑登録証・マイナンバーカード等の返還

 

⑷ 必要に応じてするその他の事

遺品の整理 
各種返還請求の手続
生命保険金等の請求(3年以内)

 

以上期間制限や死亡後の手続についてのまとめです。

故人の人生で関わったものの手続をほぼすべて紐解いていかなければいけないので大変ですが、葬儀に関することは葬儀会社が、相続手続は司法書士が、相続トラブルは弁護士、相続税は税理士と様々専門家達が各々連携してみなさんの手続をフォローしておりますので、必要に応じて、専門家をうまく活用してみてください。  

 

死後手続きの期間制限

いつまで?※1 なにを? どこへ?
7日以内 死亡届 死体火・埋葬許可申請 市町村役場
10日以内 厚生年金受給者死亡届 年金事務所
14日以内 住民票の世帯主変更届 健康・介護保険喪失届 国民年金受給者死亡届 市町村役場 年金事務所
1ヶ月以内 雇用保険受給者証の返還 ハローワーク
3ヶ月以内 相続放棄をする場合の申述 家庭裁判所
4ヶ月以内 準確定申告が必要な場合の手続 税務署
10ヶ月以内 相続税がある場合の申告 税務署
2年以内 死亡時一時金請求 葬祭費・埋葬料の請求 市町村役場
2〜3年以内 生命保険等の受給申請 保険業者

※1お亡くなりになった事を知った日により期限の開始日が変わります。  

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。相続開始後はやることがたくさんありますが、

特に気を付けるべき期間は次の3つです。

・相続放棄の熟慮期間 相続開始を知ってから3ヶ月以内 (裁判所HP

・準確定申告期間   相続開始から4カ月以内

・相続税申告期間   相続開始から10か月以内 

期間を過ぎてしまった場合のペナルティについてはこちらのページで解説しています。

no image
期限を守らなかった場合のペナルティ【相続編】

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 相続手続きにはたくさんの期限があるのは知っている。それでも話し合いがすすまなかったり、どうしても間に合わせられなかったりすることもある。 しかし、 ...

続きを見る

 

相続手続きの簡易版チェックリストはこちらから

相続手続きのチェックリスト

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 ご家族が亡くなられたらやることをまとめた簡易版のチェックリストを作成しました。 印刷などしてご利用ください。 目次0.1 1.基本的な手続き0.2 ...

続きを見る

 

関連ページ

相続相談は誰にすれば良い?税理士?弁護士?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 相続は誰に相談すれば良いかお悩みの方のために作成したページです。 士業選択をする際の参考になれば幸いです。 目次1 誰に依頼すればいいのか1.1 ...

続きを見る

遺産相続における弁護士、司法書士、行政書士、税理士の比較

  司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。  相続手続きを頼めるのは弁護士?司法書士? そんな風に悩まれている方もいるのではないでしょうか。そこで、各士業に頼める相続手続きにつ ...

続きを見る

戸籍の基本を分かりやすく解説します

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 戸籍収集のしかたがよくわからない方や、戸籍とはそもそも何かよくわからない方もいらっしゃると思いますので、わかりやすい解説ページを作成しました。 目 ...

続きを見る

相続による所有権移転登記のご依頼

    驚きのスピードで相続登記をサポート   目次1 相続登記(名義変更)について2 ご依頼の流れ2.0.1 実際の事例紹介3 当事務所の特徴3.0.1 当事務所にご依 ...

続きを見る

遺産承継業務(預貯金等の手続き)のご依頼

      相続手続きをまるごと代行します   目次1 遺産承継業務について2 ご依頼の流れ3 当事務所の特徴3.0.1 当事務所にご依頼をいただくメリット3. ...

続きを見る

HOME

  • この記事を書いた人

司法書士 廣澤真太郎

ご来訪有り難うございます。主な対応地域は横浜市瀬谷区・旭区ですが、東京都・神奈川県内であればどの地域でも出張相談対応しております。事前にお電話、メールで事前に必ず見積りをご提案させていただだきますので、まずは一度お問合せください。

Copyright© オアシス司法書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.