今更聞けないZOOMの使い方【わかりやすく解説】

 

この記事ではZOOMの概要をとにかく簡単にまとめました

ZOOMとは

いつでも、どこでも、どんな端末からでもネット上で会議ができるツールです。

テレビ電話は1対1だと思いますが、複数人を同時接続できるのに加え、動画や音声が乱れることなくストレスなく利用できます。

 

使用例

講義が行われる場合には、設定次第でこちら側の動画もマイクもオフとすればロム専可能です。

また、その場合にも手を挙げる、拍手するなど一定のアクションをすることができ、講義の臨場感を高めることができます。

 

その他にもお客様との面談をするために利用されることもあります。コロナウイルスの影響で直接の面談を控えるお客様も多いので、ビジネスシーンでの利用が増え続けています。

テレビ電話のように利用でき、通信料以外に費用が掛からないのでコスト面でのメリットも多いです。

 

準備

動画とマイク音声を利用する場合にはにカメラやマイクが必要です。最近のノートPCなら最初からついているでしょう。
マイクがなくても例えばiPhone純正品のマイク付きイヤホンなどを利用すればそれだけで準備OKです。

お手持ちのiPhoneを使用される場合はアプリをインストールしましょう。
インターネット環境は言わずもがなです。

 

特徴

とにかくWEBに慣れてなくても簡単に参加、招待ができることです。ZOOMをダウンロードしてない方も気軽に招待でき、会議を主催する人物のみがZOOMに会員登録していれば、インターネット上で参加することができます。

 

使用開始方法

 

登録

招待された人は基本的に会議開催時間にURLをクリックするだけなので、ホスト側(招待する側)の使用方法を解説します。

ZOOM まずこちらのURLをクリックします。

次に右上に表示される「サインアップは無料です」をクリックします。

 

 

登録についてはあとは手順に従ってすすめるだけです。

ホスト(招待する側)は無料ライセンス利用でも充分機能を活用できます。しかし、ビジネス利用したい場合にはいくつか制限があるので、以下のメリットを利用したい方は有料アカウントを検討してみてもよいでしょう。

※ホスト(招待する側)が有料ライセンス登録していれば、招待される側は無料ライセンスで以下のメリットを享受できます。

 

✅3人以上のミーティング時間制限が24時間まで利用可能に

✅ミーティングを録画可能

✅ホスト数人で権限を持てるようになる

✅他アプリと連携が可能に

個人事業主様向けのPro・中小企業様や小規模導入におすすめの機能を備えたBusinessライセンス・高機能なEnterpriseライセンスもあります。利用者数に応じたライセンス契約をすると良いでしょう

 

 

会議を主催

一人からでも試すことが可能ですので、練習してみましょう。

ZOOM先ほどと同じようにこちらのURLをクリックします。

 

 

 

スケジュール画面で必要な事項を入力していきます。

 

 

保存ボタンを押すと、内容の確認と「招待状のコピー」というボタンが表示されますので、そちらをコピーして招待する方にメールするだけで、ミーティングに簡単に招待を送ることができます。

次にこのミーティングを開始ボタンをクリックすれば、会議を開始することができます。

 

費用

1対1での利用なら時間無制限で無料です。

3名以上の参加の場合は40分まで無料で、40分経過すると接続が中断します。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。非常に簡単でスムーズにZOOM会議ライフ(?)をスタートすることが可能です。

この機会にZOOMを利用してみてはいかがでしょうか。

 

HOME

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

代表司法書士・行政書士 廣澤真太郎

神奈川県横浜市瀬谷区でかけつけ無料相談を実施している司法書士兼行政書士です。 ご自宅等に無料で事前相談に伺いますので、お気軽にご利用ください。

Copyright© オアシス司法書士・行政書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.