公正証書遺言作成の流れ

司法書士 廣澤真太郎
こんにちは。司法書士の廣澤です。

公正証書遺言を作成する場合の流れについて簡単に記載しておきます。

公正証書遺言作成の流れ

step
1
打ち合わせ。

遺言の内容の打ち合わせを行います。財産については何を残し、想いについては何を記載したいのかを具体的に決定します。

step
2
遺言書の原案(下書き)を作成し、公証人に事前に提出します。

当事務所にご依頼いただいた場合は、当方で原案を作成し代わりに提出します。

step
3
遺言の内容について公証人と数回やりとりをします。

こちらも当事務所にご依頼いただいた場合は、司法書士が公証人とやり取りをします。
遺言の記載は専門的な知識を必要としますので、手続きはまとめてお任せいただくとスムーズです。

step
4
公正証書遺言作成の日程調整、証人の手配を行います。

公正役場はどこでも構いませんが、遺言作成した公証役場に遺言が原本保管されますので、居住地近くの公証役場で作成するのが良いでしょう。
証人の手配が難しい場合、当事務所で手配します。

step
5
公正役場にて遺言を作成します。(費用負担すれば出張もしてくれます。)

作成日当日に、証人2名(遺言の内容と無関係の者2名)と遺言者、公証人の計4名立ち合いのもと次のように手続きが進みます。

① 公証人が遺言書を遺言者、証人2名に読み聞かせ、又は閲覧させます。
② 遺言者、証人2名が筆記の正確なことを承認し、署名押印します。遺言者が署名できないときも公証人に伝えれば対応してくれます。

出張対応の場合公証人へ支払う手数料が1.5倍となり、そこに証人や公証人への日当1~2万円が発生します。

公証人への手数料はその場で現金でお支払いいただきます。

必要物

公正証書遺言作成に必要なもの
遺言者の印鑑証明書
遺言者の実印
遺言で財産をあげる相手の戸籍謄本・住民票
証人の免許証
証人の認印
財産の内容がわかる書類一式(例:不動産の場合登記事項証明書及び固定資産税評価証明書又は固定資産税納税通知書)

 

関連ページ

公正証書遺言とは?

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 遺言を残すことをお考えであれば、公正証書遺言による事を強く推奨します。 自筆証書遺言ですと後々トラブルの火種になることもありますし、遺言が後から見 ...

続きを見る

モメない遺言の書き方とモメる遺言の例示

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 うちの家族には遺産がないから関係ないとお思いでしょうか。相続人の話し合いがまとまらず、遺産分割事件(裁判所を交えての話し合い)となった割合は、遺産 ...

続きを見る

これだけは知っておきたい。遺言書に記載すると法的な効果のある事項

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士の廣澤です。 そもそも遺言には何を記載するのかわからない方向けの記事です。 遺言に何を記載すべきなのかの判断のために、参考にしてください。 目次1 遺言に記載す ...

続きを見る

住宅ローンを払えない場合はどうなるのか?【住宅ローン破綻】

司法書士 廣澤真太郎こんにちは。司法書士・行政書士の廣澤です。 住宅ローンを支払えない状態になることは、誰にでもあり得ることです。   たとえば、病気になり働けなくなったり、景気が悪くなって ...

続きを見る

遺言書作成サポートのご依頼

        遺言作成には法的なチェックが必須です   ◆遺言作成を急ぎたい  ◆自分で作って無効になるのを防ぎたい ◆内容の法的なチェックをしてほしい ◆相続トラブルを防ぎたい  ◆意向 ...

続きを見る

HOME

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表司法書士・行政書士 廣澤真太郎

神奈川県横浜市瀬谷区でかけつけ無料相談を実施している司法書士兼行政書士です。 ご自宅等に無料で事前相談に伺いますので、お気軽にご利用ください。

Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.