公正証書遺言保管制度と自筆証書遺言保管制度の違いを表にまとめました

令和2年7月より、自筆証書遺言の遺言書保管制度が始まりました。従来より数多く利用されてきた公正証書遺言(司法書士白書2019)との違いを備忘録としてまとめておきます。遺言書を残しておく際や、残し方を検討する際にご活用ください。

自分で保管する場合
(従来の方法)
遺言書保管制度を利用する場合 公正証書遺言
保管先 自己保管 法務局 ※管轄あり 公証役場 ※管轄なし
作成時に関与する人 なし なし 証人2名の立会が必要
(ご依頼の場合、当職ともう1名の方が証人として立会します。)
費用 なし 有料(比較的安価 1件3900円)
印紙で支払う
有料(場合により高額になる 5000円~)
現金で支払う
出頭 なし 必ず本人が出頭 任意
※自宅等で行う場合は公証人の立会日当が発生
遺言検索システムの利用 なし あり (有料) あり (無料)
検認手続
※家庭裁判所へ出頭が必要
あり なし なし
紛失・偽造、変造・相続手続後に発見されるなどの危険性 あり なし なし
遺言が無効である可能性 あり 公正証書遺言に比べて多 ほとんどなし
相続手続 スムーズにいかない
検認手続も必要になるため時間がかかる
スムーズにいかない場合あり スムーズ
保管申請書の作成代理 司法書士・弁護士のみ
※上記以外の方が代理作成すると違法行為となります
遺言書の撤回・変更 何度でもできる 何度でもできる 何度でもできる
氏名・住所等の変更 都度届出が必要(政令3条) 届出不要

 

  • この記事を書いた人

司法書士 廣澤真太郎

ご来訪有り難うございます。主な対応地域は横浜市瀬谷区・旭区ですが、東京都・神奈川県内であればどの地域でも出張相談対応しております。事前にお電話、メールで事前に必ず見積りをご提案させていただだきますので、まずは一度お問合せください。

Copyright© オアシス司法書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.