不動産の贈与の登記

不動産の贈与について

✅不動産の贈与を専門家よりアドバイスされた方
✅生前に財産の行方を見ておきたい方

不動産を贈与する場合には、不動産の所有権移転登記をする必要があります。贈与契約書を作成されてないのであれば当事務所で代わりに作成させていただくことも可能です。
まずはお気軽にご相談ください。

お手続きの内容

・登記必要書類収集、作成
・贈与契約書等の作成
・オンライン登記申請

手続きの流れ

step
1
お問い合わせ

ご相談内容を簡単にうかがいます。

step
2
無料で概算見積の提示

「WEBを見た」とお伝えください。WEB経由のお客様には特別価格でご提案致します。

step
ご依頼

見積額に納得いただいたうえで、ご依頼いただきます。

step
4
書類収集・作成

不動産の贈与に必要な書類をお預かり、作成致します。

※税務署や税理士に事前に税金の事についてご相談していただく場合もございます。

step
5
登記申請

登記申請から2週間ほどで登記が完了します。

step
6
登記完了

その後当事務所から完了書類一式をご自宅に郵送いたします。

必要物

必要物
あげる方 登記識別情報通知または登記済証
印鑑証明書
実印
本人確認資料
登記名義に住所氏名変更がある場合、それを称する住民票の写しや戸籍謄本
評価証明書
もらう方 住民票の写し
認印
本人確認資料

※上記はあくまで参考です。

 

費用

4万円~+実費

不動産登記の費用

概算見積はご依頼前にお出ししておりますので、まずは一度ご相談ください。 案件ごとの登記申請の一例です。実際にご依頼いただく際に税額含む明確な見積もりを提示致します。 まずは目次をご覧ください。 目次1 ...

続きを見る

 

贈与に関わる税金

司法書士が節税や税金対策のアドバイスを行うことはできませんので、贈与方法についてお悩みの場合などには、あらかじめ税務署などにご相談ください。

 

登録免許税
登録免許税とは【わかりやすく解説】

目次1 登録免許税とは2 いつ払う?3 税額3.1 税率3.1.1 1.不動産の登記(主なもの)3.1.2 2 会社の商業登記3.1.3 3 個人の商業登記 登録免許税とは 不動産を譲り受けたり譲渡し ...

続きを見る

移転する不動産の評価額の合計額に20/1000の税率を掛けて計算します。司法書士が預り金から法務局に対して代わりに納付します。

 

印紙税
印紙税についてわかりやすく解説しました

目次1 印紙税とは?2 納税方法3 貼り忘れたら?4 税額はどれくらい?5 要するにどういう事…? 印紙税とは? 印紙税は、日常の経済取引に伴って作成する契約書や金銭の受取書(領収書)など特定の文書に ...

続きを見る

契約書に不動産の金額記載がある場合には、その金額に応じて印紙を貼付する必要があります。ない場合には200円の印紙を貼付します。

 

贈与税
贈与税についてわかりやすく解説します【簡単】

    目次1 贈与税とは1.0.1 1.暦年課税1.0.2 2.相続時精算課税 2 贈与税(暦年課税)の計算式2.1 課税価格について2.2 基礎控除110万円について3 税率の ...

続きを見る

贈与税は高額で何も考えずに贈与の移転登記をしてしまうと取り返しのつかない事になってしまう場合があります。もらった方にかかる税金ですが、
もらった方が支払わなかった場合などにあげた方に課税されることもあるようです。
贈与方法や贈与税対策をお考えの場合にはお近くの税務署にご相談ください。税理士費用が発生しますが、ご希望であれば当事務所で相談先の税理士を手配することもできます。

 

不動産取得税
不動産取得税とは?【わかりやすく解説】

  目次1 不動産取得税とは?1.1 いつ払う?2 税額の計算方法2.1 税率 2.2 軽減税率 2.2.1  1.建物の軽減2.2.1.1 ⑴ 新築住宅の場合  2.2.1.2 ⑵ 中古住 ...

続きを見る

不動産取得税も贈与税にくらべて少ないとはいえ高額な税金が発生します。その名のとおり不動産を取得した方にかかる税金です。
こちらについても贈与方法をお考えの場合にはお近くの税務署にご相談ください。税理士費用が発生しますが、ご希望であれば当事務所で相談先の税理士を手配することもできます。

 

みなし譲渡所得税・法人税

個人が法人に現金を除く動産や不動産などの財産を贈与した場合、個人にはみなし譲渡所得税が、法人には法人税が課税されます。詳しくはお近くの税務署にご相談ください。

国税庁:財産をもらった時の税金

 

さらに課税がある場合についてなど、もっと詳しく知りたい方はお近くの税務署にご相談ください。

よくある質問

 

HOME

 

  • この記事を書いた人

司法書士 廣澤真太郎

ご来訪有り難うございます。主な対応地域は横浜市瀬谷区・旭区ですが、東京都・神奈川県内であればどの地域でも出張相談対応しております。事前にお電話、メールで事前に必ず見積りをご提案させていただだきますので、まずは一度お問合せください。

Copyright© オアシス司法書士事務所 , 2021 All Rights Reserved.